モラハラを出していた云々②続編子どもたちにもどんな影響があったのですか!

モラハラを出していた云々②続編子どもたちにもどんな影響があったのですか!

アロハ🤙 威圧感を奥さんに出していた私の続編です! 意見を場に出す 奥さんが変わり始めたのを受けて あれから色々今まで通りには なかなか行かなくなりました。 会社を辞めたい!! 本当に会社が嫌なら辞めていいよ 洗濯とか何で俺がやらなきゃいかんだ! 強制はしていないよ、嫌ならやらなくてもいいよ はぁ、、、 それよりもあなたの本音は何? 本当の望みはなに? んー、、、 なんだろ? いや、誰かがやらないと、 家の中ぐちゃぐちゃになるじゃん だから、、

スキ
5
子どものために親ができること

子どものために親ができること

鬼滅の刃の映画を最後まで見てしまい、まんまと生活リズムを崩しましたdyです。 映画なんでみてないなら仕方ないよね⭐️で終わりますけど、映画館でがっつりみているんですよ笑 まあ、そんくらい名作だったということで良しとします。 実は昨日はもう一つイベントがありまして、 月一のサウナの日でした! 月末は、デトックスしてスッキリするということを決めています。 土曜日ということもあり、親子連れできていた人たちが多かった印象です。 そこで感じたことを今日書きます。 私がいつも行く温

スキ
2
☆リメイク記事☆オヤジだって子育て頑張ってるんだ!【パパはウルトラセブン】
+2

☆リメイク記事☆オヤジだって子育て頑張ってるんだ!【パパはウルトラセブン】

☆今回ご紹介する絵本☆ 「パパはウルトラセブン」 どんなおはなし? 「パパはウルトラセブン」 そう言ってたくさんたくさん戦っている。 娘には言う、「優しい人になるんだよ」と。 娘にはデレデレ、妻には叱られるが社会の敵には勇敢に立ち向かう、それが世の中のおやじたちなのです。 娘に「嫌い」と言われようが頑張れ親父たち!! 読んで思ったこと いろいろと思うことがあって、 以前ご紹介した絵本をリメイク記事としてお届けいたします。 ▼過去記事「パパはウルトラセブン」

スキ
17
父親の目の前で痴漢に遭った話

父親の目の前で痴漢に遭った話

高校1年の時だった。30年位も前の話だ。。。 あの時着ていた自分の服も覚えている。痴漢に遭った事はその前にもあるけど、親に相談したことは一度もない。あの日は、なぜか父と母と私で誰かのお見舞いに行かなくてはいけなくて出かけたのだと思う。 その頃は、地下鉄のあるような街に住んでいた。父も母も車を持っていないから、その日は地下鉄に乗っていた。その時、その車両は割と空いていた。目的の所で降りようとした時、誰かが私のスカートをまくり素早く指を入れてきた。。。一瞬の出来事だった。

スキ
11
ちょっと!お父さん!!⑥

ちょっと!お父さん!!⑥

父と一緒に行った旅行は数少ないが、全てにおいて後にネタとなる出来事がたくさんある。 旅行とは楽しいものだ 思い出はたくさん出来るのは当たり前だが、ネタがたくさん出来るのは父との旅行ならではだろう。 父旅赤面記❶ 私が小学生、姉は大学生の時。 我が家は借金まみれな筈だが、世の中がバブリーだったおかげと、父の友人の計らいで軽井沢の、会員制リゾートホテルに一泊させて頂いた事がある。 エク〇ブという名前の素敵なホテルだったが、ニュアンスだけで名前を覚えた父は行く前からずっ

スキ
5
残夏の命の授業

残夏の命の授業

今まで生きてきた中で、不思議と覚えている取り留めのないシーンはあるだろうか。 夏祭りや修学旅行、卒業式などのような印象的で心が揺さぶられたであろう明確なイベントではなく、なんとなく、ふとした時に思い出される断片的なシーンのことである。 今日もきっかけもなく、今の僕の生活にはまるで関係のないシーンを思い出したので話がしたい。 僕は幼い頃、虫が大好きだった。中でもクワガタが大好きで、夏になると弟と2人で気温が30℃を超える日中から日が落ちるまで、時間を忘れてクワガタを捜索し

スキ
4
【もうこんな時間⁉︎】
午前中
嫁と上の子が出掛けて
下の子と過ごしていたら
もうお昼⁉︎∑(゚Д゚)

午前中に洗濯機回して
アンパンマン見せ
その隙に洗濯物取り込んで
掃除機かけて
洗濯物干して
一緒に遊んでいたら

上の子『ただいまぁ!」
私『え!?もう!?』
⇒母尊敬😊

【もうこんな時間⁉︎】 午前中 嫁と上の子が出掛けて 下の子と過ごしていたら もうお昼⁉︎∑(゚Д゚) 午前中に洗濯機回して アンパンマン見せ その隙に洗濯物取り込んで 掃除機かけて 洗濯物干して 一緒に遊んでいたら 上の子『ただいまぁ!」 私『え!?もう!?』 ⇒母尊敬😊

受取りやすい言葉を返してあげよう

受取りやすい言葉を返してあげよう

子ども達と向き合うと、発した言葉が素晴らしい勢いで打ち返されてくる。 キャッチボールどころじゃなくてテニスとか卓球とかバドミントン、そんなイメージ。 じっくりキャッチボールを求めて来ることもあるし そこら辺を読み間違えないで応えたい。 で、テニスモード(笑)のときの切り返しの速さつったらどえらいです。 自分を棚にあげる、なんて概念がそもそもない。オッフ!まじ? と、思いつつひるまず打ち返す!(笑) 「今はあなたの話をしているの。」 これで大抵、こっちに投げられた球を打ち

スキ
3
主任のうちに係長の仕事をしない奴は二流だ
+2

主任のうちに係長の仕事をしない奴は二流だ

初めまして、しばこーと申します。 昔、父親に愚痴を言ったことがあります。 「まだ主任なのに後輩指導をさせられる。  後輩指導は係長の仕事で主任の仕事ではない」 ”自分の仕事ではない” ”先輩の分も仕事をしている” ”係長に上げてくれ” そんなよくある愚痴のつもりでした。 父親からは意外な回答がありました。 「それは違うな。  係長になってから”係長の仕事をする奴は二流だ”  主任のうちから”係長の仕事にチャレンジして”  できるようになってきたら係長に昇格す

スキ
27
イヤイヤイヤイヤ期真っ只中の話

イヤイヤイヤイヤ期真っ只中の話

2歳2ヶ月の娘は絶賛イヤイヤイヤイヤ期中。 イヤイヤ期って何でも嫌がるようなイメージがありますが、実際は自分のしたい事があるのに、したい時にしたいことをさせてもらえないからイヤイヤ言っているだけ。 逆にいえば、したいと言った事をすぐに実行出来れば基本上機嫌です。 わずか2年強で、自分のしたい事があってそれを言葉で言えるってよく考えたら凄い事だなと思います。 終わる時も本人が納得するまで付き合うのが一番良い形。ただ、実際は中々そうも行かないのでイヤイヤとなることの方が多い

スキ
10