そういう個と。〜HSPのサステナワークプログラム〜

2017年頃より7,155人(R6.4現在)のHSPさんに伴走。働き方に迷うHSPさん…

そういう個と。〜HSPのサステナワークプログラム〜

2017年頃より7,155人(R6.4現在)のHSPさんに伴走。働き方に迷うHSPさんを対象に、サステナワーク(持続可能な働き方)を実現する6ヶ月グループプログラムをお届け。ポリヴェーガル理論をベースに、自律神経=ココロと身体のつながりを体得していくと、強みが芽吹き人生が変わる!

リンク

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

いまさら聞けないHSP基礎講座「HSPとは?」動画講座4本

そういう個と。編集チームです。 今日は ”いまさら聞けないHSP基礎講座” そういう個と。プログラム内でも扱う HSPについての基本的な解説動画を公開します。 こちらはHSP概念創始者であるアーロン博士の理論にそって HSPという特性はどういうものなの?を お伝えする内容で、 2019年から行っていたHSPメッセンジャー講座の冒頭でお伝えしていた部分です。 (現在は終了しています、500名弱の卒業生が日本全国でHSPの公平な概念を伝えてくれています) 動画講座①H

    • 「HSPの彼女がめんどくさい」どうしたら?〜パートナーシップとは横に並んで歩くこと

      身体感覚からのアプローチで生きづらさを卒業し強みで働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」主宰の皆川公美子です。 最近「HSPの彼女がめんどくさい」という記述をよく見かけるので、今日はそれに対して書いてみようと思います。 今回はこの「めんどくさい」という声の主を男性だとしてお話していきますね。 その状況にはいくつかのパターンがあるめんどくさいと感じる場面は、彼女が繊細で 音がうるさいカフェにはいられないとか、 すぐ疲れてしまうから、すぐ帰りたく

      • 「寛大な気持ちで接することができるようになった」「クヨクヨ悩まなくなった」~10期生修了のご感想集

        身体感覚からのアプローチで生きづらさを卒業し強みで働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」編集チームです。 昨年から始まった10期生の皆さんがそういう個と。プログラムを修了されました。 10期の皆さんは、【疲労回復】や【境界線を築く】をはじめとした身体感覚のスキルがものすごく上達した期だったということが、 いただいたご感想から伝わってきました。 主宰の皆川もそのことを強く感じていたようです。 そういう個と。は 社会で働いていて、または働きたいと

        • 【TRE残席2→新規様受付停止中】個人セッションメニューのご案内

          こんにちは。そういう個と。編集チームです。 本日は主宰皆川との個別セッションメニューをご紹介いたします。 これまで7,000人以上のHSPさんのお悩みに伴走してきた経験と 以下の専門家としての知識、技術などから よりよい人生へ好転するためのセッションを行っております。 新規様の受付を停止していた TRE(トラウマ&テンション・リリース・エクササイズ)ボディワークのセッションについては、現在若干名の参加を受け付けております。 皆川のセッションの枠に上限があるため、卒業生が

        • 固定された記事

        いまさら聞けないHSP基礎講座「HSPとは?」動画講座4本

        マガジン

        • 「そういう個と。」プログラム 卒業生の声
          15本
        • 提供メニュー/講座のご案内
          3本
        • サポート・支援者向け
          1本
        • HSPさんに多い強みランキング
          6本
        • HSPが味方にすると無敵【落ち着き力】のはなし
          5本
        • 仕事のやり方における資質の3タイプ
          4本

        記事

          【対人職向け】サポート・支援に使うポリヴェーガル理論講座を開講します

          身体感覚からのアプローチで生きづらさを卒業し強みで働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」編集チームです。 記事タイトルで発表しています通り、 対人支援のためのポリヴェーガル理論講座を開講いたします これまでHSPさんのお話しをたくさんたくさん伺ってきて HSPさんが自分の強みで社会で働いたり活動したりする日常を手に入れるためには HSPという神経系の敏感性を知るだけではなく 心身のつながり理論をインストールすることが不可欠だということを実感し

