名言に触れて強くなろう:主体性、自由の法則、表情

名言集めが趣味なので、集めた名言を10個ランダムに書き記しました。座右の銘探しに使ったり話のネタにしたり、自分に合った使い方をしていただければと思います。

他の名言もこちらのマガジンにあるんで、お時間あるときにどーぞ。

アメリカの作家、ウィル・ロジャースの「主体性」を説いた名言とは?

たとえ正しい道にいたとしても、ただ座っているだけなら轢かれてしまう

その正しい道も1年後には茨の道になって

もっとみる
ありがとうございます!

順序からテーマを導けクイズ!!

[前回の話題クイズ・正解]

Q.日本時間の今日(18日)開催されたイグ・ノーベル賞に日本人を含む研究チームが「音響学賞」を受賞しましたが、その内容は「何を吸わせたワニの鳴き声の変化」でしょう?

A.ヘリウムガス

[今日のテーマは…順序]

例題を一つ。

Q. 次の順序は何を指している?

東野英治郎→西村晃→佐野浅夫→石坂浩二→里見浩太朗→武田鉄矢

A. TBS時代劇ドラマ「水戸黄門」で

もっとみる
毎日投稿を目標に頑張ります!
1

時間の意味

おはようございます。

今週から朝活を始め、試験勉強や関心ある分野の動画視聴などをしていますが
ママの朝活あるあるなのでしょうか…
娘も超早朝に起きてくることがあります…

去年も5時過ぎに起きてきては、ママだっこ~とねだり
やりたいこともできず、何のために朝起きてるんだろう…と
虚無感と苛立ちに襲われ、何度か朝活を辞めようと思いました。

さて、2歳になる娘は最近大変不安定です。
イヤイヤ期でも

もっとみる
お時間をいただきありがとうございました!
2

ポッサード効果とは

うあー肩痛い
まぁいいや始めよう今日は眠いから短めで(/ω\)

ポッサード効果とはアメリカの心理学者ジェームズ・ボッサードが発見した法則。
内容は

「男女間の物理的な距離が近いほど心理的な距離は狭まる」

うんおーなんか昔「俺彼女いなかった時期ないからー」と発したイケメンの先輩から聞いたことがある気がする( `ー´)ノ

ボッサードの実験

1932年、アメリカで、心理学者のボッサード氏がフィ

もっとみる
ありがとうございます!
2

法則を変えれば人生が変わる!

生きていると、いろんな出来事を体験する。
そのうち「こういうときはだいたいこうだな」
という見当がつくようになり、
だんだんと「法則」を自分の中で作りはじめる。

法則が作られると、似たような出来事が起こるたび、
「やっぱりそうだ」と確信を高めていく。
もしちょっと違ったとしても、
自分なりの法則に合うように出来事の方を変えていくようになる。

やがて法則に合わない出来事は、
自分の記憶から勝手に

もっとみる
スキありがとうございます!
16

コロナで不安な経営者は、潜在意識とか引き寄せの法則を使ってみればいい♪

いきなりですが

貴方は、引き寄せの法則を信じていますか?

僕は信じていますよ♪

こんな事を言うと、

「こいつは信用できないコンサルタントだ」

と思われるかもしれませんが、僕は意識しているんですから仕方ありません。

きっかけは、自分の店が赤字になった事ですが

その時僕は、多くの人の力を借りながら復活することが出来ました。

「俺は何とかなるはずだ!ツイてるんだから!」

と思っていたか

もっとみる
スキ!有難うございます

随筆(2020/9/13):適切な抽象化、難しいですね

1.試行錯誤をする

何かして、失敗したら、個々の事例を

「これは、こういう傾向のパターンや、法則として通用するルールを持ってるんだな」

という風に、パターンやルールにまで抽象化して、次はその通りやって、うまくいったらよし、ダメだったらまたパターンを取り直し、次の次はもうちょっとうまくやる。

というのが、試行錯誤の基本となります。

2.試行錯誤が悪意によって撹乱される場合

ですが、これに

もっとみる
有難うございます! 皆様のご評価が、何よりの励みになります。
2

絶対に読んではいけない理論・法則・現象

昔「マーフィーの法則」というのが流行った。私はああいうのが大好きだ。「トーストを落とした時、バターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」とか、「機械が動かないことを誰かに証明しようとすると、動きはじめる」とか。

 今回私が特に好きな理論、法則、現象を紹介していこうと思う。

「マクドナルド理論」

 ランチタイムに「どこのお店に行く?」という話になった時、「マクドナルド

もっとみる
今後ともご贔屓にお願いいたします
7

【今週の気づき】発見の法則

「お米は稲の茎の部分に実っている」

これは今週気づいたことである。
今まで稲の成長を気にして見たことがなかったので、お米が稲のどの部分に実るのかも考えたことがなかった。だからお米が稲の茎の部分に実ることに気づいたのは新鮮だった。
ただ、ここからどんな「今週の気づき」に発展させようか頭を悩ませる。完全にネタ切れである。しかし、ネタが切れてからが勝負だと、絞り出すように思考を進めてみることにする。

もっとみる
おおおお!