不安との向き合い方

私から見た新型コロナ

 志村けんさんが新型コロナウイルス肺炎で逝去されてから29日で1年経ちました。 最近の新型コロナですが、次々と変異株が生まれ新規感染者が減るどころか増えてる状態にあります。もしかすると人類は当分の間、新型コロナと向き合って生きなければならないでしょう🦠 此れはあくまで私の推測ではあり…

痛みや不安を「それ以上」にしない。

manakiアンバサダーのくろかわさいこです。 manakiでは「今を感じる」をベースにシンプルなワークの積み重ねを行い、日常暮らしに活かしていきます。 身体の感覚を入り口として気と意識を扱うので、その過程では「痛み」や「不安」と向き合うことも多々。 先生方との対話の中でいつも「本当にそうだ…

自分を知る、信じる ~アスリートの不安対処法~(小椋久美子:元バドミントン日本代表…

 スポーツで多くの成功を収めるトップアスリートも挫折や苦悩と無縁ではない。競技活動を左右するような大きな怪我や、勝つごとに大きくなるプレッシャーといかに向き合うのか。バドミントン北京五輪代表の小椋久美子さんが教えてくださいました。  今、世界中の人々がコロナ禍で人と触れ合うことを…

コロナ状況下の大学生(教員も?)の不安(高石浩一:京都文教大学臨床心理学部教授)#…

 今回、小中高に比べ、大学はかなりリモート授業に成功したところが多いようです。しかし、かつてない形の大学生活に、大学生も大学の先生も不安やさまざまな思いを抱いて過ごしていることと思われます。今の大学の現状について、青年期の心理臨床がご専門の高石浩一先生にお書きいただきました。 0.…

それは心の問題ではない(渡邊芳之:帯広畜産大学教授)#不安との向き合い方

 不安な世相を反映し、メンタルヘルスの重要性が、強く認識されるようになってきました。そのこと自体はとてもよいことだと思われます。しかし今、あまりに多くのことが心の問題とされ過ぎていないでしょうか。心を重要視することが、他の要因から目をそらすことにつながっているように感じることはな…

不安との向き合い方

生きていれば「不安」や「恐怖」に押しつぶされそうになる時が必ずあると思います。 そんな時の対処法、向き合い方についてお伝えしていきます。 その方法とは・・・ 徹底的に誤魔化すこと です。 酒に逃げるのは良くない・・・ とか言われたりしますが誤魔化すことができるな…

壁を築くより、橋を架けよう ~不安を解消するための処方箋~(土井隆義:筑波大学人文…

  感染症の問題は、不登校や自殺など、子どもの深刻な課題にどのような影響を与えたでしょうか。それを踏まえて更に考えなければならないことは何でしょうか。今の子どもの生きづらさについて、数多くの提言をされている土井隆義先生にお書きいただきました。 ● 登校を再開した不登校生徒  今年…

肯定を肯定する文学の力~岸政彦を読んで考える~(木股知史:甲南大学名誉教授)#不安…

 昔から文学は人の心を救ってきました。不安にかられたとき、物語や小説に心救われた方は少なくないでしょう。文学にはなぜ、そのような力があるのでしょうか。読者との間にどのような働きがあるのでしょうか。近代日本文学の研究者、木股知史先生にお書きいただきました。  文学が人間に救いや希望…

子ども虐待への不安~求められる親子のニーズに敵った早期支援(増沢 高:子どもの虹情…

 自宅にいることが増え、家族の重要性とともに、危険性もクローズアップされてきました。また、人との接触を避けることから、困難を抱える家庭への支援が届きづらくなっている状況もあるようです。そのような中、日本社会の深刻な問題である子ども虐待は、どのようになっているのでしょうか。どのよう…

パンデミックと子どもの不安(田中 哲:子どもと家族のメンタルクリニック やまねこ院長…

 大人から見ると、とるに足らないのではないかと思えるようなことにも、子どもは大きな不安を抱き、心押しつぶされる思いでいることがあります。大人さえ不安を募らせる現在の特殊な状況が、子どもの心に与えている影響は、無視できないものとなっているでしょう。子どもの不安を大人はどう理解し、対…