イソジンうがいの弊害

誰も幸せにならない発表がありましたね。

イソジンで口腔や咽頭のウイルスがいなくなる→PCR検査で拾えなくなり偽陰性が出てしまう→ウイルスがいなくなるのは一時的ですぐに元に戻る

しかもイソジンで習慣的にうがいをすると副作用があります。ヨード過剰摂取によって、もともと甲状腺機能低下のある方でなくても、健康な人が甲状腺機能低下を引き起こすことがあります。ウォルフ・チャイコフ効果と呼びます。

我々(

もっとみる

臨床診断学 診察 神経編

脳神経診察

視野→片目を手で覆った状態で一点を見てもらい、その状態で視界の端の指がみえるかを確認する
眼球運動、眼振→眼前50cm程度に示指を立てて眼で追ってもらう
眼裂観察→眼瞼下垂、左右差など 遠くを見てもらいながら行う
瞳孔観察→縮瞳、散瞳、瞳孔不同の有無
瞳孔・対光反射→ペンライトで瞳孔に光をあてる
眼底→眼底鏡を用いる 右目は右目、左目は左目で観察する
顔面感覚→三枝領域を区別して領域

もっとみる
他の記事もよかったら見てください!
2

メンタルクリニックで働きたければ開業すればいいじゃない①

メンタルクリニックを開業いたします(多分)。

理由は「札幌市内のメンタルクリニックにおける求人がほぼないから」です(2020年8月現在札幌在住)。

リスクを負ってまで開業したいのか?と問われるとすこし返答に悩んでしまうところではあるのですが、自営業を一度は経験したかったですし、また微力ながら独力で社会に貢献できたらなと思っていたので、良い機会なのではないかと思っております。

7月上旬に開業コ

もっとみる
ありがとうございます
3

嫌われる勇気

コロナ自粛期間に本を読む時間が増えました。今さら感あるのですが、嫌われる勇気と幸せになる勇気を読みました。(失礼な話ですが、そこまで人間関係に困ってないわということで敬遠していました。)

結論から言うと、ベストセラーなだけあり、とても面白かったです。アドラー心理学の内容に目から鱗な考え方が盛り沢山で、読んでいて飽きません。哲人と青年の会話形式で書かれているので読みやすいですね。

数々の名言があ

もっとみる

8月3日 月曜日

MCP-1、MIP-1α、ペリオスチン、ST2

相関関係、凝固、上皮

臨床診断学 診察 救急編

周囲の安全確認
感染対策に手袋装着(今だとマスクも必要か)

反応の確認→揺さぶったりはしない
周囲に協力者を呼び、医師、AEDなどの手配を依頼する
気道確保、呼吸・脈拍確認→10秒以内 下顎骨挙上する時軟部組織を圧迫しない
胸骨圧迫、人工呼吸→30:2 2人以上いれば分担可
AEDがきたら交代してもらう→胸骨圧迫が途絶えないように

AED操作
①電源入れる
②パッドを装着
③解析、放電時は離れ

もっとみる
他の記事もよかったら見てください!
3

8月2日の日曜日

ST2 ELISA
検体の再チェックが必要

英語を再開しないといけない

臨床診断学 診察 腹部編

ベルトなどは緩めてもらい、タオルをかけて準備する

視診

仰臥位、膝を伸ばして行う

形状、腫瘤の有無
皮疹、着色斑、瘢痕、静脈怒張、皮膚線条の確認→痛みの部位は事前に聞いておく

聴診

腸蠕動音の確認→聴診器は軽く温めておく
腹部血管確認→腹部大動脈、腎動脈、総腸骨動脈の順に確認
(振水音確認→イレウス時は聴取される)

打診

中指の中節骨部をもう一方の手の中指でスナップを効かせて叩く

もっとみる
他の記事もよかったら見てください!
3

男性Drは美容皮膚科に必要か?というか医療界に必要か?

男性Drは美容皮膚科に必要か?結論から言ってしまうと、「ニーズが少ない、というかほぼないのであまり必要とされていない」です。

私は現在縁があって美容皮膚科系のクリニックにて非常勤で勤務させていただいている男性の医師です。美容皮膚科ながら施術メインではなく、ほとんどが肌見せなしのカウンセリングのみで終わるタイプのクリニックです。しかしそれでいても患者さんから拒絶的な反応を稀でなくされてしまいます。

もっとみる
ありがとうございます
2

TOEIC学習法

6年生の選択ポリクリ(医学部は6年制で、選択ポリクリは短期留学みたいなもの)のためにTOEICのスコアが必要である。そこで、今のうちにそこそこなスコアを取っておきたいと思っている。

とは言っても何をしたらいいかわからず、TOEIC公式の問題集を買ったが、つまらなすぎて全然捗らない。そもそも医学部であるし、社会に出てもいないためビジネスのシチュエーションがわからないし、興味もない。

さらに言い訳

もっとみる