マッシ

KADOKAWA「イタリア人マッシがぶっとんだ、日本の神グルメ」発売中! Ciao! イタリア・ピエモンテ出身の日伊通訳Massi | 38歳 | 日本在住15年目|日伊の文化の違いと面白さ、意外な共通点、日本語の美しさと食文化などをメインにして楽しく書いてます。

マッシスイーツワールドへようこそ! ここでは月に500円のワンドリンク代で以下のことが気軽に楽しめます。 ・マッシが日常生活で感じた食の驚きやストーリー ・食の記事や活動、アイディア、異文化の面白さ ・新商品からイベントやおすすめの出店者の情報 僕と一緒にスイーツの旅へ出掛けませんか?

マッシ

KADOKAWA「イタリア人マッシがぶっとんだ、日本の神グルメ」発売中! Ciao! イタリア・ピエモンテ出身の日伊通訳Massi | 38歳 | 日本在住15年目|日伊の文化の違いと面白さ、意外な共通点、日本語の美しさと食文化などをメインにして楽しく書いてます。

メンバーシップに加入する

マッシスイーツワールドへようこそ! ここでは月に500円のワンドリンク代で以下のことが気軽に楽しめます。 ・マッシが日常生活で感じた食の驚きやストーリー ・食の記事や活動、アイディア、異文化の面白さ ・新商品からイベントやおすすめの出店者の情報 僕と一緒にスイーツの旅へ出掛けませんか?

  • マッシのお気軽カフェ

    ¥500 / 月

    美味しい情報を気軽にお茶しているよな雰囲気で楽しめます。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • メンバー特典記事を閲覧できます

ウィジェット

  • 商品画像

    イタリア人マッシがぶっとんだ、日本の神グルメ

    マッシミリアーノ・スガイ

マガジン

  • イタリア人が感じた日本語の美しさ

    日本語についての美しさ、言葉遊び、進化のマガジンです。

  • 通訳日記

    日伊通訳・現場の話

  • イタリア語の勉強法

    イタリア語学者のためのガイドラインや役に立つ情報です。

  • 商品画像

    イタリア人マッシがぶっとんだ、日本の神グルメ

    マッシミリアーノ・スガイ
  • イタリア人マッシと京都食べ歩き
  • マッシのお気軽カフェ

    ¥500 / 月
    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • メンバー特典記事を閲覧できます

最近の記事

固定された記事

サイゼリヤの完全攻略マニュアル

更新日:2022.01.02 記事更新とアレンジ追加 更新日:2021.07.20 8月11日にサイゼリヤとの公式トークの告知 更新日:2021.06.02 本記事を公開 皆様へ愛を込めて感謝のメッセージ このマニュアルをたくさんの人に読んでいただいただけではなく、実際にサイゼリヤに行って試して喜んでもらえるなんて思っていなかったからとても嬉しい。ツイッターでたくさんのリプとDMをいただき、サイゼリヤで声をかけてくれたり、フォロワーと一緒に食べたり、サイゼリヤのスタッフまで

スキ
16,427
    • 日本語の「うん」は意外に最強の敵?

      こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 日本語を学んでいる外国人は、1回目のレッスンからずっと変わらないことがある。ペラペラ話せるようになっても、日本に暮らして日本人のように動いても、全く通じない会話が必ず出てくる。今日は、その日本語学習者にとっての意外な敵について書こうと思う。 とは言え、会話といってもひらがなの数文字しか出てこない。だけど、源氏物語のように意味深い。日本人なら問題なく理解できると思っていた僕は、日本人に聞いてみたらなんとネイティブ同士でも理

      スキ
      63
      • カルディの商品に驚かされた話

        こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 今日はいつもと違ってあんまり行かないカルディの店舗に行ったら、ザ・イタリアン商品に見えるものに出会った。ワクワクしながら手に取って、パッケージをよく見た。ヴェネツィアの風景が描いてあるし、イタリアンモーメントの文字もある。コーヒー味だし「あ、間違いなくイタリアのビスケットだ!」と感じて、裏のラベルを見たら冷や汗がドバッと出た。

        スキ
        15
        • 日本の行列文化から学んだこと

          こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 日本人は子供の時から「行列文化」が身に染み付いている。どこに行っても何かを待っても文句を言わずに、行列を綺麗に作って、自分の順番まで待っている。この文化は外国人である僕から見てとても面白くて、素晴らしい文化だと感じた。 イタリア人は綺麗に行列を作れないことはないけど、日本みたいに綺麗にならない。すぐ諦めるか、周りの人より先頭がいいと思って1番前に行ったり、他の人のことを考えずに動いたりすることが多い。 指示を出したらイタリ

