解く

病院を出てから葬式の話  お題「エチケット」(うぐいすの止まり木)

2020年3月8日(日)の投稿から。58人の会員が川柳345句を投稿しました。12人の会員が七七107句を投稿しました。
https://marusenryu.com/
https://nananana.jp/
LINE登録してね! @yes2126f

ナイス川柳

今日の一句
病院を出てから葬式の話 お題「エチケット」(うぐいすの止まり木)

いいね
ほっぺたを消毒、受ける孫のチュー お題「

もっとみる
ありがとう!よければ投稿もしてね!
8

「teppei's ~philosophy~」

カバー写真。2枚ですごく迷った。teppeiさんっぽいと思ったのがこれ。

最後まで迷った写真は最後に載せた。だから最後まで読んでほしい。

teppeiさんって、漢字にしたら、やっぱり「哲学」の「哲」なのかな。

哲兵、哲学の兵士、哲塀、哲学の御堀、哲幣、哲学の御幣、

哲閉、哲学を閉じる、哲併、哲学を併せ持つ、哲並、哲学を並べる、

哲病、哲学の病、哲平、平坦な哲学、フラットな哲学、哲平学。

もっとみる

「補色残像」

「補色残像」

科学や歴史が解き明かしてきた真実
その中にまだ隠れ潜んでいる秘密

一つ解くたびに 一つ見つかる
またひとつ まだもうひとつ
僕らの心はその問いかけに応える

正解も不正解もない世界で
いつも自由に生きられるとして
君を深く愛することに
僕は迷いなくいられるだろうか

胸を張れるほどの自信はない
でもきっと 何度でも
君に出会いたいと思う
その分だけ強くなれると信じたい

残像が強

もっとみる

つぶやきポエム14

2019/08/20 20:54

この世界に言葉がなかったら
今日何をしていただろう

僕は迷わず貴女を抱いたのかな

触れて 強く 抱き締めて
ひとつになろうとしたのかな

言葉の距離感は難しい
心の距離感は見えないから

言葉のない世界だったなら
なりふり構わずいられたのかな

Honoka Shizuku.
#詩 #つぶやき #言葉 #ポエム #ひとりごと #心 #自由詩 #ことば #世

もっとみる

複雑だなぁって感じるの
胸がいっぱいになるの

好きとか 欲しいとか
触れたいとか 疼いたりとか

もう何回も 何個も 何度も
何人も 何枚も 折り重なってる

解けないよ 解いたら 好きだよ 欲しいよ
触れたいよ 疼くよ 今日もまた

誰かに あなた達に

*ほのか しずく*

不思議がいっぱい

「なんだかここちのよいもの」や「なんだかいごこちがわるいもの」の正体を解き明かすのがとても楽しい。

飲み会の席で不意に言われたことにムキになったりして、帰り道も帰った後も、布団に入ってからいつの間にか眠りにつくまでずっとそのことについて考えていることがある。

僕はどうしてあんなにかたくなになったんだろう。どうして今もこんなにモヤモヤするのだろう。

その謎をわかりたくてわかりたくてたまらないの

もっとみる
スタイリッシュに気持ちを伝える。略してスキ。
4

もうイライラしない☆絡まったネックレスの簡単な解き方♪♪

みなさんこんにちは♪♪

響子と申します^ - ^☆☆

仕事柄職場でネックレスを外す事が多いのですが
毎回びっくりするほどチェーンが絡み合ってしまいます。

そして解こうとすると余計絡まってしまいますヽ( ̄д ̄;)ノ。。呆

『つまようじ2本を使って徐々に解いていく』

この方法は結構知られていますよね♪

詳しくはこちら↓
https://kurashinista.jp/articles/de

もっとみる

言葉の呪詛

スピリチュアルの仕事をするようになって、気付いたことがある。それは、ほとんどの人間は、言葉の呪詛にかかっている、ということ。

母さんのお腹の中で聴いていた外界の言葉。
赤ちゃんの頃に聴いていた周囲の言葉。
幼少期に家庭内で交わされる言葉。
学生時代に交流し始めた周囲の言葉。
社会に出て仕事をし始めて交わされる言葉。
友人や知人たちと趣味を介して交わされる言葉。

人は口にするコト(言)で出来てい

もっとみる
スキをいただきましてありがとうございます(^^)
4

連載『数学はなぜ嫌われるか』 4章「すべての問題は文章問題」

よく、こんなことを言う人がいるよな。
「計算問題は得意だけど、文章問題は苦手」
けどよ、あんたの言う「計算問題」って、つまりはどんな問題だ?
その問題を、ここで出してみてくれ。
さあ、どうだろうか。
あんたは言うかも知れねえ。たとえば、

1+1

これが計算問題に決まってるだろ、ってな。
つまり、問題にゃただ「式」だけ書いてあって、その「式」を「計算」して「答え」を出させるのが計算問題。
式以外

もっとみる

問題と人との幸福な関係。

「これ、なあんだ?」

と、ちいさな子どもがお母さんに問題を出している。
お母さんが答えると、子どもはけらけらと笑いながら、次の問題を出そうとする。

児童館にいると、そんなやり取りをよく見る。
問題と人とが仲良く遊んでいるみたいな光景。

でも、それはちいさい時だけのこと。
そう思っていたのだけれど、似た光景が中高生の学習会で繰り広げられて、かなり驚いた。

おとといと昨日は、ハロウィンというこ

もっとみる