海外メディア

メディア掲載!ソトノバが、「THE WAR ON CARS」に紹介されました!

2019年8月30日、突如、

ソトノバが掲載された!

っと、Twitterで連絡が来ました。

こちらの、「THE WAR ON CARS」が日本の取材紹介をした、ポッドキャストが聞けます。

WEBサイトはこちら

その中で、ソトノバの文字が!

Connect with the network of Japanese public space activists called Sotono

もっとみる

セブンペイの不正利用の実態は、知れば知るほどなんか不思議〜

まず最初の違和感は、社長の謝罪会見での発言。
記者会見では、当然不正利用された原因について、記者から質問されるであろう事は事前に予想出来たはず。
なのに、何の事前準備もしなかったのかなぁ〜。

ネットはド素人?とも思える社長に、IT責任者が事前に殆ど説明もせず、社長一人に記者会見させてしまったから、結果的に恥ずかしい受け答えになってしまった。
IT責任者も、ITをよく分かってない社長に、わざわざ自

もっとみる
出ました大吉〜。きっと来年いい事あるよ〜。?っておいおい、、
12

ジャーナリストと「社命」の関係について考えてみた。

ツイッターを見ていたら、この書き込みが目に入ったのでちょっとわたしの理解を書いたら、林毅先生からこういうリプがあった。

言いたいことは大変良くわかるのだが、どうも自分的にしっくりこないところがあって3回くらい読み直した。それで気がついた。

「社命」という言葉だ。

ツイートの本意は上のツイートをクリックして流れで読んでほしいのだが、つまるところ、林先生はミャンマーで拘束されたロイターミャンマー

もっとみる

中国でやたらとメディアに出てます!

本日、平成の大晦日です。その元号代わりの中国のニュースで、なぜか僕のことが紹介されています。僕自身というより、僕が書いた「超ソロ社会」の内容ですね。

グーグル翻訳すれば大体の意味はわかります。

確かに、平成という時代は未婚化が進んだ時代と言っても過言ではない。生涯未婚率が急上昇したのも平成に入ってすぐ1990年からですから。といっても、元号が変わってもこの傾向はあまり変わりませんが…。

あま

もっとみる
ありがとうございます! そのハートがモチベーションです!
15

【MotleyFool(モトリーフール)とは】

米国株に精通している海外投資メディア。
昨年、日本でも法人を設立したそうで。

ざっくり調べてみました。

シェークスピアに出てくる道化師が由来だそうです。
現在、メルマガ配信をしているそうなので、欠かさず登録。

圧倒的な情報量なので、毎日コツコツと…
気長にフォローしていきます。

それでは、また。

もっとみる
その優しさが世界を救います(*´▽`*)アリガトウ
2

BCG:ボストンコンサルティンググループGlobal webカテゴリTOPで写真をご使用頂きました!

BCG:ボストンコンサルティンググループGlobal web「ケイパビリティ」カテゴリTOPで写真をご使用頂きました!

ふらっとBCG見に行ったら売上通知来る前に自分の写真が掲載されてる事に気づいてしまったw

これでBCGにご購入・ご使用頂いたのは4度目!ありがとうございます!!毎回EyeEm経由でご購入頂いてる様なので今回もきっとそうかと。

その他

写真ご購入はこちらから

アートよりな

もっとみる
どうもです!みんなのフォトギャラリーに写真公開中です。よかったらどうぞ
5

海外超大手メディアにご購入/ご使用頂いた写真たち。3メディア計120万フォロワー。Daily Express/Thrillist/The Irish Times+過去のストックフォト販売/ご使用履歴

海外超大手メディアにご購入/ご使用頂いた写真たち。3メディア計120万フォロワー。Daily Express/Thrillist/The Irish Times+過去のストックフォト販売/ご使用履歴

最近ご使用頂いた3メディア(Twitterフォロワー系120万人)を中心に過去のとかも。いずれもGettyimages x EyeEm経由でご購入、ご使用頂きました!ありがとうございます!

街の写

もっとみる
どうもです!みんなのフォトギャラリーに写真公開中です。よかったらどうぞ
5

"最強"サムライブルーの明日はどっちだ?

通算戦績1勝2敗1分け。一見すると、サッカー日本代表がW杯ロシア大会で残した戦績は、これまでの日本代表の実績と同じくきわめて残念な結果と言える。ただ今回が異なるのは、どの試合も内容が抜群に良いところだ。いずれも格上相手にもかかわらず、臆することなく立ち向かい、"油断ならない日本"を世界に印象づけた。歴代の代表のうち、こんな痛快なチームは他になかった。悲願の8強入りこそ逃したが、"最強"サムライブル

もっとみる