          【対人職向け】サポート・支援に使うポリヴェーガル理論講座を開講します

          身体には思考と違う声がある〜喜びは思考ではなくて身体から

          身体感覚からのアプローチで生きづらさを卒業し強みで働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」主宰の皆川公美子です。 身体から喜びがあふれてくる感覚、これをシェアできないかなと思って 今日はこの記事を書いています。 いわゆる記事や番組などは、言葉でもって社会に対面していくもので、感情的のエネルギー、体感的なものをなかなか伝えにくいですよね。 言葉だけの世界のなか、言葉だけの日常の中にいる現代人が大多数かもしれません。 けれども、そういう個と。プログ

          身体には思考と違う声がある〜喜びは思考ではなくて身体から

          組織向け「HSP特性の科学的理解〜ダイバーシティ・インクルージョン」講和・研修をお届けしています

          こんにちは。 身体感覚からのアプローチで生きづらさを卒業し強みで働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」編集チームです。 そういう個と。を運営しております株式会社サステナミーでは HSP(Highly Sensitive Person)概念の認知の高まりとともに 全国の教育委員会や学校現場、一般企業などでの講演・研修を 数多く担当させていただいております。 HSP特性の公平な理解〜ダイバーシティ・インクルージョンダイバーシティ&インクルージョン

          組織向け「HSP特性の科学的理解〜ダイバーシティ・インクルージョン」講和・研修をお届けしています

          自分に優しく接しよう。HSPさんの『周りが優しくないと、ダメ』のわけ

          身体感覚からのアプローチで生きづらさを卒業し強みで働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」主宰の皆川公美子です。 最近、自律神経理論に触れてくださる方が多くなってきて 喜ばしいことだなぁと思います。 私がポリヴェ―ガル理論に出会ったのは2018年でした。 ポリヴェーガル理論は身体と心のつながりを解明した理論です。 そこからおそらく日本で初めて HSPと自律神経理論を抱き合わせにしてお伝えしてきたのですが、 5,6年経って、心と身体の反応は連動して

          自分に優しく接しよう。HSPさんの『周りが優しくないと、ダメ』のわけ

          HSPだから生きづらさは仕方がない?いいえ、HSPは強みに転じます

          生きづらさを身体感覚からのアプローチで、卒業して強みで働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」主宰の皆川公美子です。 noteでは強みを生かすために、自分の生きづらさを変えていくためのお話をしています。 この、生きづらさを強みに転じていくというのは、人生の一番大きなトランジション(転機)であり、その変化に私は日々キャリアコンサルタントとして伴走させていただいている幸せを感じています。 のべ7,000名以上の方のお話を聞いてきて この強みの人生に転

          HSPだから生きづらさは仕方がない?いいえ、HSPは強みに転じます

          何かを始めるときに人の反応が心配、批判される気がしてならない方へ

          生きづらさを身体感覚からのアプローチで、卒業して強みで働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」主宰の皆川公美子です。 新年度が始まり、環境が変わった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 新しく何かを始めるときにネガティブな気持ちを抱えやすいあなたに、今日はお伝えしたいと思います。 今日のテーマは、一歩踏み出す時に不安が出てしまうことについて。 本記事の音声版はこちらからお聞きいただけます。 なんだかわからない理由のない恐れやもやもや

          何かを始めるときに人の反応が心配、批判される気がしてならない方へ

          「私なんかが参加していいかな?」という想いが湧いてきてしまうとき

          HSPさんがラクに仕事できるようになるための心と身体のプログラム「そういう個と。」主宰の皆川公美子です。 ここのところ、そういう個と。プログラムやイベントへのお問い合わせをいただくことが増えてきました。 そんな中で 「わたしなんかが参加していいのでしょうか。」 というお声を聞くことが何度かあります。 今日はその点についてお話したいと思います。 以前、stand.fmにてこんなレターをいただいたことがあります。 どうもありがとうございます。 このレターを書くのにきっと

