世界中の会員さんのところに会いに行きたい。

僕が気をつけることを教えてもらってもいいですか?

今週、来週は、会員さんのお誕生日がとても多い。今日はひさびさに、この週末お見合いがある彼から電話が。。。いろいろ考えて仕切り直ししたいと思います。僕が気をつけることを教えてもらってもいいですか?

お見合い中に夢を語らない。

気をつけること。いつも言ってますけど。現実的な話しをすること。これからこうしたい、あーしたいより、実際に自分ができないこ

もっとみる
ありがとうございます♡スキお返しします♡
4

「私」と向き合うために、BUCKET LISTを見直してみた

住む場所、キャリア、働き方、暮らし方なんかの悩みが、日々尽きない。生きたいように生きたいとしか考えていないのに、それを実現するためのハードルが、異様に高いように感じる。

こんなことを考えた後、ふと思った。「そういえば、暮らしたい場所とか、なりたい姿とか言っているけれど、言葉にして残したことはあんまりないなあ」と。

昨年の頭に「BUCKET LIST」を作った記憶はあるけれど、アップデートをした

もっとみる
わたしもすきです!
15

24歳、名前のように生きよう

9月24日に24歳になりました。

23歳最後の23日は祝日だったけれども、仕事でした。あと謎の腕の筋肉痛に悩まされていました。いました、という過去形で書きましたが、今も痛いです。

24歳になったわけですが、実感が全然ありません。

24歳ってとーーても大人なイメージがあったのですが、自分がなってみるとあれ・・・という感じ。

小学校1年生の時に面倒を見てもらっていた兄弟学級の6年生のお兄さんお

もっとみる
あなたのスキに元気をいただいています☺︎
12

ひとり旅ときin OKINAWA

ひとり旅ときin OKINAWAのことを完結させなきゃ!

そろそろ2ヶ月経っちゃう・・。

というわけで、7月半ばに行った沖縄ひとり旅について書こう。

✈︎✈︎✈︎

3日目は、2日間お世話になった旭ゲストハウスをチェックアウトして、前日に行けなかったMAHOU COFFEEさんへ。

店内はスマホ、パソコン使用がNG。
落ち着いた空間で、本棚にはわたしの興味をそそる本が多々置いて

もっとみる
素敵な1日になりますように💐
7

生かされてるじゃなくて生きてるって思いたい

もうすぐまた少しだけ長い旅にでる。
5月に日本に帰国して約3ヶ月、今回は国内にとどまっていた(その理由のnoteもまた別で書いているので、公開するかもしれない)

自宅は引き続きまだバンコクにあるから、何がわたしの「帰る」なのか「いってきます」なのかもはやよく分からないのだけれど、旅にでます。まだお邪魔したことのないはじめましての国。

日本に滞在している間に何度かインタビューを受けさせてもら

もっとみる
とても嬉しいです*
85

#1-9 ゴキゲン唐津生活。

久々の更新になりました。

全て唐津のせいです。

唐津は僕に多くの事を気づかせてくれました。

唐津を離れてもしばらく消えない余韻が深く残り、滞在中の気づきの実践と検証に多くの時間を取られ、ブログ更新が遅れたことをまずここにお詫びします。

ある方のご縁で、2019.4/18~5/16までお試し移住制度を活用し唐津のアパートに滞在しました。
この制度、有料の所もあるのだが唐津は無料。さすが城下町

もっとみる
お気持ちに感謝です。
6

旅って高揚するよねと、当たり前だけれどさ

「次は、羽田空港国際線ターミナルです」

時刻は21時半、やたら大きなキャリーケースをゴロゴロと転がすたくさんの人のなかに紛れ込むように、たった33Lのリュックサックひとつを背負って改札を抜ける。

さっきまで手元にある仕事のことで頭がいっぱいだったはずなのに、そんな慌てた頭のなかとは裏腹な、ゆるやかで自由な雰囲気が足元からぐるりとわたしを包み込んだ。

たったの4日、月はおろか、週すら変わる

もっとみる
わたしもすきです!
10

#1-7 写真家 天野裕氏のこと。

今日、南福岡大牟田で出会った天野裕氏について書こうと思ったがこのインタビューを改めて読んで、私はまだまだ彼の事を分かっていないという事が分かった。

彼の作品すらまだ見ていない僕に何が書けるのか。

なので、この記事はまた写真等見た後に改めて書くことにする。

さて、話は変わって先日ショッキングな事が起きた。

ここ一年ほどずっと居候でお世話になっていた尼崎の材木店のオーナーから「もう今後二階に寝

もっとみる
ありがとうございます!!!
2

“心地いい”をデザインするわたしの生き方

生き方の多様性が注目を集めている今、「会社員」だけでなく「フリーランス」「副業」とさまざまな働き方が広まりつつあります。

でも実際には「なにを選び、どう働けばいいのか」正解のない自分らしい働き方に悩まれる方も多いのではないでしょうか?

今回は、会社員でありながら副業でライターの仕事をこなし、ゆくゆくは「旅と仕事の両立」という理想の働き方を実現させるため、日々挑戦を続ける森下ひとみさんにお話

もっとみる
ありがとうございます!嬉しい!!
27