行政文書開示:覆土無しでの除染土での食用食物栽培実証事業について

放射性物質の処理・処分に関する研究の一環として行政文書開示請求をしたところ、福島県飯舘村長泥(ながどろ)地区で、覆土無しで再生土壌(除去土壌[除染土]を分級などしてつくった土)で食用作物の栽培をすることが、非公開の場で決められたことがわかりました。これについては、共同通信が2020年8月9日に記事を配信しました。これについて、情報開示で得られた全ての資料をおいておきます。

開示文書はこちら

もっとみる

2020年6月福島取材④/晒しもの

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

東電長塚第二独身寮は門がしっかり施錠してあり、敷地内に入ることは出来なかった。そのまま海の方へ向かい、避難指示解除されたエリアを見てみようと思ったが、今現在工事の真っ最中であると思われ、あえてそこまで行くことはやめた。

(放置された車。)

(中間貯

もっとみる
いいネ!
14

2020年6月福島取材②/新たな線引き

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

特定復興再生拠点区域でありながら、ネットで公開されていたモニタリングポストでは毎時4.7μSv以上の数値を示していたJAふたば総合営農センター。実際に足を運んでみると毎時5.84μSvを記録した。探せばもっと高い場所があるかもしれない。このエリアは広範

もっとみる
サンクス!
11

不開示:除染抜きでの(帰還困難区域)解除

2020年6月3日に朝日新聞紙上で「除染をしていない地域でも避難指示を解除できるようにする方向で最終調整に入った」と報じられた件について不開示決定がきました。

除染を実施せず避難指示を解除することについて、そのような検討を行った事実はない、とのことです。

いろいろと考えさせられますね。引き続き注視したいと思います。

もっとみる

除染無し解除の報道(『朝日新聞』2020年6月3日)について不開示

2020年6月3日に、帰還困難区域の除染無し解除について報道(スクープ)がありました。その後、NHK、共同通信でも同趣旨の報道がありました。

「最終調整を行っている事実はなく」という理由で復興庁から文書不開示の決定が送られてきました。理由が微妙です。「最終調整」ではないものの、検討しているのかもしれません。

電話では、内閣府も環境省も、あの報道は誤報とはっきり言っていました。

うまくかわされ

もっとみる

2020年3月福島取材㉖/人のいない“聖火リレーと常磐線全通に沸く町”

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

双葉北小へ足を運ぶと、校庭はゼネコンの資材置場になっていた。

校舎の側にはモニタリングポストがあり、0.569μSv/hと表示されていた。実際の線量は毎時1.0μSv前後。

浪江の大堀小学校よりは少し低い。浪江の大堀小学校周辺は既に2017年3月に

もっとみる
ありがとうございまんもすw
8

FoE Japan

6/23から、国際環境NGO、FoE JapanのSNS用バナーに僕のイラストが使われています。

これ以外にも更に2作品、採用予定です。

各所で反響をいただいているようで、坂本龍一さん(!)もFBでシェアしてくれました。然るべきところが然るべきメッセージを添えて発信すると、大きく拡がるんだなと思っています。

来月末にはFoE Japan主催で都内で展示を行う予定です。いずれ詳細をお伝えできる

もっとみる
ありがとうございます。
7

2020年3月福島取材㉓/消えた子供たち

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

長命山正福寺の脇を抜け、まどか保育園へ。ここは、17年にきた時は、感度の悪いエアーカウンターSでも毎時4.06μSvに達した場所。あの時はその数値に息を呑んだものだが、昨日毎時6.41μSvを経験したばかりなので、それほどの怖さはなかった。慣れとはこう

もっとみる
ありがとうございます。
5

2020年3月福島取材㉒/全ては聖火リレーのために

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

常磐線全通の翌日、昨日ほどではないものの、これまでではあり得ない乗客数の車内でいきなり話しかけてきた15歳の少年。彼は、僕が胸につけていたバッジを見て誰だかわかったという。イラストまでしっかり見てもらえて、絵描きとしては本当にありがたい。そして、こんな

もっとみる
サンクス!
10

2020年3月福島取材㉑/夜ノ森駅

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

富岡町文化交流センターからだだっ広い荒野を抜け、夜ノ森へ向かう一本道に入ると、すぐ脇は帰還困難区域となる。

線量は、場所によっては毎時1.0μSvを超える。「この先帰還困難区域につき通行止め」の看板はもはや見慣れてしまったし、バリケードも見慣れたが、

もっとみる
サンクス!
10