          「私なんかが参加していいかな?」という想いが湧いてきてしまうとき

          感情のシェアが人間関係の深さをつくる〜『伝える』と『反応を受け取る』のコツ

          HSPさんが生きやすくなるための心と身体のプログラム「そういう個と。」主宰の皆川公美子です。 3月も終わりが近づいて、もうすぐ新年度ですね。 新しい部署や新しい職場など、新たな人間関係を間近に控えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 新しい環境の中で、どうやって人間関係を築くのか。 これはHSPだけではなく、全ての人にとって一番のテーマかもしれませんね。 HSPは内向型であっても外向型であっても自分の内側で起こることから深く影響を受ける HSPには内向型・外向

          感情のシェアが人間関係の深さをつくる〜『伝える』と『反応を受け取る』のコツ

          「よく眠れるようになった」「悩まず断れる自分がいる」「自分の体調パターンに気づいて対処が簡単に」~9期生修了のご感想集

          HSPがととのいながら働く。 そういう個と。プログラム主宰の皆川です。 秋から始まった9期生の皆さんがプログラムを修了されました。 そういう個と。は 社会で働いていて、または働きたいと思っていて 現在なんらかの行き詰まり感をお持ちの方に ・マインド(言葉や理論)の面 と ・ボディ感覚(ソマティック) な実際のワーク の両方からアプローチして 生きづらさを手放し、 自分らしく生き生きと働ける術を身につけていただくプログラムです。 身体とつながるとHSPさんはご自

          「よく眠れるようになった」「悩まず断れる自分がいる」「自分の体調パターンに気づいて対処が簡単に」~9期生修了のご感想集

          【募集開始】安心は身体から【12期生-4月スタート】働くHSPのための6か月プログラム「そういう個と。」

          こんにちは、HSPサステナワークプログラム「そういう個と。」編集チームです。 そういう個と。12期生の募集が始まりました! 現在開催中の期に続き 4月はじまりの12期生お申し込みがスタートしました! そういう個と。プログラムは ・HSPさん7000名以上への個別サポート ・2019年からのHSPメッセンジャー講座(※HSP概念をアーロン博士の知見に準拠しながら正しく伝えるための講座)28期分 ・そして2022年からのそういう個と。プログラム 2年間(0-11期) の知

          【募集開始】安心は身体から【12期生-4月スタート】働くHSPのための6か月プログラム「そういう個と。」

          【HSPの転職】転職時に必要な大きなエネルギーを確保する意外な方法

          生きづらさを卒業して強みで働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」主宰の皆川公美子です。 今日は「転職を考えている時にはまず、エネルギーを貯めよう」というメッセージをお届けします。 活力とかエネルギーってなに?〜実は不思議な人間の動力 「転職を考えている時にはまず、エネルギーを貯めよう」というのは当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、意識している人が意外と少ないなということをご相談の現場で感じているので、今日はテーマにしてお伝えしてみようと

          【HSPの転職】転職時に必要な大きなエネルギーを確保する意外な方法

          電話や自己紹介が苦手です、という内向型HSPさんへ

          生きづらさを卒業して働く、HSPのための自律神経ケア×強みプログラム「そういう個と。」主宰の皆川公美子です。 今日は内向型HSPさんへ。 「電話とか、人に自己紹介をするとか、人に何か提案をするとか、そういうときにさっと言葉が出てこなくて焦ってしまう」というお悩みについてお伝えしたいと思います。 前提の話。頭で考えた理想通りに、行動できた人はいますか? 今日のこのテーマで最初に皆様にお伝えしたいのは「自分の思考で、もっと積極的に自己紹介をしなきゃ、とか、もっと積極的に明る

          電話や自己紹介が苦手です、という内向型HSPさんへ