からだで感じる。

さて、主は巨大な魚に命じて、ヨナを呑み込ませられた。ヨナは三日三晩魚の腹の中にいた。

旧約聖書 ヨナ書2章1節 (新共同訳)

こんにちは、くどちんです。キリスト教学校で聖書科教員をしている、牧師です。

「あーーー、そういうことかーーー」と深く悟った時のことを「腑に落ちる」と言い表しますね。「腑」とははらわたや肝という意味で、そこから心の底という意味にも通じていくようです。受け止めた思いがお腹

もっとみる
めちゃくちゃ嬉しいです( ;∀;) ありがとうございます!

ライフスタイル考          Plain living High thinking          マルクス資本論再考

マルクスと同時代、もしくは一定期間重なる時代を生きた、        ワーズワース(イギリス 詩人)、H.D・ソロー(アメリカ、哲学者)、 ハインリッヒ・ハイネ(ドイツ 文学者)等の著作を通じて私達の暮らし方を考えてみたい。
これまでの論述同様、あるテーマの史観を異なる分野での先人達で比較することは、考えてみたい概念像のイメージを描くことに近付くと思います。 そこで、時代感度の高い芸術家達を比較登

もっとみる

鬼滅の刃『無限列車編』を改めてふりかえる――悪夢から目覚めたい時は

※本稿は、ネタバレを含みます。

朝。陽の光を浴びても、嫌な夢が脳裏から離れなかったことは、あるだろうか。もしくは、白昼夢の暗渠に囚われてしまう経験はお持ちだろうか。筆者はどちらも有り、悪夢から早く醒める方法を模索してきた。

結論から言うと、目を覚ますためには、“身体”に意識を向けるのがいい。

経験的には分かりやすいことかもしれないが、そのプロセスの明示を試みた。本稿は、漫画/アニメ『鬼滅の刃

もっとみる
ありがとうございます🌹
5

堂々と、当たり前のことをすればいいーWithコロナとあなたの声と。

私たちは、今、二つの世界を生きている。

一つは、今まで「普通」と思ってきた物質的世界。これまでの常識や道徳は、ここでの「場」の感覚を元に流布された。社会的立場、年齢、性別、収入など様々なことが数値化された「場」。自分の役割にふさわしい振る舞いの要請。暗黙のルール。私たちは、演技をし続けることになるし、常に「評価」の目に晒される。

もう一つは、情報的世界。ここはまだ、始まったばかり。もちろん、1

もっとみる
楽しい一日を過ごされますように!(エイミーより)
95

スクロール・ストレスの果てに

去年の今日、facebook にこんなことを書きました:

ある記事で読んで驚いたのですが、最近ではスクロール・ストレスなどと称して、スクロールするのさえ面倒だと嫌がるのだそうです。

じゃあ、どうしろって言うのかというと、多分「サムネイルで一覧表示しといてよ。興味があるやつだけピンチアウトして拡大するから」ってことかな、と。

となると、我々がやっているスマホ向けのサイトもそういう構成に作り変え

もっとみる
あんまりスキって言ってもらえないので、ほんとに嬉しいです。
1

「快適」とは、身体がそう感じていることを意識がそう言語化している状態、という生きかたでよいのか

「快適」とは、身体がそう感じていることを意識がそう言語化している状態、という生きかたでよいのか

「幸福」が相対の枠を超えられないとしたら、超えられるリアルは意識の妨害を振り切ったところにあるのではないか

「大塚直哉レクチャーコンサート オルガンとチェンバロで聴き比べるバッハの“平均律” Vol.5 フーガの身体性」へと向かう車内で

「大塚直哉レクチャーコンサート オルガンとチェンバロで聴き比べるバッハの“平均律” Vol.5 フーガの身体性」のために、彩の国さいたま芸術劇場へ向かっています。

稽古日程が決まる事前に切符を購入してしまっていたので、俳優たちには申し訳ありませんが、今日だけはとくべつに稽古を早抜けさせてもらいました。

今回の演劇は、耳で聞き、感覚で感じ、みえないものをみようとする演劇だから、今日の鑑賞が何か想

もっとみる
宮澤大和です。次回もていねいに書きますので、また遊びに来てください!
26

身体性が生む共感

おはようございます。

ハイネケンのCMが良い感じです。

初めて会った二人は、
考え方があわずぎくしゃくしています。
性差に関する考え方、
環境問題に対する温度感、
人種に対するスタンスなどが違うようです。

けれども、一緒に日曜大工をしたり、
協力して物を運んだり、
絵をかいたり協力する作業を行います。

その仕事の後、
お互いにどう思うかを口にしてみると、
作業の前とは違って、
少し話をして

もっとみる
🌸のお返し
4

はじめての音声投稿で、うっかり最初の1分ぐらいを消去してしまい💦
変なところから始まっていますが、
2時間半のZOOMでのチームミーティングの後に、ZOOMミーティングのアフターミーティング(?)をクラブハウスに移ってやったら、あまりの臨場感の違いに驚いたということをしゃべりました。


いやー驚きました。

カンシャ!
26

セリフとト書き

昨夜更新した『〈空気〉の正体』に、ijo katukiさんから以下のコメントをいただきました。いつも読んでくださりありがとうございます。。

今後、こちらのコメントにお返事をするように、言葉に偏重してしまうzoomで、演出家が弁を述べることについてを、考えていこうと思います!

zoom稽古のおはなしをするまえに、まず今回扱うことになっている戯曲(上演台本)について少しだけ語らせてください。

もっとみる
宮澤大和です。次回もていねいに書きますので、また遊びに来てください!
31