安東量子

物を書いたり、本を読んだり、考えたりするのが好きです。 『海を撃つ -福島・広島・ベラルーシにて』(みすず書房)というエッセイを出しました。
固定された記事

安東量子著『海を撃つ 福島・広島・ベラルーシにて』(みすず書房)

2019年2月、福島第一原発事故の後の経験をまとめたエッセイを出版しました。 ※論文や発表などについては、researchermap にまとめました。https://researchmap.jp/Ryoko_

スティーブ&ボニー (22) ゲニウス・ロキの生まれるところ

次の日の朝は、スティーブとボニーは私が疲れていると気を使って、声をかけないでいてくれたみたいで、遅めに目覚めた。結局、この日まで時差ボケはスッキリとは治らないま…

スティーブ&ボニー (21) 宇宙語で話す

参会者が三々五々に散っていくロビーで、坂東先生を見つけた。もうひとり、日本人の男性も一緒にいる。やはり今回の会議に参加するために日本から来たのだという。この会議…

スティーブ&ボニー (20) 絶望のような希望

発表は終わったものの、あともうひと仕事、パネルディスカッションのパネリストが残っている。パネリストは、私と丹羽先生とアメリカ人のEPA打倒に燃えている研究者に、司…

スティーブ&ボニー (19) 初恋のようなハグ

発表の日の朝は、まだ薄暗い夜明け前に起きた。地下の部屋で、ベッドの上に持ってきた着物と小物を並べる。小さめだけれど、クローゼットに姿見がついていてよかった。これ…

いじめが嫌い

SNSの普及は、「日本モデル」たるいじめ社会を顕現させると同時に強化・加速した観もある。twitterでは特に、社会的地位や肩書きのある人まで、自覚的、無自覚に犬笛を吹き…