Oisixradaichi

女性活躍だけでない、マイノリティもマジョリティも、個々人が持つ能力や想いに正しく機会が付与され、正しく評価される本来の意味でのダイバーシティ

企業人事に関わっていると、ニュースや各種イベントなどで耳に入ってきやすくなる単語の一つが、「女性活躍」という方も多いのではないでしょうか。かくいう私自身、SNSや各種メディアを通じて受け取るニュースとして、入ってきやすいものの一つです。※最近は「ジョブ型雇用」というキーワードも良く聞きますが、それはまた別の機会に触れたいなと思います

女性活躍の現在地

最近では、新たに誕生した菅義偉内閣の新政権

もっとみる
ありがとうございます。これからも丁寧に書き続けます。
42

企業は「働く」を通じ、個人の「暮らす」「生きる」をどう支援していけるのか。境界線を越え、緩やかに曖昧な時代へ。

新型コロナウイルスの影響による、大都市中心のリモートを中心とした働き方がニューノーマルになってから、早くも半年が過ぎようとしている。私の周りでも週の半分以上がリモートになったのを機に、都心から少し離れた神奈川・千葉・埼玉の自然が豊かだったり、暮らしに焦点をおいて、従来よりオフィスと離れた場所に居を構える知人が増えたように思っていたが、

それを裏付けるかのように地方移住に対する関心も高まっているよ

もっとみる
嬉しいです。ぜひ感想もシェアしてくださいね。
29

クリエイター*求人情報*Oisix ra daichi

日々の家庭の食卓をサポート&サービスを提供する「オイシックス・ラ・大地株式会社」様がクリエイター募集しています!

いずれも経験者の求人です。
お客様の視線で、【食材を買い、料理し、食卓に並ぶイメージを伝える】
素敵なお仕事です。

求人ポジション

●WEBサイト、アプリのUI/UXデザイン 
●海外事業部Webデザイナー 
●フォトグラファー

求人について

障害者クリエイターズバンク登録者

もっとみる
また遊びに来てください♪
5

あきらめ、手放し、1番ピンに集中する。

と言っても、願いが叶わずに諦めるということではない。語源でもある「つまびらかにする」「明らかにする」という意味で、願いを叶える為にあきらめる。手放すのもやらないというわけではない、やる為にやりきる為に手放すのだ。

2020年に創業100年を迎えたマツダは、世界シェアが2%でも自動車のエンジン技術で世界トップを疾走している。下記記事では、人や資金が少なくても勝てるマツダ流の戦い方、「弱者の兵法」が

もっとみる
嬉しいです。ぜひ感想もシェアしてくださいね。
31

新しい挑戦。

2020年8月、個人として新しい挑戦を2つ始めます。𠮟咤激励いただきつつ、ご縁あれば仕事でも色々ご一緒できると嬉しいです。

挑戦の概要

①カラビナテクノロジー株式会社(オイシックス・ラ・大地の連結子会社)のPeople's Adviserとして、社長の福田 裕二さん(ゆーじさん)、エンジニアやデザイナーを中心とした70名近い社員の皆さんと一緒に、カラビナらしい組織開発や成長支援に取り組んでい

もっとみる
ありがとうございます。これからも丁寧に書き続けます。
56

正解のない問題を解く上で大切にしたいこと、、

※初めにお伝えしておくと、この記事では何か明確に伝えたいことがあるわけでも、答えや正解があるわけでもありません※

個人やチームの成長・成熟に向き合う人事という仕事は、正解のない問題に日々向き合いながら正解らしいものを、向き合う人と一緒につくりあげていくところにこそ、面白さがあると感じています。

一個人をとってみても、プライベートでの友人や家族・恋人との関係、朝起きた時の体調、その日の朝食や仕事

もっとみる
ありがとうございます。これからも丁寧に書き続けます。
24

リーダーは誰とつき合うべきか。

本当ならオリンピック開会直後の熱狂に浸っていたはずの4連休最終日、夕方前には雨がやみ、晴れ間がのぞいたのを見計らって少し湿度の高い部屋の網戸を開けました。その瞬間、部屋干ししていた洗濯物でうまれた湿気が網戸の外に少しだけ流れた気がして、それだけでステイホーム続きでどこか窮屈に感じていた気も晴れました。

7月は雨続きの日々を過ごしながら、なかなか晴れない天気をみては自然は思い通りにいかないことを痛

もっとみる
感謝です。励みになります!
29

今ここ集中!個人的Tips編

冷静に考えれば、今の自分が何をすべきか、多くの人はわかっています。未来のことを考えるのは大変でも、今日という日をどう過ごすのか、何をしなくてはならないか。

今日の僕にとっては、それが日経COMEMOに寄稿するnoteを書くことかもしれない。ただ何をすべきかわかっていても、遂行するのは想像以上に難しいものです。

PCを置く机の隣には書棚があり、積読したままの本や読みかけの本が誘惑してくる。机の上

もっとみる
ありがとうございます。これからも丁寧に書き続けます。
17

オンライン中心のマネジメントでも心掛けていること(対 個人編)

以前、マネジメントに関わる身としてリモート環境下のオンライン中心のコミュニケーションの中、チームとどう向き合い運営していくかの視点で、下記のような記事を書きました。

今回はその続きとして、リモート環境下のオンライン中心のコミュニケーションの中で対個人にどう向き合っているか、マネジメントを受ける個人としての視点も入れつつ、心掛けていることを書いてみました。

前段(対個人マネジメントにおいても、チ

もっとみる
ありがとうございます。これからも丁寧に書き続けます。
47

転勤はある日突然に。

突然やってきたその日。車に乗せられた僕が、湯けむりの街「別府」を離れ、九州の小京都といわれる「日田」に引っ越したのは4歳頃のことだ。住んでいたマンションのベランダの格子の合間から見える、海の青色に映える湯けむりが上がる景色に硫黄の匂いがする街は、かつて天領と呼ばれた古い城下町の塀を一歩曲がると、緑色の田んぼや畑に囲まれた町になった。

別府の記憶がうっすらとしかない僕にとって、日田は記憶のスタート

もっとみる
当たりです!今日はきっと良い日になります♪♪
15