【各年代ヒットソング】日本の音楽に振りかかった変化【流行】

邦楽ってなんでかディスられがちですよね。ここ数年でそう言う風潮がかなり強まったと思います。
なんでなんですかね?悪い作品が多いわけでもない(と僕は思っている)のに。TwitterとかのSNSをみてると「これだから日本の音楽は!!!」とかめちゃめちゃ怒っている人見かけるし、「日本の音楽もまだまだいいところあるな」みたいなちょっと下に見ている感じのツイートも見かけます。

どうしてこう言った風潮が現れ

もっとみる
ヒャッホウ!
1

崖崩れや、土石流、河川の氾濫で家を流されている人の報道を見るたびに、毎年あるな。と感じてしまう。なぜ危険かもしれないと予測して住居を決めないのか。

江戸時代や室町時代などもっと古くから住んでる方なら住む理由が分かるが、昭和や平成に建てた新しい家人が散見できる。なぜ

うつ病旦那

ありがとう!あんたもすきなことやって過ごすんよ。
6

平成は古き良き時代??

おはようございます。

令和という言葉もそろそろ慣れてきて、令和に代わってから良いことも悪いこともすでにいろいろなことが起きています。

よく昭和は古き良き時代だったよね~なんて言われますけど、元号が変わり平成という時代は多くの人が古き良き時代だと言える時代だっただろうか?

僕自身は25歳で平成生まれですが、すべてをしっかり判断した状態で時代の変化をみれていた訳ではないので判断するのは難しいです

もっとみる
ありがとうございます(人''▽`)

懐かしのトラウマバラエティ番組3選

この世で1番嫌いな天気は雨(農家の方ごめんなさい)ですが、雨が降りそうで降らない湿度が高い天気はもっと嫌いなまーちゃろです。そよ風が吹く涼しい日が1番好きです。

さて1年前LINEBLOGをやっていたのですが、その時にトラウマCMをまとめまして。

良かったら見てください💞

ただ私がトラウマになったものはCMだけでなくバラエティ番組からなったものもあるので、今回はトラウマになったバラエティ番

もっとみる
大スキ!!!!!
2

ファンシー土産と空飛ぶ円盤と新選組/山下メロ・平成UMAみやげ

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。
今回は、UMAでなく「UFO編」。空飛ぶ円盤といえば、やはり、あの形ですね。

前回はこちら

文・写真=山下メロ

UFOと空飛ぶ円盤とファンシー絵みやげ

 6月24日はUFOの日。この日はケネス・アーノルド事件の起

もっとみる
ムー民ですね!
18

TECHNOLOGY POPS的感覚で選出する「平成」ベスト?ソング200:Vol.5【120位〜101位】

平成ベスト?ソングシリーズはやっと中間折り返し地点に差し掛かってまいりました。回を重ねるたびに文章量が多くなっていますので、最後にはどうなっているかは想像したくもないですが、これ以上は長くならないように気をつけながら進めていきたいと考えております。どうも楽曲のレビューというよりはそこに至るまでの経緯の方が長いというご指摘もあろうかと思いますが、そのような足跡を知ればこそ、まさにその時に生まれた楽曲

もっとみる

「私が撮った平成時代」について

「ヨコノヨカノート」では、ウェブサイト「ヨコノヨカ」で運営するオリジナルコンテンツについて記していきます。

 まずは、ウェブサイトオープニングコンテンツである「私が撮った平成時代」について。

コンテンツ開設に至るまで

 ウェブサイトを開設することを決めたのは1ヶ月ほど前。開設を決めた後はどんな内容にするかを考えました。
 ブログのような記事コンテンツやSNSをコンテンツに入れることは既に決め

もっとみる
ありがとうございます!
2

〇〇世代~夢の中じゃなくても素直に言える

最近テレビで「お笑い第7世代」をよく目にする。とはいえ、お笑いに疎い私はどこが第7世代で第6世代は誰だったのかよくわかっていない。

しかし、その年代を代表し「〇〇世代」という言葉は凄い。

1986年3月生れの私は、有名人だと女性は元モーニング娘。の後藤 真希さんや女優の上戸彩さん、男性だと山Pこと山下智久さんやタレントのウエンツ瑛士さんが同級生にあたる。
ファミコン用ソフト『スーパーマリオブラ

もっとみる

はじめての祖母のお迎え

生家で過ごした最後の年だったと思う。ある日、私は祖母を母の実家まで迎えに行くこととなった。車を出せる者が他にいなかったからだ。

 母の実家は母の弟で長男である私の叔父が継いでいたが、年々アルツハイマーの症状が酷くなっていく祖母の面倒は叔父嫁が見ていて、それがついに限界に達したということだった。家をもらったとはいえ、他の兄弟が全く面倒を見ないのは不公平だということで、せめて週末は他の兄弟が祖母を預

もっとみる
読んでいただきありがとうございました!
2

『24時間、戦えますか。』から、32年。

こんにちは、仁井貴志(にい たかし)です。
普段は社会人向けにキャリアコンサルを行っています。

さて、表題の件。

1988年6月、リゲインという栄養ドリンクのブランドが
広告のキャッチコピーを作った。

『24時間、戦えますか。』

当時は、夜通し働く、休日働くのは割と普通で、むしろ進んでやるような文化の企業が多かった。
平成初期を象徴するような、キャッチコピーの一つだ。

平成に消えた仕事、

もっとみる
ウホッ!!(スキがこぼれ落ちます!感謝です…!)
11