現代アートを活用し、サービスを提供することで、人々の行動を変革していくことを目指す。【THE ART代表・岩崎にインタビュー】
+2

現代アートを活用し、サービスを提供することで、人々の行動を変革していくことを目指す。【THE ART代表・岩崎にインタビュー】

こんにちは、株式会社THE ARTです。 前回から2回にわたり、弊社代表の岩崎についてご紹介していきます。金融機関に勤めていた岩崎がなぜ現代アートを扱う仕事を始めたのか、どんな思いで起業し、何を目指しているか、インタビューの様子をお届けします。 業界では異例となるアートブランチを成功させる ―前回は、日本はアートを取り巻く環境が他国に比べて遅れていることに気づき、ご自身がいらっしゃった会社で、ビジネスの中にアートを取り入れようとするところまで伺いました。 幸い、私が所

スキ
3
日本のアート界はまだまだ大きく成長できる!【THE ART代表・岩崎にインタビュー】
+3

日本のアート界はまだまだ大きく成長できる!【THE ART代表・岩崎にインタビュー】

こんにちは、株式会社THE ARTです。 今回から2回にわたり、弊社代表の岩崎についてご紹介していきます。金融機関に勤めていた岩崎がなぜ現代アートを扱う仕事を始めたのか、どんな思いで起業し、何を目指しているか、インタビューの様子をお届けします。 幼心に感じた日本と世界のギャップ ―岩崎さんが初めてアートに興味を持ったのはいつごろですか? もともと、アート好きな両親のもとで育ったので、幼いころから生活の中でアートに触れる機会がありました。家族で海外に行けば現地のギャラリ

スキ
11
「グローバル舞台のコミュニケーション、英語で行うか?大谷翔平選手の場合は?」:『AdverTimes(アドタイ)』連載 vol.19

「グローバル舞台のコミュニケーション、英語で行うか?大谷翔平選手の場合は?」:『AdverTimes(アドタイ)』連載 vol.19

AdverTime(アドタイ)の連載19回目 は、長年書こうと思っていた、日本人の英語スピーチやインタビュー対応に対する私の見解。 きっかけは、前回(アドタイ連載18回目)に書いた、大谷翔平選手の活躍とそのプレゼンスのあり方をまとめるにあたり、一部コメンテーターや解説者による大谷選手の英語についてのネガティブ発言と直後の謝罪という現実を目の当たりにし、いいタイミングかなと思った為。 実は長年このことについて書こうと思っていたのだが、それを書くに当たってきっかけにできる適切

スキ
3
WebSiteは幾つか立ち上げてきましたが、欲張らないで目的を持つのがよいのかなと感じています。今回は海外のクライアントとの足場なので英語だけにしましたが、そのプロセスをここでつぶやいていくのも楽しいです。ここも英語にした方が良いかどうかはハードルが上がるので思案中・・(^_^;

WebSiteは幾つか立ち上げてきましたが、欲張らないで目的を持つのがよいのかなと感じています。今回は海外のクライアントとの足場なので英語だけにしましたが、そのプロセスをここでつぶやいていくのも楽しいです。ここも英語にした方が良いかどうかはハードルが上がるので思案中・・(^_^;

スキ
2
広報・PRのイマと未来を考える~広報流MAX~ vol.6 ゲスト: 石川純子 氏 【ブランドトップが語るグローバルコミュニケーションとは】
再生

広報・PRのイマと未来を考える~広報流MAX~ vol.6 ゲスト: 石川純子 氏 【ブランドトップが語るグローバルコミュニケーションとは】

【ラジオ×SNS番組「広報流」】 ラジオ×SNS番組「広報流」はPR・広報のプロフェッショナルをゲストにお招きしてPRテクニックをシェアしてもらおう!という番組です。 第6回のゲストは、外資系大手IT企業のコーポレートコミュニケーションにおいて経験を積んだ後、社内外のブランドコミュニケーションを担う組織のリーダーとして、Nittoのグローバルにおけるブランド価値向上に向けて多様なコミュニケーション活動を推進している日東電工株式会社(Nitto)未来戦略本部 ブランドコミュニケーション部 部長 石川純子 さんの登場です! 「広報流」Facebookページ https://www.facebook.com/kouhouryuu 「広報流」 番組WEB https://note.com/kouhouryu #ラジオ #SNS #広報流 #PR #広報 #カーツメディアワークス #働き方 #グローバルコミュニケーション

