計算機科学

エンジニアが、アルゴリズムを学習しなければいけない理由

実は一ヶ月ほどまえに嫁に10000円以上する分厚いアルゴリズムの教科書を買ってもらった。

MIT Press の Introduction to Algorithm という本である。技術書については日本語だと読解力が極端に落ちるし苦痛なので、オリジナルのものを海外から取り寄せてもらった。

ちょうど今350ページくらいのところで、4分の1以上は読破したんだけどそれでも分厚い。分厚すぎて死ぬ...

もっとみる

シン・ニホンに生きるこども

安宅和人著「シン・ニホン」(2020年 株式会社ニューズピックス)を読みました。

※ 以下は、ルート分岐で、「こども」に当てはまる方への記事です。

ここで「こども」とは、単に年齢的な区分ではなく、始めて何かの分野を学んでいる、学ぼうとしている人のことです。

まず結論を言うと、最初に学ぶ分野は計算機科学で、博士課程まで取るのが良いよ、というのが、シン・ニホンでのこどもの生き方です。

具体的に

もっとみる
スキありがとうございます!
8

誕生日パラドックスとコンピュータ・サイエンス(CS)

誕生日パラドックス

CSについて勉強しているのだが、MIT pressの Introduction to Algorithms (third edition) を130ページまで読み進めた。asymptotic notation のくだりが終わり、(asymptotic notationとは、すごく雑に言うと fn = Θ(gn) となっていれば fnはだいたいgnと等価(c1gn < gn <

もっとみる

SDGsと行動経済⑤(調査アンケート編)

吉田行動経済研究所調べ
(2020年9月資料-アンケート10日目)
「SDGsの調査研究に関するアンケート」について、
吉田式アンケートメソッドを使って、
アンケートを収集しています。
昨日はアンケート対象者が、
現在保有している自動車について、
アンケート結果を記事に記載させて頂きました。
そこから世界が動き出す「電気自動車のシェア」や
日本の立ち位置について書いています。
今回もSDGs調査の

もっとみる
ありがとうございます(^^)
1

私は国立大で情報工を学ぶ学生であるという話

皆さん初めまして。タイトルの通り、国立大学で情報工を学んでいる学部2年生です。身バレが怖いので大学名は出しませんが、中部の大学だということだけお伝えしておきます。

このタイトルを見たからには情報工について調べたいということですよね。初投稿なので自己紹介でもしようと思ったのですが、私の知っている範囲で伝えられることを書けたらなと思います。

まず、情報工とは何なのか。

情報学はコンピュータサイエ

もっとみる
今後ともよろしくお願いします。
7

連想しないゲームとプライミング効果

「連想しないゲーム」という物を作って遊んだことがある。4人くらい必要。前のワードから連想できないものを言い合い、過半数がOKを出せば「連想していない」として次に進む。

めんたいこ→ピューリタン→圧力なべ→死者蘇生→ポリプロピレン→...

みたいな感じである。

大体の人は「思ったより難しい」と言う。

これは想起(思い出すこと)の構造が影響している。脳はAという刺激を受け取った時、Aの周りの情

もっとみる
すこってくれてありがとうな!!これからもがんばるよ!
3

夕べ寝てないけど何とか今日一日を無事に過ごすことが出来た。ネットで情報交換して自分に足りないのは力学系の知識だという事もわかったし、いつの間にか椅子に座ったまま転寝をして少し頭がすっきりした。でも今日はプログラミングはお休み。昨日あれだけやって疲れているので眠れた日にするべきだ。

読書日記

プログラムなんか始めたので本を読む気が起きない。夕べそんなに寝てないのに眠くならないのは、数学モードに入っているからだろうか。ただ合わない計算をめくらめっぽういじっていても正しい答えは出てこない。検算したくてもsagemathが思うように動かせない。自前のプログラムもうまく動かない。で、気分を変えようと代数の本を読み始める。最初は代数曲線の初等的な英語の本を読もうとしていた。しかし前書きに代数の基

もっとみる

ミライの計算機

ドイツに住む友人が、1枚の写真を送ってくれた。

これがなんだかわかるだろうか?

これは、お肉屋さんの計量器である。

一番上の左から右への目盛りは、お肉のグラム数。グラム数によって、縦の棒が右に動く。縦の棒には1キロあたりの価格が書いてあって、重さによっていくらになるかが計算できる仕組みだ。(ちなみに単位はマルク、ユーロ通貨が適用される前のドイツの肉屋で使われていた計量器らしい。)

これを見

もっとみる
どうもありがとうございます。とてもうれしいです。
7

10分で分かるゲーデルの不完全性定理 ~ いまさら聞けないコンピュータサイエンス【連載第1話】

「我々は知らねばならず、そして知るであろう」

ドイツが生んだ大数学者であり、「現代数学の父」と呼ばれた天才ダフィット・ヒルベルトは、このスローガンをかかげて世界の数学者を激励しました。

ドイツが第一次世界大戦とベルサイユ条約による打撃から回復し、ヨーロッパにナチスの足音が聞こえ始めた1930年(昭和5年)に、すでに晩年にあったヒルベルトによるこのスローガンから、コンピュータサイエンスの壮大なド

もっとみる
「婆さん、どうすればシェアできるじゃ?」「ほらボタンがあろうに」ポチ
58