言葉の企画2019

Less is more.

「あなたは、
 あなたが伝えたいと思っている情報を
 全部伝えようとしている。」

と指摘された。つい最近のこと。
きっかけは、私の説明が長くて
回りくどいことからだった。

「あなたの伝えたいことと、
 相手が知りたい情報は違う。
 もっと要点を搾って
 短く分かりやすく話さないと。」

「全てを話そうとしなくていいの。」

加えてこの言葉を言われたとき
ある言葉を思い出した。

「Less i

もっとみる
幸せもらいました!
2

自分と向き合うきっかけのこと。

みなさんは自分のこれからのことを考えたことはありますか?

* * *

私は昨年、 #言葉の企画 という講座に通いました。
ちょうど5月の初め頃、最初の課題と格闘していた気がします。懐かしいな。

そんな言葉の企画2019の初回。
テーマは「自己紹介の企画」。

伝えるのではなく「伝わる」ように、
あなたの自己紹介を1枚のスライドにまとめてください。
まとめ方は自由です。
ただその中に「企画

もっとみる
ありがとうございます!ラブ!
37

「嫌い」なことば は 「大事」なことば

「ことば」をかんがえる vol.03

愛してるの反対は無関心。好きと嫌いは紙一重。

これは、ことばもそうだなと思う。
「嫌い」は、実はめちゃくちゃ気になっているということだ。そして、人に言われて嫌だったことばは、好きなことばと同じくらいよく覚えている。

社会課題にアプローチするクリエイティブが得意な、辻愛沙子さんの講演で、"クリエイティブの種をどこで見つけるのか"を質問をしたことがある。「日

もっとみる
読んでくれてありがとうございます😊
7

「好きなことば」はキャラクターを語る

「ことば」をかんがえる vol.02

あなたの「大切にしていることば」「好きなことば」を教えてください。

そう聞くと十人十色のことばが返ってくる。
人それぞれの人生の中で出会ったことば。
そして、何万、何十万のことばのうちから、ピックアップして、覚えて、大事にしている。

「好きなことば」を聞くと、その人のキャラクターが見える気がする。

「情熱は、伝染する。」が好きな人。
”ふむふむなんだか

もっとみる
やった〜✨
10

「ことば」ってなんだろう

「ことば」をかんがえる vol.01

ことばの日プロジェクトのみんなで、5月18日を「ことばの日」と制定した。ことばを大切にする日、ことばについてもっと考えてほしいって、世の中の人に言うからには、まず自分から、、、

「ことばの日」のキャッチコピーを考えたいなあと思って、ここ数ヶ月密かに自分の中で「ことばって何なのか?」を、ずっと考え続けている。

結論はまだわかっていないけれど、今のところ自分

もっとみる
ありがとうございます〜!!!
8

笑顔のために、これからもわくわくすることを。

10月5日(土)、「言葉の企画」最終回。
5月18日(土)、初回講義から、あっという間だったな。

あっという間だったけど、ぎゅっと濃くて、
こんなに充実した時間になるなんて、最初のころは想像してなかった。

言葉について学ぶのか、企画の考え方を学ぶのか
言葉の企画っていったい何なのか。
最初知ったときは、よくわからなかったんだけど…

応募者へ向けた阿部さんのお手紙。

言葉に対する強い気持ちが

もっとみる
やったー!
10

これからもよろしくお願いします。

5月から約半年間、
言葉の企画 という講座に通っていました。

私は普段、CMやMVを主に制作する映像制作会社に勤めています。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
時に1日の勤務時間が20時間を超えたり、
3日徹夜で撮影したり、
1ヶ月間オフィスの会議室で暮らしたり・・・
そんなことが起きてしまうくらいには多忙な仕事です。

そんな激務の中、月一回なら死ぬ気でやってやる…!と意を決してこ

もっとみる
ありがとうございます!ラブ!
18

「誰かの答えを生きない、自分の答えを生きてほしい」

みなさんに問い続けてきたことがあります。

伝えるではなく伝わるように書くこと。

「はい、これどうぞ」と次から次へと課題をさしだされる。

それを企画する。
1回目から6回目まで気付いてほしかったこと。
それは「自分とはなにか」ということ――

コピーライターの阿部広太郎さんの最終講義がはじまりました。

2019年10月5日、横浜みなとみらいのBUKATSUDOにて「言葉の企画」の第6回目(最

もっとみる
メシ〜!!
29

記念日はつくれる!5/18「ことばの日」制定の舞台裏 ~いつまでも続く記念日のはじまり!~

みなさん、こんにちは。
「言葉の企画2019」の企画生、立山紫野です。

「言葉の企画」は、コピーライターの阿部広太郎さんが主宰の「企画でメシを食っていく」講座スピンオフです。全6回・半年間開講され、先日の10月5日に最終回を迎えました。

この講座から生まれた「ことばの日をつくろうプロジェクト(=以下、ことばの日PJ)」は、第1回目の課題「一生忘れられない経験を企画する」に対し、「言葉の企画」が

もっとみる
おにぎり食べましょう〜!
32

これからやりたいこと

『言葉の企画2019』の記念すべき、最後の課題が書けなかった。

書いては消して、書いては消して、結局締め切り15分前に追い込まれて無理矢理ひねり出して書いた。

100%納得行かないまま、締め切り時間12時ジャストにメールを送信した。

送ったあと、書けない自分が悔しくて、情けなくて、涙が止まらなかった。

だから最後の講義のとき、あの課題が1冊の本になったと知ったとき、2つの感情が一度にこみ上

もっとみる
ブログも見てね!
11