今週の令和びと7人[Vol.037]

今週の令和びと7人[Vol.036]
2020.3.21(土)−3.27(金)
「#気になる人」「#スキな人」「#素敵な人」な7人♪
#佐藤健(31) #俳優

1989/3/21[さとう たける/#SatohTakeru]
#埼玉県さいたま市岩槻区 #身長170m #越谷北高等学校 #アミューズ

2006 テレ朝『プリンセス・プリンセスD』(俳優デビュー)
2007 テレ朝『仮面ライダー電

もっとみる
感謝しまくりします。
9

【みみをすます】

2016年11月20日(日)小樽市民会館にて、養老孟司/谷川俊太郎/斎藤惇夫/西巻茅子/茂木健一郎さんらを講師に谷川俊太郎さんの絵本「みみをすます」を演題に講演とシンポジウムが行われた。

「みみをすます」

何が聞こえてくるか?

・しんしんと降る雪の音。
・鳥のさえずり。
・耳鳴り。

よく聞こえるようになると、余計なことを考えてしまうから、良くないとか。ものと自分との間には、どんなものがある

もっとみる

運のつき

2冊目のご紹介は,養老孟司さん著の「運のつき」です。養老先生と言うべきか。東京大学名誉教授であり解剖学がご専門。僕の好きな作家さんの一人です。どれだけ好きかというと,平日仕事を休んで九州まで講演を聴きに行ったくらい好きです。「バカの壁」が有名ですね。

いきなり死ぬことから話が始まる

今では,「養老孟司の人生論」と改題されているようです。僕は「運のつき」といタイトルが好きですが。改題されたタイト

もっとみる
僕もあなたがスキです(/ω\)
2

東浩紀、石田英敬、円城塔、下條信輔、養老孟司ほか大絶賛! いま一番熱いサイエンス本『ヒトの目、驚異の進化』

「ヤバそうな 目の本 が爆誕した」――Twitterで書影が公開されるや大きな反響を呼び即座に発売前重版が決定した、マーク・チャンギージー『ヒトの目、驚異の進化――視覚革命が文明を生んだ』(柴田裕之訳)が、いよいよ本日3月5日より発売開始。

まずはあらためて、オビに頂いた熱い推薦コメントの数々をご紹介しましょう。

啓蒙書だと思って侮ってはいけない。著者の研究は、自然と文明を対立させる人文学のパ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
32

#2 "認識"と現実の乖離

NHKの『SWITCHインタビュー達人達』で、『バカの壁』で有名な解剖学者の養老孟司と、ジャズピアニストの山下洋輔が対談していた。

その中でも印象的だった話が、解剖とは、もともと何なのか?…とゆー山下の質問に対して、養老個人の見解として、"自然物に名前を付けていく行為"だと答えたトコロ。

そうすると、人はわかった…というようになると。

そうすると、安心すると。

たとえば、なんだか、ワケの分

もっとみる
ありがとーございます。m(_ _)m
2

脳と自意識

考えるということについて、養老孟司風に考えてみる。

脳の役割は、身体の内部及び外部の状態を感知し、行動計画を立て、指示し、結果を感知し、また次の行動に移す、という延々と続くループにおける、ハブのようなものである。

これについて否定することは、まずもってあり得ないだろう。少し前までは、これを中央集権的なアナロジーで理解するのが主流だったが、最近は、あらゆる器官同士のネットワーク的相互作用への認識

もっとみる

養老孟司先生X内田樹先生のまんがの講演会(NHK文化センター)の聴講に行ってきました

NHK文化センターでご両名が「昭和から平成まで マンガを語り尽くす」という講演会をされるとお聞きして、「行きたいなあ」と思っていたのですが、1回目の都合がつかず。2回目に参加することができました。

年末年始自分で勝手に缶詰していてほとんど外出していないので、とっても楽しみにしていたのです。(これをかくと、毎日散歩せい!とIさんに怒られる気がする)

楽しみにしていたとおり、よいお話の数々で、行け

もっとみる

「わかりやすさ」というジレンマからの脱却

ネットがこれだけ台頭すると、人は「わかりやすさ」を一番に求めるようになる。

つまり時短。

いかに最短で自分の知りたいことを得られるか、ということをインターネットに強く求める。

養老孟司さんの言葉を借り

「AIが人間に近づいているのではなく、人間がAIに近づいている」

とここで書いたように

数字で全部を判断できるのが、究極のスピード感なのだ。

合コンするとき「20代」「看護師」「かわい

もっとみる
スキを押して表示されるテキストは10種類。さあ次の記事にスキしよう。
9

「新時代を自由に生き抜く」自己ブランディングの方法 (心理分析法まで)

新しい時代へ、転換の真っ只中。

時間に縛られずに好きな生き方をしている人もいる。

ブログやYouTubeでグングン新しい稼ぎ方を生み出している人、投資を始めた人、

一方で、毎日の勤務に追われて時代の流れを知る時間すら許されていない人も。

年金問題、終身雇用の終焉、AIの進化、うつやガンの増加、、、など 心配事も多い中、

どこへ向かっていけばいいのか、

日々に身を委ねて生きるだけで大丈夫

もっとみる
ありがとうございます😊!!
53

やさしい唯脳論。

その昔、楳図さんは『バカの壁』で有名な(アウトデラックスにたまに登場する異常に虫好きの白髪のおじさまという方が分かりやすい?)養老孟司さんと対談本を出している。

タイトルは、やさしい『唯脳論』。すでに絶版となっているようなので紹介してみます。

冒頭で楳図さんはこう語っている。

ぼくは今、〈自分という怖さ〉に興味がある。

『ヘビ少女』を描いていた頃、〈怖いもの〉は外からやってくる、とぼくは思

もっとみる
あなたは神ですか?僕は紙です。ペラペラです。
11