丸井グループ

+32

丸井とイオンから見る小売×クレジットカード発行事業

こんにちは! 豆を挽いて飲むコーヒーにハマってるよっしーです。 今回は丸井グループとイオンについて、クレジットカード発行事業(イシュア)という側面から分析をしてみました。 小売事業とイシュアの両方を手掛ける点では共通しているものの、施策と戦略の違いが顕著に表れる面白い分析になりました。 3-2. ではクイズを用意しているので是非挑戦してみてくださいね! 1. 丸井の基礎情報 丸井と言えば百貨店! 渋谷駅前にある渋谷モディは誰もが一度は見たことあるのではないでしょうか。

スキ
7
+1

いま流行りのtsumiki証券やってみた

tsumiki証券とは株式会社丸井グループが運営する証券会社で、投資信託を行う際の仲介業者です。会社自体はそこまで新しくはないんですが、積立NisaやiDeCoなどの資産形成に関する話題が広まってくると同時に、tsumiki証券の名前もSNSなどで良く見かけるようになりました。 そんなこともあり、投資未経験者の私でしたが、先月ついに人生初の投資信託をtsumiki証券でやってみることにしました!そこで、投資信託を始めて約1週間経った今の状況とともに、感想などを書いてみたいと

スキ
2
+4

時代に合わせ変身 ショッピングセンター型店舗へ転換 利益急回復する丸井グループ

売上急落の背景は新会計基準の導入 創業時から小売と金融サービスを展開 2015年頃、大手百貨店の三越伊勢丹HD、Jフロントリテイリング、高島屋は、年間売上1兆円前後で鎬を削り、丸井グループは4000億円台という構図であった。ところが、このところ丸井Gの売上は2000億円台(図表1)。上場小売業の中では50位あたりに沈む。その背景を知らなければ、投資家は見向きもしなくなるだろう。丸井Gの売上が「大きく減った」のは16年3月期に新会計基準を導入したためである。会計基準の変更による

有料
200

”戦略を欠き破綻に追い込まれる企業には、ある共通する特徴が見られると論じた。” ”3つの限界を克服し、戦略策定・レビュー機能を再興できるのではないか。それが"Board 3.0"のコンセプトである。” https://www.rieti.go.jp/jp/projects/trinity_management/column_03.html

+6

スパークス・アセット・マネジメントの月次レポートを読んで #15 (2021年7月末版)

スパークス・アセット・マネジメントさんの運営するファンドの月次レポートを読んでみる定点観測です。 スパークスさんのnoteの記事です。 7月末基準の月次レポートをザッと読んでみてのメモです。 スパークス・ジャパン・オープン 今月も中身の濃いレポートです。取り上げられている投資先は #丸井グループ 丸井グループが発行している「共創経営レポート」という名の統合報告書を見ると、TCFD フォーマットでの開示のみならず、経営の隅々までサステナビリティを考慮する仕組みが組み込ま

スキ
7
+8

丸井グループのESGと人材戦略・DX・TCFDの取り組み。

本記事は、ESG/SDGs/CSVに関しての個人的な学びのアウトプットです。 2021年5月13日に行われた「日経SDGsフォーラム」での一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄氏の「見破られるESGと深化するESG経営」という講演がとても面白かったので、学びを共有いたします。 ESG経営を進化させる変革要素伊藤氏はESG経営を強靭化し、深化させる全体像をESGを取り巻く、6つの要素「資本生産性」「パーパス」「気候変動/TCFD」「DX(デジタルトランスフォーメーション

スキ
3

売らないテナント

みなさん、おはようございます。経営のパーソナル・トレーナーこと、 フジガッキーです! きょうは、先日の日経新聞一面に出ていた記事をご紹介し、感想など書いてみたいと思います。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ◆「売らないテナント」3割にまずは、記事のご紹介からです。 丸井グループは2026年3月期までに、売場面積の約3割を「売らないテナント」に転換する。通販など話題のネット企業を誘致し、商品やサービスを体験してもらう場にする。新型コロナウィルス禍で消費のネットシフトが加速して

スキ
4

クラウドクレジット・マンスリーレポート2021年5月号

『クラウドクレジット・マンスリーレポート』、通算23号目の発行となります。今月の償還をはじめ、投資家の皆様が気にされているトピックを中心にお伝えしていきます。 今月の特集は、『丸井グループとの連携企画:いまどきの若者が求める「社会とお金を育てる投資」』です。ここでは、2020年9月から2021年5月まで計4回にわたって不定期連載してまいりました、当社と株式会社丸井グループ(グループ会社含む)の若手社員の対談企画をご紹介いたします。 なお、現在募集中の当社ファンドにつきまし

スキ
15

【若手対談】いまどきの若者が求める「社会とお金を育てる投資」vol.4 ~一人ひとりの「幸せ」を実現するための投資~

「最近の若者はまったく・・・」などと言われていたのは昔の話。10代後半や20代、30代前半といった現在の若い世代の方たちは、「社会全体をより良くしたい!」という社会貢献や「将来を見据えて資産形成したい!」といった投資に対する地に足の着いた関心、意欲が高まっています。それでは、実際にいまどきの若者は、どのような考え方で、社会や会社への想いを持ち、また、自身のライフスタイルを望んでいるのでしょうか。 そこで、この『【若手対談】いまどきの若者が求める「社会とお金を育てる投資」』シ

スキ
16

SDGsとの付き合い方、生活編

SDGsとは、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことを示す言葉で、17のゴールが制定されています。最近では、企業や地域がSDGsの活動を行う事例を見聞きすることも増えました。日本では、循環共生型社会の構築の観点から、ゴミの削減も指標となっています。ゴミが増えれば燃焼するためのエネルギーも必要となるし、自然に流出すれば環境破壊につながり、口に入れた動物を食する人間に戻ってくる、ということになるのです。大きな枠組みで捉えると、すべてが地球環境とその中で暮らす

スキ
2