長谷川博章 | RELATIONS

RELATIONS株式会社の代表です。経営をする中で大切にしてきた問いは、「素直な関係…

長谷川博章 | RELATIONS

RELATIONS株式会社の代表です。経営をする中で大切にしてきた問いは、「素直な関係をつくる」ということ。その先に、会社が本来持つ生命力が宿っていくと考えています。日々感じることを綴っていきます。 #ホラクラシー #コスト最適化 #組織開発 #伴走支援 #自律型組織

マガジン

  • 長谷川 博章の生命力経営

    • 32本

    RELATIONS株式会社代表の長谷川のnoteマガジンです。 経営・事業を営む日々の気づきや想いを綴っています。

    • 長谷川 博章の生命力経営

      • 32本

最近の記事

  • 固定された記事

実践から観る、パーパスの本質

こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 RELATIONSではパーパスドリブンな経営を探求していますが、あらためて私にとってパーパスとはなにか?と問われれば、それは組織の内側の一番奥深くにあるものであり、組織が存在する理由そのものです、と答えます。 そして、その一番奥にある源泉は、単純に言葉にできるものではなく、自然と組織を突き動かす衝動のようなものだと考えています。存在する理由を自ずと満たすために、自然に衝動が沸き起こり、それが行動へとつながっていく。こういった

    • ヨーロッパのソース原理ワークで得た”経営者としての確信”と、恐れの解放

      こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 2023年7月に2週間ほど、社員計4名でヨーロッパへ訪問をしていました。目的は2つ。ソース原理の源流に触れることと、進化型組織を実践する企業への訪問です。   元々はソース原理の提唱者であるピーター・カーニックから直接レクチャーを受けられる貴重な機会に、ぜひとも参加したいと思ったことがきっかけでした。自身のパーパスである「一人ひとりの本来もつ可能性がひらかれていく社会を」という願いを叶えるためにも、ソース原理の理解を深めること

      • 自己に内在する”不安”との向き合い方

        こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 今日は、”不安”との向き合い方について話をしてみたいと思います。 最近、社内の1on1で話を聞いたり、顧客や友人と話したりするなかで、漠然とした将来への不安を耳にする機会が増えています。 不安の種類は実にさまざまです。 例えば、40~50歳くらいで大企業に所属している方だと、会社の先行き不安に加え、のしかかってくる子どもたちの受験や学費、そして住宅ローン。「その中で自分のキャリアはどう描いていったらいいものか」という不安

        • 【対談】アクティブ・ブック・ダイアローグ®(ABD)から学ぶ、組織成長を促す秘訣

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 今回は、未来型読書法アクティブ・ブック・ダイアローグ®(以下ABD)について、ABD協会認定のファシリテーターである長谷部 可奈さん(以下可奈さん)と、弊社広報・廣瀬と3人で対談した際の内容を記事にしました。 先日、RELATIONS社内の有志20名ほどで計3回に渡り実施したABD。石井 光太郎さん著の『会社という迷宮』を題材に、可奈さんにファシリテーターをしていただきながら進めました。 社内メンバーたちと1冊の本を共有

        • 固定された記事

        実践から観る、パーパスの本質

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 長谷川 博章の生命力経営
          RELATIONS株式会社 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          日常から離れて自己を見つめる。生命力あふれる「森のリトリート」体験

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 今回の記事は、森のリトリートでの体験についてです。RELATIONSのパーパスである「会社に生命力を」の解像度を高めるヒントをいただくことができたので、その点について書いてみようと思います。 森のリトリートとは?森のリトリートについて、ホームページにはこのように記載されています。 リトリートは、英語のretreatがその語源になっています。歴史を辿ると、14世紀後半は「行動や運動から退くための軍事信号」を意味していたそう

          日常から離れて自己を見つめる。生命力あふれる「森のリトリート」体験

          社内ベンチャーからの独立。「共進化」しつづける存在であるために【対談】みらいマルシェ

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 今回は、RELATIONSの社内ベンチャーから独立・起業したみらいマルシェ株式会社のお二人と対談しました。 みらいマルシェが独立してから4年半が経過。いまだからこそ語ることのできる事業譲渡当時の心境や、ともに影響し合いながら進化しつづけている現在の関係性まで、ありのまま互いの想いを話しました。 私たちの経験が、社内で新規事業に取り組んでいる会社や、事業譲渡・事業譲受して奮闘している方々への、何かしらの気づきにつながるとう

          社内ベンチャーからの独立。「共進化」しつづける存在であるために【対談】みらいマルシェ

          ものごとの本質を見極めるための、「切り取り」と「つながり」の考え方。

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 最近の会議で、話が噛み合わない場面に出くわしました。ある人は自分の事業部の最適化観点から発言し、もう一人は、全社最適化の視点から発言しています。堂々巡りで、話がまったく噛み合わず、周りも疲れ始めている。 親しい体験をしている読者の方もきっと多いのではないかと思います。この場合にどういう視点から物事を見ているのかを自分の中で気づくために、「切り取り」と「つながり」という思考法は役に立つかもと思い、noteに書いてみます。

          ものごとの本質を見極めるための、「切り取り」と「つながり」の考え方。

          Forbes JAPAN5月号特集「最高の働き方を探せ!」 掲載にあたり思うこと

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 この度、Forbes JAPANから取材を受け、2023年5月号の特集『最高の働き方を探せ!』の一部として、RELATIONSの組織づくりの変遷について掲載いただきました。 今回のnoteは、掲載にあたって感じていることや、特集を記念して弊社が主催する4月のイベントについてお話したいと思います。 RELATIONSについて今回の雑誌掲載やイベント広告をご覧になり、初めてRELATIONSを知ってくださった皆様もいらっしゃ

