色彩心理

配色の先生は自然の中にいる

配色の本などもこれまで紹介してきましたが、配色に関して言えば、理論や科学的な視点はやや少なめ。色彩心理とは少し違いますね。

配色の先生は自然界にたくさんいらっしゃいます。

そう、人類が絶やすことなく継承し続けてきたし自然の色、植物たちの配色に対しては、何の違和感もなく、受け入れることが出来ますよね。だから、見るだけで配色の勉強になります。そこここでお手本を見せてくれる先生です。

今は便利なア

もっとみる
ありがとうございます(^^♪

あなたが見ている色は何色?

例えば今日の1日を振り返ってみてください・・・

何色が思い浮かびましたか?

のんびりと穏やかな1日を過ごしていたら、きっとこの瞬間に目に入った色を答えるでしょう。

何か気になることや悩み事がある場合は、たぶん何色かが出てきたのではないでしょうか。

その色は何色でしたか?その色はたぶんあなたの今を表す色。

なぜこの色なんだろう?って思うときもっと自分の気持ちがこの色をどう感じるか向き合って

もっとみる
励みになります(^^♪
7

11/29(日)癒しマルシェでお会いしましょう

皆さんはHSPをご存知ですか?
そう質問された時、どのようにお答えになりますか??

HSP(Highly Sensitive Person:ハイリー・センシティブ・パーソン)
その頭文字を取って「エイチエスピー」と呼ばれています。
ネット上の情報や書籍では
「敏感で繊細な人たち」「繊細さん」等と表現され、
メディアで取り上げられことで認知が広がり。
YouTubeでも著名人によって動画解説をされ

もっとみる

好きな色嫌いな色の性格診断テスト

2003年発行のこの本はアメリカ人のカラーコンサルタント、フェイバービレンの著書を佐藤邦夫先生が訳されたものです。

私なんかが生まれるずっとずっと前1934年頃からカラーコンサルタントとして活躍した彼の著書ですが、正直、私にとっては首を傾げる内容ばかりです。

時代背景、社会情勢も違うので、2020年に読み返すとするなら、すべて同意できないのは至極当然ですが😅

色々な見方があるので、完全一致

もっとみる
ありがとうございます(^^♪
4

企業研修はコロナで変わる!

今まで、「色彩心理の講座、要らないよ」って、言っていた企業や自治体職員の皆様、世界はコロナで変わりました。価値観も変わります。

多くの人が、もっと、大事にしなきゃいけないものに気づき始めています。

色は世界を救う!世界を平和にする!万能なツールなんです!

いい加減気が付いて、きっと、あなたのビジネスも変わるから。オリンピックやるより、色彩心理の研修や、教育事業に予算かけましょうよ。

色は電

もっとみる
ありがとうございます(^^♪
4

色の明度で影響を与えている!?

こんにちは!カウンセラーの柏木です!

町中の中を見回すと色がたくさんありますよね

反対に色がない場所はないといっても過言ではないですよね。

色はただ使われているのではなく心理的影響を与えています。

色の使い方によって

「心地よさ」「イメージ」「区別」「象徴」

などを表すことができます。

これらを統合して心理的な影響などを与えていきます

色を上手く使うことによって人や自分の感情を動か

もっとみる

色彩のデザイン 松田 豊著 1995年

色彩の仕事をするなら、この本は必ず読むように!と20代のころ、色彩学会の大先輩に言われました。これを読まないと講義に出れないとか。。

確かに多岐にわたり色彩に関して書いてあります。デザイン、アパレル、インテイリア、配色、流行色、感情と効果などなど。

見事に??オール白黒です。

1990年代までは色彩に関する本はほぼ男性が書き、カラーページは僅かまたは無し。

学術的で難しい分野と思えるような

もっとみる
ありがとうございます(^^♪
4

脳科学から自分の強みを知る~脳診断と色彩心理活用法~

講座開催します~~オンラインです。詳細は以下です。ご参加お待ちしています。

脳科学から自分の強みを知る。
しなやかに生きるための脳診断と色彩心理活用法
悩みを解決する時あなたはどうしてますか。
心理学的に「人はいきなり変化すること」はできないんです。
とはいえ毎日を楽しくしなやかに生きていきたいですよね。
自分を無理やり変えようとせず、まずは
客観的に自分を知りませんか。

脳診断と色彩心理で客

もっとみる
ありがとうございます(^^♪
8

ファーストフード店の内装が赤だった理由。カラーコーディネート、色彩心理、カラーセラピー、パーソナルカラー全部ひっくるめた色の話。【インテリア編】

前回から、カラーコーディネート、色彩心理学、オーラソーマカラーセラピー、パーソナルカラーを全部ひっくるめて、色の効果を解説してみようという自分の知識の備忘録を兼ねたチャレンジをしています。

前回は、基本編と題して、色そのもののイメージや意味、心理的効果をお届けしました。

今回からは実践編として、ファッションやインテリアなどに色の効果を取り入れる方法をお話してみたいと思います。

今回はインテリ

もっとみる
スキな動物はネコです♡
1