金子書房

出会いと別れの心理学(杉渓一言:日本女子大学名誉教授)#出会いと別れの心理学

人は日々に出会いと別れと繰り返しながら、それぞれの人生を紡いでいます。その織りなす綾を、長年にわたって見続け、体験を通して研究されてきた心理学者杉渓一言先生に、今、出会いと別れについて思うことを自由にお書きいただきました。  月一回、朝日新聞に掲載される瀬戸内寂聴さんのエッセー「…

【第1回】今の子どもたちへの危機感(半田一郎:子育てカウンセリング・リソースポート…

はじめに  この度、SOSの聴き方受け止め方というテーマで連載させていただくこととなりました。非常に深いテーマですので、私なりの問題意識や経験に基づいて、意味のある内容をお届けできるように努めたいと思います。  実は、このテーマで連載させていただく背景には、私なりの危機感があります。…

別れることの難しさ -ホスピス・精神科クリニックでの印象に残る「別れ」- (徳田智代…

出会いがあれば別れがあるのが常です。しかし、何度体験してもその衝撃は大きく、受け止めることは難しいものです。また同じ別れでも、人によって受け止め方は異なり、人生における意味合いも違っているのではないでしょうか。心理職として、多くの現場で出会いと別れを体験してきた徳田智代先生に、印…

子どもの自立を考える(田中陽子:九州保健福祉大学准教授)#出会いと別れの心理学

子どもが親から心理的に、そして経済的にも離れていく自立というもの。以前は、互いに強くぶつかり合い、葛藤しながら別れていくというイメージがありました。今の親子には、そのように衝突し合う姿はあまり見受けられないのではないでしょうか。変わってきた親子関係の中、子どもの自立をどうとらえ、…

一期一会の光(神野紗希:俳人)#出会いと別れの心理学

五七五で、様々な時代の様々な人々の、多彩な心模様をくみ取ってきた俳句の世界。俳人の神野先生に出会いと別れの俳句をテーマに、この状況下で思うことをお書きいただきました。 「であわなければ、よかったのに!」  保育園まで、大人の足で歩けば10分ほどで着くはずなのですが、5歳の息子と一…

アニメーションの出会いと別れ(横田正夫:日本大学特任教授)#出会いと別れの心理学

日本を代表する文化として世界中に知られるアニメーション作品では、どのような出会いと別れがあるでしょうか。アニメーションを心理学の知見から考察し続けている横田正夫先生に、印象的な出会いと別れについてお書きいただきました。 印象的な別れ  日本のアニメーションでは心の繋がりが強調され…

コロナ禍の現代に回帰するウルトラマンのメッセージ(神谷和宏:中学教諭・批評家)#出…

絶体絶命の危機にさっそうと現れ、人々を救い、ある日去っていく。特撮やアニメで繰り返し描かれて来たヒーローとの出会いと別れについて、ウルトラマン研究で著名な神谷和宏先生にお書きいただきました。 はじめに  1966年に放映開始され、今年2021年に55周年を迎えた『ウルトラマン』シリーズ。各…

おさなごころの出会いと別れ(大竹直子:臨床心理士・公認心理師)#出会いと別れの心理…

幼い頃の記憶は、人によって差があります。保育園の頃のことは、ほとんど覚えていないという人もいます。そんな頃の出会いと別れは、子どもの心に、また将来にどのような影響を及ぼすのでしょうか。その際、周囲のおとなたちによる大切なかかわりとは何でしょうか。保育カウンセリングがテーマの著書を…

大人になった教え子たちへ(樺澤徹二:高崎経済大学学生サポートセンターカウンセラー・…

入学式や卒業式で校長先生のお話を聞く。教室で先生のお話を聞く。誰しもが体験してきたことです。 そんな児童生徒だった私たちが、先生や校長先生たちと同じくらいの歳になったとき、かつての先生や校長先生は、大人になった私たちに、どのようなことを語りかけてくれるでしょうか。 群馬県で校長先生…