p.10   小型帆船 Ami号 での訓練航海! in 沼津(前編)

こんにちは!今日も見にきて下さって、ありがとうございます!!ロゴデザイナーの まつうら みえこ です。

2017年9月24日、まつうらは沼津港に初めて降り立ちました(上の写真)。新幹線で三島まで来て、その後在来線とバスを乗り継いで。

沼津港の市場の前に、可愛らしい小さな帆船が停泊していました。『Ami号』です。スピリットオブセイラーズのメンバーの方々、『Ami号』の船長とAmiヨットクラブの方

もっとみる
わあ、嬉しいです❤️❤️
6

世田谷区弦巻の「Indian Canteen Ami」のインドカレーのテイクアウト!

前から行ってみたかったAmiさん。テイクアウトをはじめたそうなので早速行ってきました!12:00-の開店5分前に並びました。前から2番目。よかったー。普段でも人気のお店なので、ドキドキして伺いました。

昨日のメニューはこんな感じでした。

カレーのルー2人分と、おかず3種盛り、パクチー、ジャスミンライスを持ち帰りました。

優しいお味の菜の花キーマに、ジャスミンライスを炊いて、ごぼうとウド、かぼ

もっとみる

『心電図への興味が深まりました。誰かに伝えたいです。というか、伝えます』とメッセージをいただいた12誘導心電図セミナーの決定版がここに!言わずと知れた谷口総志氏の心電図セミナーがnoteで動画教材になりました。スマホでご受講いただけます🔴書籍価格より5000円割引

このページでは書籍と全く同じ内容(セミナー動画、問題集、スライド資料、特典)を書籍価格(19800円)より5000円割引で提供いたします。このページ限定です。最後までお読みください。

19800円の書籍がなんと! → note価格14800円(5000円OFF)

どんなセミナー?ダイジェスト動画でまるっと理解3分


臨床で問題がないレベルで12誘導心電図が読めるようになる

もうこの1点に

もっとみる
ラッキーだと思えばずっとラッキー❤️ラッキー!!谷口総志より
6

おやすみヨガでグラウンディングする

こんにちは【ごきげん活動家】まなです。

ここのところ「こんなときだからこそ」という言葉が合言葉のように、あちこちから聞こえますね。

いつもなら会えるのに、外出自粛でお家にこもりきり。

でも「こんなときだからこそ」対面の講座をzoomに切り替えてオンラインで開催する方がたくさんいらっしゃって、それはそれで、今まで受けられなかった講座を受けるチャンスでもあります。

私のお友達のヨガ講師のAmi

もっとみる
嬉しいです♡
5

12誘導心電図はこれだけで読める

■12誘導心電図はこれだけで読める

Twitterにも投稿したのですが、これだけで12誘導心電図が読めるようになるんですよね〜実際。なんであんなに難しく教えるんですかね・・・???そりゃ、心電図難しく感じるよね。心電図を好きにならないと読めるようにならないのに・・不思議です。

https://twitter.com/ecgmasterhotori/status/1199928845404491

もっとみる
いいことあるよ〜きっと❤️ありがとう!!谷口総志より
4

急性心筋梗塞(AMI)で一番重症な梗塞場所は?こんな解説聞いたことない!谷口総志

【心電図セミナーホームスタディー】
詳細案内はこちら ▶ https://taniguchi-soshi.com/movie-seminner/

心電図が読めなくて
悔しい思いをしたことはないですか?
恥ずかしい思いをしたことはないですか?
情けなくなったことはないですか?

後輩に聞かれたとき、ちゃんと説明できますか?
患者さんに聞かれたとき、なんと答えますか?

もしこのようなことを経験し
もっとみる

いいことがありますように❤️絶対ある!!谷口総志より

「パンツ」からもがき続けた1年。透明に込めた、スキを伝える優しい仕掛け

「パンツからブレイクして1年、このままじゃダメになりそうで怖かった」と語ってくれたONE NOVAの高山さん。

クラウドファンディングの後、なかなか伸びない販売数、もっと多くの人に届けられない焦り、「透明」が飽きられるんじゃいかという怖さ。数々の感情があったそう。

そんなONE NOVAが、1年間もがき続けて見つけた「透明」に懸ける理由を聞いてきた。

そこには、小さいけれど、思わずジンとあっ

もっとみる
嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
23

「衝動買い」がアートを変える。シームレスな世界をつくる異色のギャラリーの野望

アートメディア「The Art Newspaper」が発表する、世界のアート展覧会でベスト5に日本の展覧会が3つランクインするなど、日本はアート好きの国だ。

しかしアート領域のマーケットサイズで見ると、米国は2.84兆円、中国は1.42兆円に対して日本は2437億円と大きな差が出ている。なぜこれだけの差が生じているのか?

一般の人がアート作品を買わない理由の1位は、「特に理由がない」という結果

もっとみる
嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
24

「炎上=バズ」は日本だけ。ニートからAppleを経てみつけた本当の「動画力」

将来なりたい職業ランキングTOP3にYouTuberが入るなど、日本でも動画の存在感は増している。しかし、それと同時に海外と比べて「バカッターの出現」や「過激な炎上企画の増加」など、動画に対するリテラシーの問題も増えている。

では、日本と海外ではなにが違うのか?

ニートからヨーロッパ一周を経て、Appleに入社後、1年で辞めて起業。「普通じゃない」生き方をしてきたヨビさんだからこそ見つけた、面

もっとみる
ありがとうグォ!シェアして一緒に盛り上げて欲しいグォ!
24

突き動かすのは音楽への「偏愛」。音楽を民主化したプレイリストが創る世界

音楽ストリーミングサービスの代表格「Spotify」をはじめ、Apple、Amazon、ディズニーなどの大企業も続々と同領域に参入をしている。定額制ストリーミングサービスの普及により、音楽の聴き方は大きく変わった。その最たる例がプレイリストの台頭だ。

プレイリストは、ジャンルやアーティストに関係なく、「複数の曲をシーンや感情に紐づいた文脈をつけてまとめた」ものだ。それによって音楽の聴き方も、曲や

もっとみる
ありがとうグォ!シェアして一緒に盛り上げて欲しいグォ!
29