小柴昌俊

運を捕まえられるかどうかは、日頃から準備していたかどうかだ
+1

運を捕まえられるかどうかは、日頃から準備していたかどうかだ

こんにちは、片づけ習慣化コーチの牛尾恵理です。 昨日は、完璧主義をゆるめる話を書きました。 5%くらいは、「テキトー」でいいじゃないか、と。 結局、毎日ずーっと100点を取ろうとして生きてると、「あそび」がなくなっちゃうんですよね。 それって、アコーディオンのふいごと似ている気がします。 1度でも弾いたことがある人ならわかると思いますが、最後の最後までペッタンコにしちゃうと、音が途中で途切れちゃったり、膨らませる時にすごく力がいる。 だから少しゆとりを持ったところ

スキ
21
思考習慣のコンパス

思考習慣のコンパス

こんにちは、思考習慣コーチ⌘みはしつやこ です。 将来のことを考えると、「やりたいこと」と「できること」の対比が浮かび上がってきます。それらが一致していることもあれば、正反対の場合もあります。思い悩むとしたら、「やりたいこと」と「できること」が違っていて、どちらに合わせていくか?というジレンマが起きることでしょう。 現実路線で考えると「できること」を明確にしていき、その中から「やりたいこと」との接点を考える、のが効率は良さそうです。そして、意外と盲点なのは、自分自身が「で

スキ
1
6月16日のマヤ暦占い【kin184】

6月16日のマヤ暦占い【kin184】

占い師Asukaです。 いつもありがとうございます(*'▽') 今日も直観のマヤ暦占いをお届けします♪ ★今日のマヤ暦★ 6月16日(水) kin184 太陽の紋章:黄色い種(好奇心・知的・開花の力) ウェイブスペル:青い夜(夢・目標・潜在意識・直観) 銀河の音:2(二極化・選択・挑戦) いろんなことに興味関心が向きがちですが、 自分の夢や目標に焦点を絞り 集中して取り組むのが良さそうです。 どんどん積極的に行動していきましょう。 意外な自分の才能を発見するかも。

「運は、準備ができた者にしか来ない」

「運は、準備ができた者にしか来ない」

昨日、ニュートリノの話しをしましたので、 今日は続きの話をします。 (またか、と言わずにお付き合いください!) ニュートリノと言えば、 2002年にノーベル物理学賞を受賞した 小柴 昌俊(こしば まさとし)先生ですよね。 (2020年に94歳で死去されました) (ご冥福をお祈りいたします) 村山先生は、講座でたびたび 小柴先生の話をされます。 それは、小柴先生のノーベル賞は 「運が良かった!」という話し。 昨日のオンライン講座でも 「強運」という表現でお話し され

スキ
9
【やれば、できる。(小柴昌俊)】うえこーの書評#56

【やれば、できる。(小柴昌俊)】うえこーの書評#56

去年亡くなられた小柴昌俊さんの自伝。 朝永振一郎先生や山内恭彦先生、南部陽一郎先生などそうそうたるメンバーに師事しており、人の縁の重要性を改めて認識した。  以下はこの本で一番印象深い文章。  ぼくは、分からないことがあると、必ず専門家に意見を聴きに行くんです。  これはひょっとして、ビリで大学を出たことと多少関わりがあるかもしれません。  自分が分からないことは、分かる人の話を聴くーそんな姿勢が、成績優秀な優等生には案外欠けているんですね。しかし人間一人でできるこ

スキ
2
今生きている奇跡を感じてから

今生きている奇跡を感じてから

こんにちは。アケミクです。 日常の風景をアートに変えて、幸運マインドを引き出しています。 今日もご訪問ありがとうございます。 今、細胞レベルで私が喜ぶ生活をしています❣️ そんな中、今朝起きたら、昨年お亡くなりになった ノーベル物理学賞をとった小柴先生の卵が頭に浮かんだので、 ウォーキングがてら、卵の碑に会いに行って、近くのベンチに座り、 小柴先生の動画を聴いて帰りました。 ↓ゆっくりお話しされて、分かり易い!!です。 細胞レベルで喜ぶ生活を深めるには、 今生きている奇

スキ
10
60年代の小柴昌俊

60年代の小柴昌俊

昨年亡くなった小柴昌俊さんは、2002年にノーベル物理学賞を受賞しています。 カミオカンデにおけるニュートリノの検出が評価されたためです。 カミオカンデは1983年から稼動し、4年後に検出に成功しました。 では、それ以前の小柴さんはどんな仕事をしていたのでしょう?   CiNiiで調べると、次のような文章が見つかりました。 「気球による粒子線の観測」(1966) https://ci.nii.ac.jp/naid/110000196725 カミオカンデの前は、気

スキ
3
超新星早期警戒システム SNEWS

超新星早期警戒システム SNEWS

NPO法人飛騨アカデミー理事でジオスペースアドベンチャー実行委員会の上葛健介(カミクズケンスケ)と申します。 所属の紹介は文末に掲載しておりますので、ぜひそちらをご覧いただきたいのですが、 とにもかくにも何より私。 ニュートリノが好きです。ご飯にふりかけて食べたいくらい。(太陽由来のニュートリノは毎秒5兆個を超える数(5cm×5cm×3.14×660億個)降りかかってますがw) もっと言うと、 ニュートリノが山の中に蓄えられた5万トンの水の何かにぶつかって生じるチェ

スキ
15
ゲームやらせる、やらせない問題

ゲームやらせる、やらせない問題

※この記事は私の体験に基づく個人的な雑感です。 ママ友とある日の会話。 自分の母親は働いていたし、自分は好きなだけ小学生の時からテレビゲームをしていた、と話すと 「働いている親は甘くなるよね」 と言われ、違和感を覚えました。 私は働いていた自分の親について落ち度があったと思ったことはなく、むしろ母を見習い、自ら進んで一生働き続ける道を選んでいます。大学卒業後、交流がある友人は同期同僚が多いため、おのずと「働きながら子育てする」のが大前提です。 人生で初めて、自分の

スキ
7
3歳で母を亡くし、13歳で小児麻痺を発症。両手両足の自由を失った。20歳の女性にトイレや風呂の世話を頼むことが恥ずかしく、不自由な手足で必死に階段の上り下りしたという。この若い頃の体験が小柴の「やれば、できる」の元となった。

3歳で母を亡くし、13歳で小児麻痺を発症。両手両足の自由を失った。20歳の女性にトイレや風呂の世話を頼むことが恥ずかしく、不自由な手足で必死に階段の上り下りしたという。この若い頃の体験が小柴の「やれば、できる」の元となった。

スキ
68