同飛車大学入試問題

やほー。久しぶりの沙久耶(緩)やでー。ウチが来たってことはダジャレの時間やで。

という訳で、今回は将棋のダジャレっぽい問題を作ってきたからみんなで解いてみよう!

Q1デビュー作「ふんどしの桂」でアカデミー賞ノミネート。後に「割り打ちの銀」や「王手飛車」などヒット作でヒロインを努めた女優とは?

Q2そのあまりの堅さから「悪魔のZ」の異名を持つ、全国大会の常連であり春夏連覇も成し遂げた高校とは?

もっとみる
ありがとうやでー

【紹介】ピヨ将棋でピヨピヨあそぶ

将棋のアプリをスマホにインストールした。

ちょうど『3月のライオン』という漫画を読んでいた背景もあり、Switchのアソビ大全をやらせてもらったとき一番面白く感じたのが将棋だった。その後、やりたくてうずうずした気持ちがおさまらず、アプリを探した。
疲れているはずなのに、仕事が終わってから寝るまでの間で1,2時間、連日遊んでいる。

将棋を覚えたのは小学生の頃だ。父親が厚紙で作ってくれた、名前と進

もっとみる
また読んでくださいまし、ありがとう
1

【藤井総太】明日は多分藤井棋聖 あえて原点回帰して将棋とは何かをもう一度考える

チェス、中国将棋、日本将棋はそれぞれ侵略関係があります

つまり、日本ではチェス、中国将棋がマイナーであるように、他の国でも同様の現象が起こっています

これはルールが違い過ぎて考え方としても両方を覚えるのが難しいという関係性があるからです

特に持ち駒ルールは海外では理解しにくいようです

この前アメリカの初心者の方が、私が持ち駒を打った時

「それはどこから現れたんだい?」とチャットしてきまし

もっとみる
嬉し過ぎる〜最近は麻雀の記事書いてます
5

めざすは初段 あくまでも

こんばんは。
ゆうきです。

あくまでも初段をめざしています。
そのための日々の勉強ですし、勉強のモチベーションを維持するためのこのnoteの記録ですし、将棋関係情報のシャットダウンでもあります。

さすがに明日は棋聖戦第3局をABEMAで流しながら過ごすと思いますけど、最近は将棋界隈からの情報でモチベーションが上がったり何かが学べたりすることがほとんどなくて、逆に知ることで嫌になることばかりでし

もっとみる
また読んでくださいね
2

幼少期の私が将棋に興味を持たなかった話

私と将棋の出会いは最悪なものだった。
なんて恋愛小説の書き出しにありそうな一文だが、実際に将棋とのファーストコンタクトの記憶は決していいとは言えないものだった。

話は約20年ほど前に遡る。
大掃除の際、父が将棋盤と駒を見つけ出した。木製の二つ折りの盤と駒は使用感こそあるものの、長年放置していた割には結構きれいだったように思う。
父は早速私と姪を呼び、将棋のルールの説明を始めた。(まさかこのルール

もっとみる

【手筋】覚えておきたい手筋 Part.46

AbemaTVトーナメント、鈴木-増田康戦より。

問題図

先手の中飛車穴熊に対して急戦調の将棋で、△8六飛に▲7七桂とした局面。

手の広い局面だが、どういう方針がいいだろうか?

解答

正解手順 △1五歩

8筋だけでは先手陣を破ることはできないので2歩持ったことを活かして穴熊の弱点の端を攻めるのが好判断。

▲1五同歩しかないが、△1七歩~△2五桂や△1六歩~△2五角を狙っていくのがいい

もっとみる
スキありがとうございます!
1

100日後に初段になる男〜76日目〜

ご覧いただきありがとうございます。
カフェと囲碁ひだまりの八段塾塾長つかさです。

100日後に初段になる男76日目です。
これまでの奮闘は下記のマガジンから
https://note.com/tsukasatabigo/m/m3200f9bae54e

対局①vs1級(先手番vs居飛車 )●

最初の対局は1級の居飛車。

相手が6四歩と突いてきた局面。
金を上がって上部を厚くしたけど
ここは、

もっとみる
お役に立てたらうれしいです。
3

7月7日 七夕とか知らんし

こんにちは。
ゆうきです。

昨日はサボっちゃいました。
たまにはね。

あと、イライラしているときは対局系はダメですね。
荒い荒い。
そういうときは神経を集中させてあの盤駒の前に座る。
何も考えずただ並べるだけで気持ちが落ち着きます。

▲2三歩成から詰みでしょうか。
ここから伝説が始まりました。

詰将棋

3手詰 10問 ミス2
5手詰 サボり
3手詰でミス2問はつらい。それくらい集中できて

もっとみる
もう1回!もう1回!
1

将棋 八大タイトル戦について

こんにちは。
かいです。

藤井七段が棋聖戦と王位戦に挑戦していることで、
今将棋界が熱いです!

しかし将棋についてよくわからない人が多いと思います。

そこで今回は将棋の八大タイトル戦について、どういう特徴があるのか紹介したいと思います。

八大タイトルについて

将棋には八大タイトルといって、称号を得られる試合が八つあります。

八大タイトル

・竜王戦
・名人戦
・叡王戦
・王位戦
・王座

もっとみる
スキありがとうございます!
3

初手▲5六歩対策の三間飛車8

前回の記事はこちらです。

◇基本図

 初手より
 ▲5六歩  △3四歩  ▲6八銀  △3二飛
 ▲5七銀  △6二玉  ▲5八飛  △4二銀(基本図)

 今回からしばらく、こちらを基本図として取り上げたいと思います。
 今回はこちらの基本図から先手が▲5六銀・▲6六角型を目指す場合について検討したいと思います。

◇▲5六銀型の場合

 基本図より
 ▲4八玉  △7二銀  ▲3八銀  △

もっとみる
うれしいです!
1