「“今”という喧騒から“過去" というオアシスへ」

はじめまして!くららと申します。 普段はいろんな時代の日常を経験する「時代ごっこ」や、昭和・平成という時代が遺した “心地よい場所" を探訪する「オアシス探訪」を楽しんでいる学生です。 noteを始めるにあたり、今後の投稿テーマやコンセプトについて綴らせていただきます。 「“今”とい…

16ビートで命を刻む君と、空虚めな僕のこと。#2

もうずっと雨だ。 これが梅雨のせいなのか、はたまた隔週で雨が降る気候に変わってしまったのかわからないくらいに、よく雨が降る。夏はまだまだ、来ないみたいだ。自然を感じることができないだろうと思っていた大都会は、想像していたよりもずっと、緑が多かった。人工的な都市デザインのせいなのか…

なつかしい昭和のアイス

こんにちは! パソコンインストラクター歴10年の チサです。(*´∀`) 最近 だんだん暑くなってきましたね!☀ 暑い夏に 食べると幸せな食べ物! それは アイス! (๑´ڡ`๑) (わたしは1年中食べてるけど) 今日は わたしが子どものころに 食べていた なつかしい 昭和のアイスを 4つ紹介します…

生まれる日を選べたら。

僕は名曲を聴く度に思うことがある。 この時代に大人だったら・・・。 この時代に生まれていたら、、、ではない。 「この時代に大人だったら」です。 特に思うのは90年代前半。 僕が生まれたのはまさにその頃 1991年1月23日 しかし音楽に興味を持つのが遅かったというのもあり 多分しっかり聞い…

嘉永生まれの男

「毎日書く」と目標を立てたつもりが、あらあら気がつけば、もう前回から1ヵ月も経ってしまっている。いやいや、こんなことではあまりに情けない。少しずつでも書いていこう。  今日、タレントが街歩きをするテレビ番組を見ていたら、東京の青梅市が取り上げられていた。以前から、昔の洋画の看板で…

原宿、ジャニーズショップ

青天の霹靂が今年二回あった。 二度目は最近、25年通ったあの原宿のジャニーズショップ 移転するとのこと。 もうあの場所では無くなる。 人生で25年通った場所は多分ここくらい。 一人でも来た。 そのときどきに出来た友人とも訪れた 関東の事務所のファンなら青春イコールと言ってもおおげさで…

「心は実感しにくいものである」中学受験に出ていたので、読んでみました。

「心は実感しにくいものである」中学受験に出ていたので、読んでみました。 『日本男児』 赤瀬川原平著 文藝春秋 中学入試で出ていて、中学受験用問題集にも使われていたので、取り寄せて読みました。 赤瀬川原平先生のかなり渋めのエッセイ。 2007年発行の本で、僕は本著を古本屋で取り寄せました…

8個

今日はたまたま8個下の大学一年生の子と話す機会がありました。 8個下っていうのがもう衝撃的です。 自分はまだまだ若いと思っていましたが、18歳の子がもう8個下であるということに驚きを隠せませんでした。 自分の8個上で言うと34歳なので、石原さとみや北川景子や篠田麻里子です。 完全におばさ…

平成時代の〝何か〟が成仏した話

初めて持ったPHSは、番号が070だった。 じゃらじゃらと携帯ストラップをつけて、キラキラのシールを貼り、着メロは和音が鳴るように自分で作った。 世の中のお姉さんたちは、頭にでっかいハイビスカスをつけて、ミニスカにロングブーツを履いて楽しそうに見える。 日本の未来はWOW WOW WOW WOWと…