          Forbes JAPAN5月号特集「最高の働き方を探せ!」 掲載にあたり思うこと

          石井光太郎著『会社という迷宮』から学ぶ、経営に”意思”を宿すということ

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 自分にとっての読書は、著者の人生や哲学の追体験の時間です。世の中には素敵な人がたくさんいます。著者の独自固有な経験や体験、そして、そこからしか覗くことができない独自の世界観があります。読み進めることで、著者の人生そのものに迫り、片鱗に触れると、その世界観の一部が自分の中にふわっと立ち上がります。そこから自分を見つめなおすと、突然思いもしない気づきが湧き上がる瞬間があります。そんな贅沢な読書の時間がたまらなく好きです。 今回

          石井光太郎著『会社という迷宮』から学ぶ、経営に”意思”を宿すということ

          アダム・カヘン『共に変容するファシリテーション』から学ぶ、「愛」「力」「正義」の生成的な衝動とは

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 自分にとっての読書は、著者の人生や哲学の追体験の時間です。世の中には素敵な人がたくさんいます。著者の独自固有な経験や体験、そして、そこからしか覗くことができない独自の世界観があります。読み進めることで、著者の人生そのものに迫り、片鱗に触れると、その世界観の一部が自分の中にふわっと立ち上がります。そこから自分を見つめなおすと、突然思いもしない気づきが湧き上がる瞬間があります。そんな贅沢な読書の時間がたまらなく好きです。 今回

          アダム・カヘン『共に変容するファシリテーション』から学ぶ、「愛」「力」「正義」の生成的な衝動とは

          脱中心化の発想。自分の「メガネ」を認知することで見えるもの。

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 今回のテーマは、「脱中心化の発想」。これからの組織、また社会において必要な考え方だと捉えています。 ”いかに脱中心化な発想を構築していくのか”について、私なりの考えを綴ってみたいと思います。 そもそも「脱中心化の発想」とは変化が激しい時代。あらゆる前提が次々と置き換わっていきますよね。しかし、人間の特性上、自分の前提を正しく認識し続けていくことは非常に困難なこと。 脱中心化が大切だと考える理由には、そういった背景があります

          脱中心化の発想。自分の「メガネ」を認知することで見えるもの。

          組織内からの「ネガティブな声」を丁寧に扱うことが、組織力を高める鍵になる。~沖縄合宿での体験~

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 今日は1月に実施した合宿(roots合宿)について、合宿設計、そして実践・振り返りまでを書いてみたいと思います。 今回の沖縄合宿では、「収穫祭」をテーマに実施しました。1月という年の節目に、過去1年で積み上げてきた成果に目を向け、相互に感謝をするワークから開始したのですが、1泊2日のなかで場が深まるにつれて、これまで組織内で扱われてこなかった”痛み”の声が場に出てきた印象的な会となりました。 ▽詳しくはこちらをご覧くださ

          組織内からの「ネガティブな声」を丁寧に扱うことが、組織力を高める鍵になる。~沖縄合宿での体験~

          「日本における新しい組織」の理想のあり方とは。【対談】令三社 山田裕嗣さん

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 今回は令三社の代表である山田 裕嗣さんとの対談記事です。それぞれが考える日本組織への願いや、今後目指していきたい組織のあり方について語りました。 最新の組織開発に興味がある経営層の方のヒントになれば幸いです。 1. まずは、令三社さんについて長谷川: 山田さんとは約5年前に自然経営研究会のセミナーで出会いました。そこからご一緒させていただく機会が多く、ご縁を感じています。 昨年の令三社さん立ち上げも素敵だなと思って見て

          「日本における新しい組織」の理想のあり方とは。【対談】令三社 山田裕嗣さん

          2023年大切にしたい、「実践」「探求」「縁」について

          あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いいたします。 年末年始は少し仕事から離れ、自分の身体のメンテナンスをしたり、読みたかった本を読んだり、映画を見たり、家族でゆったり団らんしたりと、非常に充実した時間を過ごしました。 そんな中、2023年をどのように過ごすのかについても思いを馳せる時間を取りました。 大切にしたいことを内省してみると、 「実践」「探求」「縁」 というキーワードが浮かびました。 年明けのnoteとしてこの辺りを書いてみたいと思います。 1

          2023年大切にしたい、「実践」「探求」「縁」について

          ブランディングに注力して見えた、組織の「内面と外面の一致性」を高めることの大切さ

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 あっという間に年末ですね。 2022年を思い返してみると、色々な新しい取り組みをしてきたな、と感じるのですが、「特に注力してきたものは?」と問われるとブランディング活動がその代表例として思い浮かびます。 パートナーを含めたブランディングチームを立ち上げ、社内で数々の対話を重ね、会社のロゴやパーパスの刷新を行ってきました。そんな1年間の流れを振り返りながら綴っていきたいと思います。 ブランディングの進め方で迷っている企業担

          ブランディングに注力して見えた、組織の「内面と外面の一致性」を高めることの大切さ

          ホラクラシーにおける戦略とは。自律型組織に推進力を生み出す秘訣。

          こんにちは。RELATIONS代表の長谷川です。 今回は、ホラクラシー組織(自律分散型組織)における、戦略の考え方について綴ってみます。 一般的な戦略の概念とはだいぶ異なるので、驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。自律分散型組織に興味がある方や、全社戦略の立て方に悩んでいる方へのヒントになれば幸いです。 戦略の起源と、一般的な経営戦略戦略という言葉は、企業経営においては非常に馴染み深い言葉だと思いますが、その起源をご存知でしょうか。 元々戦略とはギリシア語 のst

          ホラクラシーにおける戦略とは。自律型組織に推進力を生み出す秘訣。