スキ
11
海外とのオンライン会議 (2) 沈黙の意味

海外とのオンライン会議 (2) 沈黙の意味

前回の投稿に続き、海外とのオンライン会議に ついて考えます。 今回は「沈黙」についてですが、この投稿でも 日本とヨルダンとの間におけるオンライン会議 の実態を振り返りつつ、文化の異なる相手との コミュニケーションがお互いどのような影響を 及ぼすかを考察します。 「沈黙」といっても様々なタイプの「沈黙」が あります。ここでは3つ挙げていますが、それ らの整理も一緒に考えていきます。 日本人にとっての「沈黙」の意味1)出席しているだけで何も発言しない「沈黙」 日本人とのオ

スキ
4
海外とのオンライン会議 (1) 会話のテンポの意味するところ

海外とのオンライン会議 (1) 会話のテンポの意味するところ

オンライン会議・・私はいまだに苦手意識が消え ません。 なんでなんでしょう、話したいことは話せているのに、何かが欠けているような。 また、 オンライン会議が終わった後になって、 「あっ、そういえば!」 と思いついたことがあっても既に会議は 終わってしまっています。 結局効率がいいのか、悪いのか、よくわからないのが私のオンライン会議に対する印象です。 さて、 私のいるヨルダンのプロジェクトも、オンライン で日本とつないで進捗を報告したり、課題を協議 することがすっか

スキ
3
1年2ヶ月ぶりのHug(ハグ)

1年2ヶ月ぶりのHug(ハグ)

4月27日(火)、CDC 米疾病対策センターは、新型コロナウイルスワクチンの接種に関する新たな指針を公表。必要な回数の接種を終えた人は、屋外でのマスク着用は原則不要とした。 この発表があった翌日、NYでは晴天な上に夏のような気温。 ワクチン接種が着実に進み、人との触れ合いを恋しく思っていたニューヨーカーたちの心の中にも夏がきたかのようなシーンに偶然遭遇した。 最低週1回は行っているUpper East SideはMadison Avenueの定点観測で見かけたのがこの光

スキ
8
グローバルマインドセットセミナーをやりました

グローバルマインドセットセミナーをやりました

今、メンターとして、メンタリングプログラムに参加しているのですが、そこで、メンバー限定のセミナーをさせていただく機会がありました。 皆さん海外に留学したり、就職したい、目的意識を持った皆さんが多くて私も素敵な時間を過ごさせていただきました。 メンバーの皆さんに有益になるように目指したZOOMセミナーでしたが、私にとってもいろんな意味で学びの多いセッションとなりました。 一番の自分にとってのドキドキは、初めての日本語マテリアルでのプレゼン(今までずっと英語でプレゼンしてた

スキ
2
”美意識”のお話

”美意識”のお話

外見でなく、わたしが暮らしていく上で選択の基準にしている”美意識”のお話。 ヘッダーの【イルカ】の写真。これがわたしの”美意識”を形成する上で、きっかけになった存在。最初の最初は【イルカ】から始まりました。 ”美意識”=【イルカ】・・・?!(笑) 分かりにくいですよね? 学生の多感な時期、色々な悩みを抱える中で、わたしは【イルカ】を通じて大自然を感じ、全ての答えは地球の営みの中にあると考えるようになりました。 地球の大きな営みの流れに沿って、わたしが大事だと思うことを