          スキ
          142

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • イタリア人が感じた日本語の美しさ

          • 9本

          日本語についての美しさ、言葉遊び、進化のマガジンです。

        • 通訳日記

          • 20本

          日伊通訳・現場の話

        • イタリア語の勉強法

          • 7本

          イタリア語学者のためのガイドラインや役に立つ情報です。

        • イタリア人が感じた日本語の美しさ

          • 9本

          日本語についての美しさ、言葉遊び、進化のマガジンです。

        • 通訳日記

          • 20本

          日伊通訳・現場の話

        • イタリア語の勉強法

          • 7本

          イタリア語学者のためのガイドラインや役に立つ情報です。

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • よもぎ大福で撮影練習

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 無印Cafeの夏限定メニュー

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 夏限定「完熟梅酒梅甘納豆」

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • マッシが見つけた日本の神グルメ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • YouTubeチャンネルを開設しました。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • よもぎ大福で撮影練習

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 無印Cafeの夏限定メニュー

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 夏限定「完熟梅酒梅甘納豆」

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • マッシが見つけた日本の神グルメ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • YouTubeチャンネルを開設しました。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る
          • カルディの商品に驚かされた話

            こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 今日はいつもと違ってあんまり行かないカルディの店舗に行ったら、ザ・イタリアン商品に見えるものに出会った。ワクワクしながら手に取って、パッケージをよく見た。ヴェネツィアの風景が描いてあるし、イタリアンモーメントの文字もある。コーヒー味だし「あ、間違いなくイタリアのビスケットだ!」と感じて、裏のラベルを見たら冷や汗がドバッと出た。

            スキ
            15
            • イタリア人が感じた日本語の美しさ

            • 通訳日記

            • イタリア語の勉強法

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 外国人である僕が出会った甘い納豆

              こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 日本料理に慣れていない、食べたことがない外国人にとって、生魚は大きな壁になると言われているが、そんな中でも世界中に寿司屋さんが広がっているおかげで、少しずつ多くの人が食べられるようになった。 やっと敵を倒したと思ったら、次なる日本食文化の最強の敵が現れた。 「納豆」だ。 外国人から見ると、食べ物なのか、体にいいのか、よく会話に挙げられる。 見た目は豆に見えるけど、ねちねちして混ぜれば混ぜるほど泡も出てきて、しかも匂いは腐

              スキ
              204
              • 日本のトマトに驚いた僕

                こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) イタリアと言えば、ピッツァ、カプレーゼ、ミートソースなどのトマト料理が有名だ。確かに、イタリアではトマトの種類は数えきれないほどある。料理によって使うトマトも変わる。 イタリア人にとって、トマトは料理に欠かせない食材だと思われがちだけど、実はそうではない。イタリアにいた頃はこだわりが強いというより、深く考えずに子供の時からトマト料理を食べていた。僕にとってそれは当たり前で、他の使い方がないという固定概念が強かった。 日本

                スキ
                285
                • 団子が外国人に愛される理由

                  こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 6月が終わって気が付いたのは、洋菓子より和菓子の方がよく食べていたということ。自然と僕の口に合うもの、無意識にモグモグするものは団子、というよりもお米から作られた和菓子だったのだ。 少し前までは外国人に団子の説明をすると、不思議なものに見えてしまうことが多かった。餅米から作られて食感はもっちりしていて〜と言っても、表情には「?」が浮かんでいることがほとんどだ。 だけど、最近は団子に興味を持つ外国人が増えたように思う。抹茶

                  スキ
                  181
                  • 敵は日本語ではなく、人間

                    こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 関わったことがない言語は知識ゼロからスタート、というハードルが誰にでもある。時間とエネルギーをかけて、少しずつ前に進めば話せるようになる中で、進めば進むほどどんどんハードルが高くなる。僕もそうだった。そしてよく考えたら、現在も続いてる。 日本語のひらがな、カタカナ、漢字の壁にぶつかって、 イタリア語にならないオノマトペにぶつかって、 丁寧語、謙譲語、尊敬語にぶつかって。 ぶつかりながら気がついたのは、「敵」とは「僕」。

                    スキ
                    191
                    • 日本でイタリアの知識が広がった話

                      こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) イタリアのことはイタリア人に聞けば知っているはず、すぐ教えてくれるはずと思われがちだけど、実はそうではない。 今日は僕にとってちょっぴり恥ずかしい話をしようと思う。驚いたり笑ったりしながら読んで貰えれば、嬉しい。本人も記事を書きながらクスクス笑っている。 イタリア北部のピエモンテに生まれて、大学卒業までピエモンテに住んでいた。その中で、イタリアを少し回ったけど今考えると大したことがない。イタリア好きの日本人と話すと、僕の

