直感と星

それぞれが繋がってる星や高次の存在は違うから、

それぞれに降りてくる直感も違うことだってある。
 
自分に降りてくるものと、
他人に降りてくる内容が違っていい。

自分に必要なことが、自分に降りてくる。

人の繋がってる内容をジャッジして、正しいかどうか考えなくていい。

自分に降りてきた内容が、人に降りてきた内容と違うからって、不安にならなくていい。

答えは自分自身に聞いて。

そうだって思

もっとみる
嬉しいです💕
2

8月8日の奇跡

8月なので、何年か前のライオンズゲートの日を思い出しました。

8月8日はライオンズゲートの日で、地球に宇宙からのエネルギーが強く流れ込んでくるのだそうです。

その時私はそんなことも知らなくてあとでわかったことですが、不思議なことがありました。

その日は仕事で、朝職場についていつものように掃除をしていました。

急に、上から声が聞こえました。

男性のような、しっかりとした強い声。

「会いに

もっとみる
merci beaucoup✨
1

幸せ

幸いだったのは
あの日を境にあなたとスッパリ別れた事でしょう。
幸いだったのは
その後一切連絡を取る事もなく、
再び会う事も無かった事でしょう。
一番幸いだったのは
あなたの死をつい最近まで知らなかった事でしょう。
有り難かったのは
あなたの最期なんて予想もできなかったし
今だって実感できない事でしょう。
忘れた頃に
忘れたと思っていたのにある日ふと想い出す。
今になって時々自分に呆れ果てる。

もっとみる

心を味方につける3つのコツ

自分より他人を優先する事が正しい。物心ついた時には、正しい道を歩もうと生きていた私。

大人になればなるほど生きづらさを感じるようになりました。

25歳の8月、母が急死、栄養士の仕事も行き詰まり、鬱で入院。

なんで私ばっかりこんな目に?!何か原因があるはず!と、心の仕組みを沢山勉強したら、謎が解け、少しずつ、生きづらさから解放され、自分らしく人生を楽しめるようになりました。

あれから11年、

もっとみる
嬉しいです!!!
9

よくわからないものに飛び込んでみる

今日は太陽が燦々と照ってる時間に外に出ました。

空は綺麗な水色で、雲はもくもくと白くて、これが夏空だな、といった感じ。

暑いの苦手だったけど、意外と夏っていいな。

よくわからないけど自分を突き動かすものがあります。

今日外に出ようと思ったタイミングもそんな感覚です。

大きくても、小さくても、自分の感覚に従うと面白いことがあります。

お洋服を作り始める何年か前、グループコンサルというもの

もっとみる
merci beaucoup✨
3

地球は感情の星!

地球は感情の星。

宇宙で一番、最高ランクに感情を味わえる星。

だから。

感情があるってことは、宇宙イチのギフト!

宇宙最高レベルの宝物って事!!

感情に振り回され、翻弄され、悩まされて、シンドイって感じる事もあるかもしれない。

でも、それも、地球に生まれて。

【今ここ】

地球上で生きているからこその醍醐味!

感情が行動を起こす。
モノを作るモチベーションになる。

感情は、創作の

もっとみる
ありがとうございます😊
4

〝愛情たっぷり風〟に抱き締めてきたとしても、それは〝たっぷり風〟と私は必ず見抜ける。 けれども東大卒さんは見抜けないと言う。

(ある東大卒さんの話)

ある東大卒さんは芸術性が薄いので勉学で理解しているんだと思った。理解してる事は同じなのに辿り着く道順が異なっていて、辿り着いた先の性質も少し違う。

私はどんなに相手が愛情たっぷり風に抱き締めてきたとしても、それは〝たっぷり風〟と必ず見抜ける。
けれども東大卒さんは見抜けないと言う。
それは言葉や態度や行動が好意的なものであれば見抜けないと言うのだ。演技も然り。愛情めちゃ

もっとみる

論理と直感。個性ってなんだろう。

昨日見かけて気になったTwitter。

文章は分かりやすいほうがいいけど、没個性は嫌だなぁ。私も「分かりやすい人」には憧れない。

このツイートを読んで、以前、グラフィックデザイナーの永井一正さんが「絵が上手くならないように気を付けている。上手くなるとつまらない絵になるから」とお話されていたことを思い出しました。

何かの講演会だったと思う。
当時、80代(今は90代!)の巨匠。個性を追求し続け

もっとみる
励みになります♡ ありがとう!
11

書くことの自由

記念すべき1本目。「なぜここに書くのか」について。

結論から言うと、ここが「書くことに対して自由な場」だから。

今まで、文章を書くのは嫌いではなかった。小学校のころから日記を書いたり、物語を作ったり、高校や大学でも、自分の考えや思ったこと、ある情報に関することを書くのが、嫌いではなかった。

しかし、大学でのレポート、研究発表の資料、会社で作成する文書などに書く、文章作成は微塵もおもしろくない

もっとみる

瞬発力がディフェンスを突破する

もっと直感や感覚で生きたい。
感性をさらけ出して生きてみたい。
ある時からよくそんなことを思う。

自分はどこか計算というか、
放っておくと知識を利用してしまう癖がある。
より良く、より良くを考えてしまうから、
おかげで勉強は趣味のようになった。
(やりたい時にやっている程度ですが)
何をする時、話すときでも、
理論が理解できていないと嫌で、
下の表現が正しいかわからないが、
「左脳で動くタイプ」

もっとみる