十二人の死にたい子どもたち

+1

価値観・性格が違う彼らが議論の末に出す答えとは?「十二人の死にたい子どもたち」

こんにちは、読書子です。 11月も後半に入りましたね。 最近、朝が寒くて、なかなか布団から抜け出せません。 ずっと布団にくるまっていたい・・ さて、今回紹介する本はこちら。 冲方丁さん作「十二人の死にたい子どもたち」です。 引用:Amazon 冲方さんといえば、「天地明察」や「光圀伝」が有名ですね。 小説以外にアニメやゲームの脚本も手掛けているんですよ。 ちなみに、今回紹介する作品は2019年には映画化されたので、「聞いたことある!」って方もいると思います。 私も最

スキ
5

謎の男は姿を消した。光弘は上司と対応を検討する。 「骨灰」#12

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
1

解放した男とともに地上を目指すが、突如として火の手が上がり――。 「骨灰」#11

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

穴の底に降り立ち、光弘は男と対峙する。 「骨灰」#10

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
3

深い穴の底には、男が鎖でつながれていた。 「骨灰」#9

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
1

あるはずのない重機。違和感だらけの空間に、金属音が響く。 「骨灰」#8

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
3

ああ、そうだ。この臭いは、〈人が骨まで灰になるときの臭い〉だ。 「骨灰」#7

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

図面にはない謎の空間。そこにぽっかり空いた四角い穴。この空間はいったい? 「骨灰」#6

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
2

極度に乾いた空気、鋭く鼻を刺す臭い、不可解な足跡。この底にあるものは――。 「骨灰」#5

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からか

スキ
2

【読書感想文】十二人の死にたい子どもたち(冲方丁)

※ネタバレはありません、ご安心ください 廃病院に集まった十二人の少年少女。彼らの目的は「安楽死」をすること。決を取り、全員一致で、それは実行されるはずだった。だが、病院のベッドには"十三人目"の少年の死体が。彼は何者で、なぜここにいるのか?「実行」を阻む問題に、十二人は議論を重ねていく。互いの思いの交錯する中で出された結論とは。 「安楽死の集い」のルールは、全員一致であること。 十二人が集まるより先にベッドで横たわる"十三人目の少年"は誰だ?  誰が何のために、ここへ

スキ
31