2021年度 今年買ってよかった8つの楽器・機材

2021年度 今年買ってよかった8つの楽器・機材

今年はベース関係もさることながら、DAW周りで音色のクオリティアップにかなりのお金を割きました。 Ibanez SRH505F買ってよかった、と言えるほどまだ弾いてないけど、ウッドベースっぽいニュアンスが出るのでアコースティック系のセッションがあったら使いたいなと思っている一本。フィッシュマンのプリアンプとかかましたらもっと良くなるのかなあと妄想しながら出番を待っています。季節の変わり目で気温差があると簡単にネックが逆反るのが惜しい。 ZOOM B1 Four多分今年一番

スキ
7
よく見りゃDAVID Tモデルそっくり

よく見りゃDAVID Tモデルそっくり

先日、某大手楽器店の地元支店にて、Ibanezのフルアコを試奏。 何か見た目がひっかかると思ってたら、昔アーテックスというメーカーから発売されていたDAVID T WALKERモデルを思わせるギターだと気付いた。 音もなかなか良い。 カラーリングからすると、サンバーストは山岸潤史モデルに近いのかな? アーテックスのデヴィッドTモデルはブルーだったな。 バーナード・パーディがリーダーのバンドのcoolin' groovin'でも映えていたなぁ。

スキ
3
長期休暇は組織のカオスエンジニアリングかもしれない

長期休暇は組織のカオスエンジニアリングかもしれない

先月末まで私のマネージャーが2ヶ月間ほど育児休暇を取得しておりまして、タイトルのようなことを感じたのでインターネットに放り投げます。 育児休暇という性質上、マネージャーが長期休暇を取ることは事前に知っておりまして、特定の期間マネージャーの職務のうちほんの一部ですが私が代理で行う、という相談がありました。 私としてはなんとなく薄らぼんやりと「将来のキャリアはマネージャーかなぁ」などと考えていたこともあり、良い機会だと思いやることにしました。 気持ちとしては結構前向きで、HI

スキ
27
悩んだ末に購入!がんばる!

悩んだ末に購入!がんばる!

Ibanez AZ Essentials

Ibanez AZ Essentials

少し前にTomo Fujita氏が3シングル仕様のIbanez AZをYouTubeチャンネルで紹介していた。今までに発売されているIbanez AZは全てリアがハムバッカーなので、珍しいなと思っていたら本日9/1、3シングル仕様を含む新しいAZのシリーズAZ Essentialsが発表された。 公式ホームページにでは「ギタリストへの扉を開くあなた」向けのギターとして紹介されており、AZシリーズの廉価版という位置付けのようだ。AZと名前がついており、シェイプも既存のAZシリ

スキ
10
Ibanezのギターが欲しい

Ibanezのギターが欲しい

先日新型コロナウイルスの2回目のワクチンを接種したあとくらいから急激にIbanezのギターが欲しくなってしまいまして、ああこれが噂に聞くワクチンの副反応かぁ〜なんて思ってたんですが、いつまでたっても欲しいままなのでこれはもしかしてただの物欲なのではと考えを改めている最中です。 Ibanezのギターって何?という方もまあこの広いインターネットの世界においては一定数存在してもおかしくないかなと思いましたので簡単に紹介すると、メタル野郎御用達ギターです。 見てください、このイカ

スキ
10
初めてのWarwick

初めてのWarwick

手を休めると、つい机上での検討を始めてしまうのは色々障害になってきました。先日はMTDを4本弾かせていただき勉強になりましたが、今日は「そのために」外出して、ネックの幅が狭い3本の6弦ベースを試奏させていただき、具体的なイメージを得ることができました。 まずIbanezのSR5006ですが、アウトライン的には本命でありながら、Ibanez SR系の音質傾向がタイプじゃない先入観がずっと気になっており、自分の音楽に使えそうか否か、判断する必要がありました。マホガニーボディをウ

スキ
7
Ibanez

Ibanez

昨日はベーシスト、Alex Blakeについて触れたついでにIbanezのシグネチャーモデルのことも記しました。最近、私自身は6弦のフレットレスベースのみを弾いている状態で、かつ、その1本に不満を抱いているために日々悶々としています。そのあたりの事情に関連してIbanezについて少し書いておこうかと思います。 本当のところを理解していないのですが、Ibanezを知ったとき、当時の私たちの、おそらく一般的な認識はGrecoの輸出ブランドというようなものでした。70年代に海外ア

スキ
2
Alex Blake

Alex Blake

渡辺香津美さんのLonesome Cat(1977)とVillage in Bubbles(1978)にはブルックリン生まれのベーシストAlex Blakeが参加しています。私が彼の名を知ったのは、おそらくはVillage in Bubblesを当時持っていた友人の宅でジャケットを見ていた時でしょう。音は聴いていないのですが。その後、記憶にあるのはMahnhattan Transferの公演で見たことがあるようなないような、サポートメンバーとしてツアーをやっていたのは確かです

練習会終了!
最近仕入れたIbanezのベースアンプ。いい感じ!!
Jazzmal位の箱で良さを発揮しそう!

練習会終了! 最近仕入れたIbanezのベースアンプ。いい感じ!! Jazzmal位の箱で良さを発揮しそう!