なぜ、漫才は面白いのか。/パンクブーブーさんの漫才「万引き」から 〜続き。

皆さんこんにちは。たじーです。
前回の記事の続きです。

前回は、社会言語学の概要と実際の漫才のテキストをご紹介し、漫才の面白さを言語学的に分析すると…?という問いを残し、書き終えていました。
今回は、その答え合わせと解説をしていこうと思います。

まず、前回ご紹介した漫才には、一貫してある笑いの″仕掛け″が存在しました。
おそらく、お気付きの方も多いと思います。
それらの例を、いくつか抜粋してみ

もっとみる

言語学はおもしろい

「言語学」って,どんなイメージがありますか?

 難しそう…日常生活とは関係ない…趣味の世界…理屈っぽい…

 などなど,あまりいいイメージがない人も多いかもしれません。言語を専門としている人でも「理屈っぽくて,小難しい学問」というイメージがあるかもしれません。

 たしかに,言語学は理系寄りの学問であることは事実です。しかし,日常で使っていることばに関するちょっとした疑問を紐解くことを可能にする

もっとみる
ありがとうございます!他の記事もぜひ!!
1

なぜ、漫才は面白いのか。/パンクブーブーさんの漫才「万引き」から

皆さんこんにちは。たじーです。
今日もまた、言葉の海を泳いでいきます。

今回は、漫才と社会言語学の話。
これ、ほんっとに面白いんですよ。

私は学生時代、言語学を専攻していました。"ことば"のことをもっともっと真相深く学びたいと思っていたからです。ことばってば、本当に奥が深いんです。

実際に、言語の歴史や構造、音や意味など、沢山の分野に触れることができたのですが、その中でも印象に残っているのが

もっとみる

バイリンガル教育に関して、親がよく抱く六つの疑問

今回は、誰かの研究そのものではなくて、研究のまとめ的な論文を読んで、面白かったので、まとめておきます。バイリンガル教育に関して、親がよく抱く六つの疑問について答えた論文です。

六つの疑問に映る前に、まず、バイリンガルとは何かですが、子供でも大人でも二つの言語を話す能力や人の事を言います。幼少期からバイリンガルであることを同時性バイリンガリズム(simultaneous bilingualism)

もっとみる
励みになります!ありがとうございます!
5

ハワイの新年と星の関係

MakaliʻiはMakaが目でLiʻiが小さい、そして、日本でいうスバル星団(pleiades)です。マカリイはホクレアからの3代目カヌーです。

もう少しして、このMakaliʻiが東の空に上がって来たら、ハワイのMakahikiシーズンが始まり、ハワイの新年となります。Makaliʻiは初代ナビゲーターの名前でもあるそうです。明けましておめでとうのHauʻoli makahiki houで知

もっとみる

人文科学基礎演習B/教養演習F(第6回)

1. 文献メモの見直し

宿題として,自分たちの調査に関わる文献を読み,簡単なメモにして来ましょうというのを課していました。ひとまず,書誌情報,キーワード,節構成,内容のまとめという4要素を入れるよう伝えたつもりだったんですが,しっかり明文化しないといけませんね。質はさまざまありました。まあこの後のレポートで取り返してくれればいいと思います。

ちなみに採点基準はおおよそ以下のとおり。

2. グ

もっとみる
にふぇーでーびる!(ウチナーグチ)
1

コード・トーカーの逆説(code-talker paradox)

こんにちはKiBnoです。私は大学の教育学部で勉強しているのですが、最近趣味で言語学を勉強しているので、これから時々そのアウトプットとして、noteで発信していけたらと思います。
何分素人なので、間違いや最新の情報があれば遠慮なくコメント等で教えてください。

コード・トーカーの逆説

初回の今回は、私が言語学を勉強しようと思ったきっかけの一つである、コード・トーカーの逆説(code-talker

もっとみる
ありがとうございます!
1

言語接触ことはじめ①

はじめに

こんにちは、かっぱちゃんです。

前回の記事(ためにならない屈折語の話)では、例えば、屈折語であるはずの英語がその屈折的特徴を失っていき、前置詞を使用したり語順を固定化したりといった歴史的な文法上の変化を起こしたという話などをしました。覚えておいででしょうか。

英語の歴史をみていくと、語彙にはじまり、音韻や文法に関する本当に多種多様な言語変化があることを皆さんは知ることになるでしょう

もっとみる

意味がわからない・・・・!ユニークな歌詞のプレイリスト|TRACK SOUP PLAYLIST

歌詞が持つ意味やメッセージによって人を勇気づけ、愛される音楽がある。その一方で、意味がさっぱりわからないユニークな歌詞で、人の好奇心をくすぐり、魂を震わせる音楽も、この世には存在する。

ユニークな歌詞といえば、例えば数年前に流行した、ピコ太郎の「PPAP」の『ペンパイナッポーアッポーペン』のように、珍奇な語感が面白いものを、まず思いつくが、それだけではない。ミニマルでタイトな言語表現がオシャレな

もっとみる
ロックンロール!
10