「ザッポス以来の衝撃」チャネルトークに出会って1年。「チャネルトーク」の経験価値を考えてみた。

タイトルの「ザッポス以来の衝撃」と言うのは、チャネルトークayaさん、柿崎さんの初めての商談で受けた衝撃です🔥

もちろん、商談後のお礼メールでも書きました📧

「今日はありがとうございました!ザッポス以来の衝撃でした!」

ザッポス...それはCS界隈の方でしたら認知率95%超の靴のECを運営する会社です👠

僕はザッポスに強く影響を受けています。

「ザッポス伝説」という本でザッポスの本

もっとみる

コールセンターの朝礼について

コールセンターでマネジメントをしています。本日は、ツイッターで朝礼に関するつぶやきを拝見し、インスパイアされたので書きたいと思います。

コールセンターのよくある朝礼風景

コールセンターに限らずだと思いますが、始業前に朝礼を行うことが一般的です。よくあるパターンですが、当番のスーパーバイザーが挨拶と周知事項の伝達を行います。センターによっては、その前後に声出しとして社訓的なものを唱和したりするこ

もっとみる
読んでいただき感謝です!嬉しいです!
4

無い方がいい情報

コールセンターでマネジメントをしています。

プライベートでの話ですが、A社に行く用事があり、ホームページで場所を調べたところ、そこはX駅から徒歩10分ほどの場所でした。X駅はあまり大きな駅ではありませんが、聞いたことはある駅でした。

私は場所を調べるときに、スマホもあるし、だいたいどの辺りかを把握しておけば、なんとかなるだろうと油断して、しょっちゅう迷子になるのですが、今回も同じようなことが起

もっとみる
読んでいただき感謝です!嬉しいです!
2

カスタマーサクセスの魅力は、顧客に最も近く、最もプロダクトの成長に貢献できること。魅力について僕なりに語ってみる

カスタマーサクセスに本気で取り組み初めて、ほぼ2年が経ちます。

サービスのCSとしてはもう少し長くやっていますが、スイッチが入ったのが2年前くらいで、カスタマーサクセスで暫くやっていこう(キャリア形成していこう)と決めた時期でもありますね。

きっかけは完全にこの本。

今では、2年前よりさらにカスタマーサクセスに携わっていることが楽しくて、もはや仕事というか、良い意味で遊びやゲームやっている感

もっとみる

知られざるチャネルトークのCRM機能(連絡先管理)の活用ノウハウを大公開💡

こんにちは!
推薦SNSのParameというサービスを運営している会社代表の岡野です。

チャネルトーク サマーアドベントカレンダー20201日目ということで緊張して筆を取っています。"熱狂的ファンを作るCSチャット「チャネルトーク」"の熱狂的なファンの1人である私ですが、この後に続く皆さんがチャネルトークの色んな観点から記事を書いてくれると思いますので、僕は日々便利だと思っているちょっとニッチな

もっとみる

仕事が多すぎて不安になった時の対処法

コールセンターでマネジメントをしています。仕事をしていると、なぜか今日はやたらと忙しいという日があります。

現場にいるマネージャーやスーパーバイザーは暇になるタイミングはないまでも、それなりに余裕があるという日もあれば、今日は本当に忙しくてヤバいぞという日があると思います。

ヤバい状態になったときに、ランナーズハイのように勢いが出る時もあれば、とても不安でどうしようもない気持ちになってしまう時

もっとみる
読んでいただき感謝です!嬉しいです!
3

7/4 デッキィcs 2位 アナカラーデッドダムド

こんにちは、新潟で活動しているべっちと申します。

今回は自分が7月4日にデッキィCSで使用した新環境対応のアナカラーデッドダムドの紹介になります。

新殿堂で環境に来るデッキとしてアナカラーデッドダムド(以下アナダムド)は予想してましたでしょうか?

アナダムドというデッキタイプはビート対面には強く出れ、VV8殿堂前はコントロール対面にも強く出れてとても器用なのが特徴的ですが、ループソリティア系

もっとみる

「オペレーターの10分休憩」を考える

コールセンターでマネジメントをしています。今回はコールセンターのオペレーターの休憩時間について書きます。

オペレーターの休憩時間は各センターによって様々ですが、7~8時間労働の場合、よくあるパターンは「昼休み60分(無給)+10分休憩(有給)2回」だと思います。10分休憩とは、その名の通り10分間の小休憩です。これを午前と午後に1回づつ取ります。※15分の場合もあります。

勤務時間が4時間など

もっとみる
読んでいただき感謝です!嬉しいです!
4

40歳目前ゲームCSマネジャーが、CXサービスプロデューサーと営業に挑み始めた話

こんにちは!株式会社ポンテムのサービスプロデューサー兼営業の中西です。

当社はサムザップのCS部門が2018年に事業化した会社で、CX(カスタマエクスペリエンス)事業を行っています。国際基準のサービス格付評価でお問い合わせ対応品質(メール部門)にて最高評価の3つ星も獲得しています。
今回はそんなポンテムでの事業作りにかける想いを綴りたいと思います。

【CX会社設立の背景】CXはサービスの運用力

もっとみる
スキありがとうございます!
25

「信用の残高」を考える

コールセンターでマネジメントをしています。私には部下もいますが、上司もいます。私の上司はセンター内であまり信用がないため、人を巻き込んだ仕事がなかなかうまくいきません。信用の残高がほとんどないです。

今回は信用の残高について書きます。

信用の残高とは

たとえば金銭の残高があるといえば、お金がある状態です。お金があると、モノを買うことができます。

信用の残高があるとは、人からの信用がある状態

もっとみる
読んでいただき感謝です!嬉しいです!
1