酸菜と時間感覚を食で感じること

ひと玉100円で白菜を何故かこの時期にゲットしたので酸菜を作った。白菜って冬だったよね。
酸菜というのは中国?の家庭的な料理の一つらしい。言ってみればザワークラウト白菜バージョンだと思う。必要なものは白菜と塩のみ。洗い物も包丁とまな板のみ。
気軽にできる発酵食品としておススメ。​

作り方

白菜を3センチほどにざくざく切ってどんどん袋の中に入れていく。
ポイントは袋をぱんぱんにしてしまわないこと

もっとみる
おなかすいてる?
8

悲しい酒と幼子

幼子には歌謡曲な一席。

ゴリラ(妹)に、子ゴリラが産まれて我が家が湧きました、皐月のこと。

なぜか1週間ほど、ゴリラのお家にて家事手伝いをすることになりまして、住み込み家政婦をしております。

ちび助はむちむち、すべすべで愛おしく、泣き出す寸前で抱き上げまして子守唄をば。

「一人酒場で飲む酒は、別れ涙の味がする」

なんて感じで、きちんとしゃくりまで使いつつ、赤子に渾身の歌謡曲を唄いあげます

もっとみる

白菜は英語で?

海外移住あるある。

日本で当たり前に食べてた物が食べられず、
悲しい。

オーストラリアは今、冬。
先日スーパーで白菜を発見!しかも安い!

とっても大きくて美味しそうな白菜。
喜ぶ私を見て笑う彼。

Aki's happy plantと命名(笑)

オーストラリアでも売られてる白菜ですが、手に入るかは場所によります。そして基本的に高い。

でも冬は鍋したい! 鍋には白菜だ!
だから嬉しいです。

もっとみる
読んで頂いて嬉しいです!
5
いつもありがとです
46

毎日

引き続き画像を整理しながら、大根おろしのみをおかずに食べていた画像が出てきました、、、、2019年の11月です、

冬野菜が美味しい時、根菜類が安かったのかな、安いと言うことはそれだけ旬で美味しいと言う事、、、四季の恵みに感謝しかない!マジ話、だって季節外れの野菜って高いんだもん!この前立派な白菜がひと玉六百円だったんだから!と驚いていた、、、農家の皆さん御免なさい、、、

ひと玉98円とか78円

もっとみる
あげげみざわ。

毎日

溜め込んだ画像を整理整頓しながら、御料理投稿、

御料理投稿はインスタでは人気がないのかしらん、誰でも出来る、からでしょうね、が、千差万別の世界、その人の私生活が出る、末恐ろしい世界です。

白菜と豚バラの煮込み、

ポン酢で頂く、事が多いけれど、もう下味でだしの素とかが入っているし、色々入れ過ぎると塩辛く、、、なので、私は香辛料を振りかけて食べます!、

唐辛子系を入れると、ありきたりな味になり

もっとみる
好きしてくれたかとて好き返しは求めないでね。

ずぶ濡れと白菜の冷たいそうめん。

しっかりと降った雨は、道の至る所に小さな小さな川を作っていた。

駅前の高いビルは霞んで上の方は見えなくもなっていた。

ぐずついた天気。というより、落ち込んだ天気。といった感じ。

あの霞の中はどんな景色が広がっているんだろう。。。

広がるどころかふさがっているのかな。

そんなことを考えながら会社に向かう。

いつもと同じように自席につき。いつもと同じ作業を繰り返す。

コーヒーを飲みながら

もっとみる
ありがとうございます。利き手は右です。
4

白菜と玉ねぎの親子丼

材料
鶏肉  300グラムが2枚
白菜    3枚
玉ねぎ   半分
しょうゆ   50cc
みりん   100cc
カツオ出汁 (顆粒か粉末) 大さじ1
水     900cc

1.白菜を1cm幅に切る

2.玉ねぎも1cm幅に切る

3.鶏肉を一口サイズに切る

4.鍋に水と野菜を入れて炊く(たく)

5.鍋が沸騰したら鶏肉を入れる

6.出汁(顆粒か粉末)、醤油、みりんを入れる

7.もう

もっとみる
ありがとうございます
3

ごはん記録

暑い…暑すぎる。
6月でへこたれてたら、夏本番はどうなるのだ。。夏バテか、鉄分不足か貧血ぎみに。どうしたらいいの?

さて、最近のご飯紹介しまーす

・鳥手羽元と白菜の塩煮込み
白菜が半額だったので。白菜料理の中でもかなり好きなこちら。
結構しょっぱいので、白菜を多めにするか、塩を減らすのがいいと思います。

・帆立と茄子椎茸人参の煮もの
ベビー帆立があればよく作る我が家の定番

・巷で話題の豚ひ

もっとみる

【 白菜 : 気血の巡りを良くし、胃腸の調子を整える 】

寒い冬の日、体を温める鍋は、私も大好きな献立のひとつです。
今日は鍋の食材の主力メンバー、白菜のご紹介です。

白菜は冬に採れる野菜ですが、涼性〜平性の性質を持ちます。
五味では甘に属するので、脾に入ります。
脾は、栄養の消化吸収といったところに働きかける臓器。
よって胃腸の消化を助け、便通を整えるはたらきがあります。
涼性で気血の巡りを整えるはたらきがありますので、食べ過ぎ傾向の『食積痰湿』タイ

もっとみる