3COINS×AWAコラボ「音楽を選ぶように”ジャケ買い”しよう」

みなさんご存知の300円均一・3COINSと音楽サブスク・AWAのコラボ商品が発売されていますね。AWAが選んだ8組のアーティスト・レーベルのジャケットデザインのポーチやマグカップなどがあります。例えばorigami productionsのKan Sano さんの『Susanna』のジャケットがポーチになっています。

実際にみてきたんですが(2ヶ所行ってきて、郊外の3COINSにはなかった…。

もっとみる
わたしもスキです♡
14

2021年3月24日

先日無事自分主催のBONSAI MUSIC ENT. "Number Zero"がリリースされた。

今回茨城県内限定ではあるが、流通や展開にご協力いただいたブックエース様には心から感謝申し上げます。収録参加アーティストの存在と音をどれだけ広められるかが肝であり、更に彼らがこのコロナ禍でもいかに制作活動をしていたのかを証明する一枚でもある。

中には変わらず制限ある中でもライブ活動を続けたアーティ

もっとみる

お金、印税の話(直近の印税額公開)

noteの世界はビジネス的なことというか、それならやっぱり興味あることはお金のことかなと。印税の部分だ。

友人は、いわゆるキー局帯番組のオープニングテーマソングを書いたが600万入ったと言っていた。ここで分かる事は、印税とは、、=(特に)キー局のテレビでどれだけ回るか、です。

コンペ作家をしていた時は、某有名アーティストの楽曲を書きましたと!勿論それは社会的に見たら、お金には換算出来ない栄光で

もっとみる

今更聞けなかった、「夜に駆ける」がヒットした理由。 - モニカの"五感" op.4

 MONICA MUSIC FACTORYの「中の人」が、自身の”五感”のままに書きたいことを書き殴ったコーナー。

 コラムや他の記事では書かないような話や、鍵盤ハーモニカどころか音楽とも全然関係ない話が散りばめられています。ひょっとしたら、あなたにとって新しいコンテンツに出会えるかも?

↓ 「中の人」の鍵盤ハーモニカと音楽の話はこちらから。

今更知りました、「夜に駆ける」ヒットの要因

 

もっとみる
ありがとうニカ〜🎹
6

2021年2月23日(追記)

今日はひとつ恐縮ながら宣伝をば。

この度レーベル業を立ち上げることになった。
「BONSAI MUSIC ENT.」(ボンサイミュージックエント)
というネーミングになる。
業務上ライブハウスの経営者としての立場なので一見、
「単なるライブハウスのレーベル」かと思われがちであるが、
厳密にはあくまでも個人レーベルになる。

自分のバンドPink-HOUSEが自主レーベルとして運営している
「Ps

もっとみる

コロナ禍における地方でのライブ開催

2021年1月26日、マネジメントを務めるTSUNEIの1年越しのリリースライブ『Into』Release & Birthday LIVEを開催し無事に終えることができました。(トップ写真は会場のジョイアミーアの当日開場前の様子です)
結論を先に伝えておくと開催してよかったです。開催から2週間以上経ち特に感染者などの報告もなく一安心したので、よかったこと、リスクや考えさせらたことがあったので記録し

もっとみる

microLFO

私は音楽活動拠点にmicroLFOという旗を掲げている。

表向きは音楽レーベル兼アイテムショップを名乗っている。

あくまで表向きの体裁であり、まだ規模は小さい。

これは元々はDAOの物販管理用ショップであった。

バンド名をつけたアイテムは、例えばバンドが何かしらの変化があったとき、バンド名が変わるとか。最悪の場合解散するとか。(いまはそんなこと微塵も思わない。当時ね。)デッドストックが発生

もっとみる

アーティストの「ひと癖」が光るレーベル「SPEEDSTAR RECORDS」はどう生まれた?

今回は、12月19日(土)に開催した沢井原兒(サワイ ゲンジ)先生と高垣健(タカガキ タケシ)さんの対談の模様をお届けします!

高垣さんは「SPEEDSTAR RECORDS」創設者であり、サザンオールスターズ、Cocco、UA、斉藤和義など数々の有名アーティストの発掘、育成を行った方です。

対談では、サザンオールスターズとの出会いや国民的バンドになるまでの裏話、レーベル設立に至るまでの経緯な

もっとみる
スキありがとうございます!ポッドキャストもよろしくお願いいたします♪
4

レーベルがサービス化する時代に、周回遅れの日本でアーティストが取るべき道は?そして起業家よ大志を抱け!

 驚く記事でした。そしていつもは構造的に洞察するJay君の解説が珍しく表層的なことに、状況変化の速さを感じました。
 AWALは、without labelの略とも言われていたアーティストを中心に置いて音源の流通をサポートするサービスです。その会社をソニー・ミュージックが買収したのは驚きなのですが、その現象を「インディーアーティストを大事にするレーベルサービスを提供」と捉えるのはあまりに表層的です

もっとみる
まぐまぐでもメルマガ「ニュースキュレーション」やっています!
31

Holm Front ワールドワイド 〜Sports Teamはいかにしてそのバンドとのサインに至ったか〜

結局のところレーベルの価値とは何を出したかによって決まるんだと思う。CreationといったらoasisやPrimal Scream、The Pastelsを出したレーベルだし、DominoとはArctic MonkeysやFranz Ferdinandがいるレーベルで、Alex GがDominoだからという理由でSorryもDominoと契約した。プロモーションだとかリリーススケジュールだとか中

もっとみる