【4日目-① ハットゥサ】天は赤い河のほとり ゆかりの地を訪ねて 2020

こんにちは。マティーニです。
聖地巡礼4日目は、大本命のハットゥサです。

今回の記事では、ハットゥサへの行き方の紹介や、私が利用した旅行代理店についてお話しできればなと思います。

まずはハットゥサへ訪れる方法を紹介します。
ハットゥサの最寄りはボアズカレという村です。完全に個人で行く場合はまずボアズカレにたどり着く必要があります。

①現地の交通機関を利用【難易度:高】

【メリット】圧倒的に

もっとみる

私の無計画旅行の内容がひどい件

どうも。ちょこひぐです。

この時期に、旅行という題材を扱うのもどうなのかと思ってしまいますが、過去の話ということで、お許しください。(笑)

私は一人暮らしを5年前からやっています。

一人暮らしを始めてから、私は旅行といえば無計画旅行をよくやっています。

もともと、計画を立てるのが苦手というか嫌いなんですね。

でも、旅行はやりたかった。

旅行というと、どうしても計画を立てていくものだ、と

もっとみる
励みになります!!
4

沖縄聖地巡礼の旅

ステイホームから、気づけば夏。
気分転換に旅行へ行きたくなった皆さん、ぜひ沖縄本島への旅はいかがですか?

通常なら7〜8月はハイシーズンで、どこも観光客で溢れている時期ですが、今年は島全体的に人が少なめでとても観光しやすいと思います。

私は沖縄県南部を中心に、プライベートな沖縄聖地ガイドをしています。

ステイホームで、ガイドの仕事もしばらくお休み中でしたが、また再開します。

行く先はその日

もっとみる

【漫画 テンジュの国】18世紀のチベットに想いを寄せて

わたしは聖地巡礼というものが大好きです。

二次元と三次元の境目が溶ける、まるでその漫画やアニメの世界に入り込んだような魅力的な体験。

高校生の頃読んだ篠原千絵先生の「天は赤い河のほとり」に憧れ、古代ヒッタイト帝国を感じるためトルコに2度渡航しました。ドイツではペルガモン博物館でイシュタルの門を見て感動に震えました。

進撃の巨人が大好きでドイツのネルトリンゲンにも行きましたし(一番好きなのはハ

もっとみる
ラフマト!(🇺🇿語で、ありがとう!)
14

「ゆるキャン△」に夢中なアラサー女

私が2020年1月〜3月までヤドカリしていた山梨・峡南地域の身延町(みのぶちょう)は、あることで有名になりました。
それは、キャンプ好き女子高生を描く漫画「ゆるキャン△」の大ヒット。

山梨県周辺を舞台に[3]、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力と[4]、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く。(wikipediaより)

マイ

もっとみる
花束をあなたに!
13

「ヤマノススメ」聖地巡礼!天覧山編

TVアニメ「ヤマノススメ」の聖地である、埼玉県飯能市へ行ってきました!!

この梅雨の時期なので天気があまり良くなかったのですが、一日中歩き回りながらいろんなスポットを巡りました。

今回はヤマノススメの中でも、あおいとひなたが山登りを始めるきっかけになった「天覧山」を紹介します!

天覧山の麓から頂上まで

天覧山は標高195mの山で、ヤマノススメの最初の方であおいとひなたが山登りを始めるきっか

もっとみる

【3日目 カッパドキア】天は赤い河のほとり ゆかりの地を訪ねて 2020

こんにちは。マティーニです。
聖地巡礼3日目のメインは、マラシャンティア(赤い河)です。

本当は早朝に気球ツアーを予定していたのですが、強風のため中止になりました。冬は強風や悪天候により催行率が2割以下です。確実に気球に乗りたい方は夏〜秋ごろを狙うといいと思います。
(しかし、シーズンになればなるほど料金も跳ね上がります。私が申し込んだオフシーズンで1万8000円、バケーションの時期は相場が3万

もっとみる

【2日目-② カッパドキア】天は赤い河のほとり ゆかりの地を訪ねて 2020

こんにちは。マティーニです。
今回はカッパドキアでの乗馬アクティビティについて記します。ようやく聖地巡礼開始です。

ローズバレーサンセット乗馬ツアー、夕日に色づくローズバレーを楽しむ2時間の乗馬体験に申込みました。ホテルまでの送迎付きで5,000円です。カッパドキアはペルシャ語で「美しい馬の土地」という意味で、おとなしく美しい毛並みの馬がたくさんいます。カッパドキアといえば、気球や4輪バギーなど

もっとみる