骨格筋

交感神経と筋のつながり
+1

交感神経と筋のつながり

アレルギーとたたかう理学療法士 及川文宏 より https://linktr.ee/Fumi_Oikawa 交感神経と筋の繋がり骨格筋は運動神経だけではなく、交感神経によってもコントロールされてきていることが分かってきています。 ・骨格筋の中に交感神経遠心性線維の分布を確認する研究  Rodrigues ACZ et al : The sympathetic nervous system regulated skeletal muscle motor innervatio

スキ
31
『基礎代謝の4割が内臓』内臓代謝を上げて体質改善🔥

『基礎代謝の4割が内臓』内臓代謝を上げて体質改善🔥

どうも! 酵素のお兄さんこと そうたです⭐ 「基礎代謝を上げる為に何をしてますか?」 筋トレ💪❓ ランニング💨❓ それも良いですが、 実は❗❗ 『内臓の基礎代謝をアップさせる』 ことが大切なのです⭐⭐ 【基礎代謝の割合】 ・骨格筋 22% ・肝臓 21% ・脳 20% ・心臓 9% ・腎臓 8% ・脂肪組織 4% ・その他 16% つまり、 肝臓、心臓、腎臓で約4割を占めるのです!! 骨格筋のほぼ倍ですよね💪💪 つまり、 基礎代謝を上げるには、 内臓の動きを活発に

スキ
9
047 運動効果のメカニズムを解明する

047 運動効果のメカニズムを解明する

【私の研究はこんな感じ】  健康の維持・増進のために運動することが強く推奨されている一方で、その科学的な背景については不明な点が多く残されています。また、残念ながら基礎的な知見が実際のスポーツ現場で十分に活用されているとは言い難い状況です。そこで、私の研究では主に骨格筋を対象として運動・トレーニングあるいは身体的不活動・加齢による適応について検討するとともに、運動効果の指標となるバイオマーカーの探索を行っています。 【こんなコラボをしたい】     1)電子顕微鏡による

スキ
4
体力・筋力は明らかにアップしている&昨日の食事

体力・筋力は明らかにアップしている&昨日の食事

2021-6-20の食事 朝食. バターコーヒー(レギュラーコーヒー230cc、Ghee大さじ1、MCTオイル大さじ1) 間食. プロテイン(マイプロテインWPCノンフレーバー)20g、キリクリームチーズ2個 昼食. オープンオムレツ(卵3個、鶏胸肉70g、スライスチーズ2枚、バター、ケチャップ) 間食. ヘンププロテイン、キリクリームチーズ2個、アーモンド、くるみ、クリームティー(紅茶180cc、生クリーム20cc) 夕食. ナスの豚肉巻き(豚ロース15

加齢に伴う骨格筋量の減少ならびに筋力の低下と筋細胞内水分量の関係

加齢に伴う骨格筋量の減少ならびに筋力の低下と筋細胞内水分量の関係

多くの先行研究によって加齢に伴い骨格筋量ならびに筋力が低下することが明らかにされ、特に加齢に伴う筋力の低下は骨格筋量の減少が要因であるとされていますが、近年、筋力の低下が骨格筋量の減少よりも2倍~5倍大きいことも報告されており、加齢に伴う筋力の低下は「骨格筋量の減少以外の要因」によるところが大きいかもしれないとされ様々な研究が行われています。 ところで、骨格筋は単一の要素から成り立っている訳ではなく、骨格筋細胞、細胞外区画、筋内脂肪の3要素で構成されていると考えられています

スキ
4
身体ガチガチの時のアロマ

身体ガチガチの時のアロマ

最近多忙だったせいか身体がガチガチ( ˣ - ˣ ) 今日は嵐のような天候ということも相まってか、身体が縮こまったような息苦しさを感じます。 本当は友人のサロンにトリートメントを受けにゆきたい( ;  ; )けれど、そんな時間も無いのでやはりここはセルフケアで乗り越えるところ✊ 今日は ローズマリー アロマタッチ(マッサージブレンド) レモングラス の三本を使って、脊柱中心&足裏のトリートメントを行いました。 この三本は、スパインセラピーのオステオプロトコルから選ん

スキ
13
ウエイトトレーニング超入門

ウエイトトレーニング超入門

※記事は全文無料で読めます ダイエットで効率よく脂肪を減らすために、筋トレを並行で行うとよいです。筋トレにもいろいろありますが、ダンベル、バーベルを使用して行うウエイトトレーニングについて、基本的なことを書きます。最後にお勧めの書籍もご紹介しています。 筋力トレーニングとは筋力トレーニングとは筋肉に負荷をかけて、筋力を高めたり筋肉量を増やすことですよね。ただしダイエット中はカロリー収支がマイナスになるため、筋トレをしても筋肉が増えるということは望めません。ダイエット中は筋

スキ
3
有料
100
腰痛の原因追及
~筋と筋膜の関係性から考える~

腰痛の原因追及 ~筋と筋膜の関係性から考える~

本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。 徐々に寒さが和らいできて、過ごしやすい気候になってきました。 私はなぜか時間に追われる日々で、スケジュールの見直しが必要と感じている今日この頃です。 174日目を担当します、脳神経外科病院で急性期~回復期までのリハビリテーションを担当している理学療法士の清水啓史です。 前回は『脳卒中急性期で肩関節痛を出さないためにできること~神経障害性疼痛について考える~』について書きました。 急性期での肩関節痛で悩んでいる方は

スキ
9
有料
100
ICU患者は骨格筋の「質」も大切

ICU患者は骨格筋の「質」も大切

https://doi.org/10.1186/s13054-016-1563-3 https://ccforum.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13054-016-1563-3 2016年にCritical Careから出た後ろ向きの研究です。ESPENのICU患者に対する栄養に関するガイドラインにも引用されており、骨格筋評価の重要性を説いている重要論文です。 この研究では、オランダの外科および内科系のICUに4日以上在室し、

骨格筋量の低いICU患者には早期タンパク質摂取量は多い方が良い?

骨格筋量の低いICU患者には早期タンパク質摂取量は多い方が良い?

Clinical Nutritionから2020年に報告されたICU患者の骨格筋量と早期のタンパク質摂取量に関する論文です。 アムステルダムの大学病院から報告された後ろ向きコホート研究で、739人の挿管患者のデータから解析されています。 CT画像から解析されたL3領域の筋面積と筋密度をもとに、①正常な筋面積の患者と②低い筋面積の患者における、入室から2~4日でのタンパク質摂取量と生命予後との関連を示しています。 対象者の60%が低骨格筋量であり、そのうち45%が低筋密度

スキ
1