クラウド会計

【FY21Q1決算】「スモールビジネスを世界の主役に」クラウド会計freee。有料企業数は鈍化しているが、YoY49%増と継続的な売上伸長を実現。売上伸長の背景を見ていきます。

爆発的に伸びているSaaS市場の中で、上場企業の決算を見ながら、ビジネスの勉強と個人的な見解を約3000字程度で記載していきます。皆様のSaaS企業の情報収集の1つとなれば幸いです。
※株価の推移や状況は入っていません。SaaS企業の情報収集の1つとしてご活用ください。
※本記事の掲載資料は全て記載企業のIR資料より抜粋をしております。

前回に引き続きクラウド会計freeeの決算を見ていきます。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
2

【変化】

パラダイムシフト

本日、孫正義さんのお話を聞く機会がありました。

不可逆的

馬車から自動車

ガソリンから電気

人間運転から自動運転

もう戻る事は無い

コロナの影響で「リモート」というワードが飛び交いました

家でも仕事が出来る

この変化に対応できない人や会社は取り残されてしまう

同じサービスでもコストが異なる

人が運んで500円

機械が運んで50円

どっちを選びますか

もっとみる

税理士法人わかば

トータルコンサルティング×税理士法人。港区で税理士をお探しの方は【税理士法人わかば】へ。

東京都港区南青山に居を構える『税理士法人わかば』は、二人三脚で一緒に目標設定・達成させていく会計事務所です。

従来のコンサルティングは、確かにアドバイスには特化していますが、その後のチェックが充分でない場合がほとんどです。

『税理士法人わかば』が推奨するのは
「経営者=目標+実行+ペナルティ」
「わかば

もっとみる

会計が楽になるクラウド会計3選|副業が個人事業主になるタイミング

副業の努力が報われて、納税する程の収益を上げることができた場合、確定申告は必須です。

サボって何年か分も申告していなかったら、無申告加算税や延滞税と行った罰則も課されます。

せっかく頑張って上げた収益を少しでも手元に残すために、しっかりと申告しなくてはいけません。

その方法は、自分で勉強する。税理士にお願いする。ソフトをインストールする。クラウド会計を利用する。

どんな方法でもいいと思いま

もっとみる
ありがとうございます(^^) 今日の運勢はきっと大吉です👍
55

会計の自動化について思うこと

テクノロジーによって、単純作業のようなものはどんどん自動化されていくという世の中の流れになっています。
会計実務に関しても例外ではなく、某クラウドサービスを筆頭に自動化を掲げるサービスが増えています。
具体的には例えばこんな機能です。

・OCRによる文書の読み込みで入力の省力化
・銀行明細の連携取り込みと、仕訳ルール化による自動化
・直感的な入力で複式簿記の記帳を自動化
・自動仕訳チェック
et

もっとみる
スキありがとうございます!!
2

会計freee - 銀行口座とWeb通帳 -

はじめに

この日記は、ITエンジニアが freee で経理を覚えていく備忘録です。

これは経理備忘録なので間違いがありましたら、ご指摘ください。

今回の記事は「銀行口座とWeb通帳」です。特に Web通帳に関しては敬遠しがちかと思いますが、とりあえずやってみた!ということで記事しました。

個人事業主専用の口座を用意

まず基本中の基本ですが、どのサイトでも誰に聞いても言われることですが、

もっとみる

会計freee -交通費編 その1-

はじめに

この日記は、ITエンジニアが freee で経理を覚えていく備忘録です。

これは経理備忘録なので間違いがありましたら、ご指摘ください。

今回の記事は「交通費編 その1」で、都度精算の交通費(経費)処理です。

プライベートSuica と事業用Suica

自分はフリーになって交通費は定期券でなく、Suica にオートチャージして決済する運用にしています。理由は定期代の方が高くなると

もっとみる

074 | 個人事業主が会計事務所に依頼する3つのメリット

福岡で商業デザインを本業としながら、Webマガジン『ミッケ!フクオカ』の編集長でもあるおしけんです。note投稿74回目。今回は『個人事業主が会計事務所に依頼する3つのメリット』です。

まず最初に断っておくと、それぞれの業務内容や税・会計に関する知識などによってそれぞれ異なるってことはご了承を。自分の場合は、独立する際に『知識なし』『数字にも弱い』状況だった。それは今も変わらず(笑)

本業の時

もっとみる
ありがとうございます!感謝!
8

発送したら費用を計上するのか~経理現場あるある#4~

こんにちは。公認会計士の大塚です。
今回も経理現場であった費用計上のタイミングのお話をしたいと思います。

いつ義務が発生するのか?

決算を控えた3月中旬のある時、こんな相談がありました。
(3月決算の会社が前提です)

営業部の経理担当者A(以下、営担A)
「こんにちは、大塚さん。少しご相談があるのですが。」

大塚「こんにちは、Aさん。今日はどうしたんですか?」

営担A「またまた費用計上

もっとみる
共感してくれてうれしいです😃ありがとうございます!
7

一括計上と費用按分〜経理現場あるある#3〜

こんにちは。公認会計士の大塚です。
今日も会計監査や経理現場であった事例をお話ししたいと思います。

一括計上じゃだめなんですか?

以前経理の現場でこんなやりとりがありました。
(月次決算をしている3月決算会社が前提です)

とあるシステム部の経理担当者(以下、シス担)
「大塚さん、ちょっと相談したいんですが今お時間いいですか?」

大塚「お疲れ様です!どうしました?」

シス坦「先日システム部

もっとみる
共感してくれてうれしいです😃ありがとうございます!
7