離婚相談

②第4話 離婚後の「フラッシュバック」

いざ、家を出ていく日が決まってみると、妻の対応が少しだけ変わってきた気がした。

私と離れることに、一抹の寂しさを感じてくれたのだろうか?

このブログだけ通してみれば、少し自由奔放すぎる妻だが、当然彼女には、彼女の魅力がある。

忙しい日々の合間だが、私との時間をなるべく取ってくれるようになり、私は嬉しかった。

少し時間に余裕ができたので、今までずっと見ることができなかった、テレビ番組の録画を

もっとみる

【離婚に徳するお話】頭の整理屋さん

【頭の整理屋さん】
私の離婚カウンセリングの際には、皆さまの、絡まった、頭の中の整理もいたします。


「何がなんだかわからない…」


このような、「パニック状態」でいらっしゃる方もおられます。


その際は、絡まった「糸」を、ひとつひとつほぐしていき、「根本」を発見し、分析します。


その状態は、おそらく、いろいろなことが同時にありすぎて、どれから手をつけたらよいのか、わから

もっとみる

★ 俺はお前に気持ちがないから離婚してくれ!で離婚する人はいない

★ 俺はお前に気持ちがないから離婚してくれ!で離婚する人はいない

相手はあなたに気持ちがなくてあなたは相手に気持ちがある。

要は片想いで
『俺はお前の事が好きだから結婚してくれ!』で結婚する人はいないですよね?

と言うとあなたは

それは分かってますよ!
誰が片想いで結婚なんて出来ると思っているんですか!
ばかにしないでください!

と言うのかもしれません。

じゃ
お互いがお互いを
思いや

もっとみる

②第3話 離婚後の「うらない」

「えりちゃんついに別れたんだって。彼氏、お金をずるずる借りていって、合計100万くらい貸してたみたい。本当クズ男だから別れてよかったー。」

・・・あれ?

私は、妻からお金を借りてたかな?

でも、結果別れられてるので、やっぱりクズ男だったのだろうか?

「ゆきちゃんの彼氏、浮気して新しい恋人ができたのに、ゆきちゃんの家を全然出ていかなかったの。だから、ゆきちゃんが引っ越し費用支払って、追い出し

もっとみる

【離婚に徳するお話】同じ「専門家」でも…

【同じ「専門家」でも…】
同じ、「離婚の専門家」でも、実は、人によって、いろいろ異なります。


まずは、専門家の種類の違い。


たとえば、弁護士と、行政書士と、離婚カウンセラー。


弁護士にできることでも、行政書士にできないことがありますし、かといって、弁護士にできないことが離婚カウンセラーにできることがあります。


それから、同じ職業でも、

もっとみる

円より子の 子どものためのニコニコ離婚講座 第07回 子どもからの質問~父親に会いたくないのは変?~

「離婚して会えなくなった父親に会いたい子どもばかりではない。
そんな自分を変だと思う必要はない。でも、何かのきっかけで会いたくなったら?
今回の「子どものニコニコ離婚講座」でそのヒントを得てください。

【離婚に徳するお話】DV・性暴力・虐待

【DV・性暴力・虐待】
インターネットでニュースを読んでいると、最近、これらのワードが気になります。


新型コロナウイルスにより、それまでのお仕事や、勉強、ライフスタイルなど、変わってしまったご家庭も多いでしょう。


特に、私たちは、今までと変わらぬ「安定」を保ちたい、と思いがち…。


だから、今までのことができなくなると、急に不安になる方も多いのです。


そして、不安が、

もっとみる

②第2話 離婚後の「本当の自分」

4月1日といえば、エイプリルフールの日であるが、年度替わりのタイミングでもある。

四季のある日本では、桜の季節と絡まるように、卒業、入学、人事異動などが行われ、おおよその社会人であれば、年度末からこの時期は、かなり多忙なはずだ。

私自身も、妻も、妻の不倫相手も、仕事に追われており、一時期よりは、だいぶ泊りの回数や電話の回数は減っていた。

「離婚した」という事実を除いては、ここ最近で離婚前の状

もっとみる

【離婚に徳するお話】離婚コーチングのメリット

【離婚コーチングのメリット】
一般的には、法律専門家とは、依頼を受け、その依頼に応えるように取り組む、というやり方となりやすいか、と思います。


僕も、行政書士としては、そのようにしております。


しかし、僕の3つ目の「姿」である、「離婚コーチ」としては、依頼人と一緒に考え、依頼人と一緒に頑張って進めていく、という方法をとっています。


するとどうか。


まずはいくぶん、「

もっとみる

【離婚に徳するお話】ネグレクトと離婚

【ネグレクトと離婚】
ネグレクトとは、児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待、患者虐待のひとつと言われているようです。


離婚との問題となりやすいのは、子供や高齢者に対することですかね。


まず、子供に対するものとしては、積極的ネグレクト。その例として、育児を行うのに問題がないにもかかわらず、故意に、子供に食べ物をあげなかったり、お風呂に入れなかったり、などすることが挙げられます。


もっとみる