                      スキ
                      325
                      • フォークの存在を日本人に聞いてみた話

                        こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) イタリア生まれ育ちの僕は、子供の頃からフォークを使うのが当たり前だった。そんな僕はフォークの存在を深く考えたことがなくて、来日してから少しずつフォークの新発見をしていった。 イタリア料理は自由さがある中で、食器の決まりが非常に強い。そのルールを守らないと、多くのイタリア人は文句や違和感が出てくると思う。実は僕も来日した最初の頃はそうだった。15年間をかけて、フォークに対する本当の大切さがやっとわかってきたと思う。 Twi

                        スキ
                        369
                        • 日本政府もブラック企業?

                          こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) ある日、日本食品の海外プロモーションをしている日本政府の機関から問い合わせがあった。書いたエッセイをきっかけに、外国人の視点や意見、日本食文化の魅力をプロモーションしたいようで、僕の力を借りたいと言われてとても嬉しかった。ところが、メールを読めば読むほど、変な違和感を感じていた。 まず、メールに書かれていたエッセイのタイトルが間違っていたけど、それはこの際置いておこう。 最初のメールということで、日本政府機関の説明と今回

                          スキ
                          384
                          • マッシの京都抹茶カフェ巡り物語

                            こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 多くの外国人にとって、京都と言えば寺、神道、歴史を感じられる観光スポットが有名で、日本旅行で必ず訪ねる地域の一つ。京都に憧れて住んでしまっている外国人だけではなく、日本人も少なくはない気がする。 外国人の口から必ず出る言葉ランキングナンバーワンは「抹茶」だ。もちろん僕も例外ではない。そして抹茶というだけではなく、僕にとって京都はスイーツだ。 京都のスイーツは和菓子や餡子、抹茶を使った日本伝統的なものだと思われがちだけど、

                            スキ
                            194
                            • BSテレビ東京のあの番組のガッカリ話

                              こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) テレビを持っていない僕ですら聞いたことがある、ある番組から問い合わせが来た話。 今までの経験から見ると「厳しい予算」「予算がない」「無料で当たり前」などの理由もあり、クリエイターに対するリスペクトが薄くて価値がないと感じたことが多かったからこのような依頼は最初から断っていた。 今回は興味がある番組で、しかもエピソードごとに違う外国人のストーリーや気持ちを丁寧に語るという記憶があった。連絡が来た制作会社の担当者さんのメール

                              スキ
                              736
                              • 東京スイーツラブストーリー

                                こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 用事で8ヶ月ぶりに東京に行ってきたつもりなのに、1日目からなぜかイタリアに飛ばされたような気持ちになり、「日本語が通じるイタリア」という不思議な過ごし方になった。 まずは、朝一東京駅について歩いて日本橋三越のイタリア展にお邪魔させてもらった。たくさん美味しいものの中で、大好きな「シチリアーモ」のカンノーリを買って朝食にしてしまった! アーモンドを使った柔らかめのシチリア伝統焼き菓子も合わせて食べているうちに、イタリアでは

                                スキ
                                259
                                • プロの通訳者からnoteで素人の書き手へ

                                  こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) 通訳者として、言葉というのは命に近い存在だ。 イタリア人として考えても、「話すこと」より「コミュニケーションを取ること」の方が大切なように感じる。 マッシという人物は、ただ感じていることを出すよりも、みなさんと一つの空間になって会話する方が好きだ。アウトプットとインプットのバランスが大事だと思っている。 コロナで日常生活の感覚と距離がおかしくなる前、自分らしさを守るため、僕を助けるため、新しいことにチャレンジし始めた。そ

                                  スキ
                                  150
                                  • あの映画に出るカンノーリがやっと来た?

                                    こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112) マリトッツォの次に何のブームになるのか気になる方が多いと思うけど、その中でよく聞く言葉は「カンノーリ」だ。日本では昔からマリトッツォよりカンノーリの方が有名で、周知されている気がする。 実はマリトッツォは、イタリアの中でも知らない人も多い。ローマ発祥で中部イタリアなら食べられる場所が多いけど、故郷であるピエモンテ州では出会ったことがない。逆にカンノーリはシチリアの名物として、イタリア全国で有名だ。食べたいと思ったら意外に

                                    スキ
                                    150