GIVEのリスト

喜多川泰さんの『君と会えたから……』

この本に出会ってもう12年経つけど、いまなお定期的に読み返すのは、本当に大切なことをたくさんたくさん、教えてもらったからだと思います。

今日はその中でもGIVEのリストを。ここにも、残しておこう。

✎︎____________

本からの引用はこちら↓

私が人からなにかをもらうことがあるとしたら、先に私がその人のために何かをしたときだけよ。

自分の欲

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。私もスキです♡

映画は人生の教科書

こんにちは、屋根裏の地図です!

突然ですが
皆さんが映画を観る理由ってなんですか?

単に好きだから、ストレス発散法が映画鑑賞、趣味だから、好きな俳優がいるから等様々な理由で映画を観ていると思います。

今回は私が映画を好きな理由を書いていこうと思います。

私は小さな頃から家族で毎週日曜日は映画を観て過ごしていました。昔は"ただ面白いから"という理由で観てました。
最近になって思うことは、映画

もっとみる

ドラッグストアで大量に見かける「楽天売上No.1!」商品の謎

ドラッグストアやバラエティーショップなどで、「楽天で売上No.1!」とか「@cosmeでナンバーワン!」といったシールが貼られた商品を見たことはないでしょうか。1位はひとつしかないはずなのに、たくさんの商品に貼られています。そのカラクリと各企業がここまで「1位」にこだわる理由について、ブランドコンサルタントの乙幡満男さんに教えてもらいました。

なぜそこまで「1位」にこだわるのか?

「2位じゃだ

もっとみる
今日は絶対いいことあると思います!
2

バイブル

「どんな本が好きか」と問われたら、「退屈しないもの」と答える。

じゃあ「どんな本が退屈しないのか」と問われたら、僕の場合、「共感するもの、あるいは想像を超えてくるもの」と答える。

これは本に限ったことではなく、映画でも何でも。

「想像を超えてくるもの」に関して、ストーリーだけのことを言えば、その展開パターンは数種類しかないと思っていて、大体はそれに当てはまる。

それは王道、または基本とも言

もっとみる

このnoteの記事全てを出したら、福祉用具専門相談員にとって、バイブル的な本を一冊は書ける。今、介護の雑誌に連載している内容も含めたい。

貴重なスキをありがとう(//∇//)
3

どんな本にも、ここまで福祉用具専門相談員について書いている本は絶対に無い。だからこそ「新たに生む」大変さはあるけど、自分がその役目を果たさないと、っていう使命感に駆られる。そんな記事をお伝えする。

モダン焼きを腹一杯…幸せ(*´∀`)♪
4

自分「バイブル」を創る

私は昔、
「精神的に」体調を崩すことが多かったように思います。

別に、
「 病気 」とかではなくて、

「一時的」に、
身体も心も休めたいなぁ、みたいな感じ。

私は、
「HSP&ギフテッド」なので、元々とても敏感です。

今週、
「 宇宙 」の流れ的に、体調を崩される方が多いかもしれません。

私も昨日、
少し「 身体 」に反応が出ていて、

なぜか、
ものすごく「 昔 」のことを思い出させら

もっとみる
いつもありがとう🙏💓
13

無人島一冊

とあるグラフィックに関するトライアルイベントにクリエイターとして参加した時の事だ。
その活動の一環なのだが、渋谷にあるデザイン系の学校の特別授業において、参加クリエイター4人が対談するというのがあった。

このメンバー、超有名アートディレクター3人と殆ど無名のフォトグラファー1人(僕)というなかなか痺れる展開なのだが逆に職業が違うからかビビる事もなく、堂々とやらせてもらった(^^)
(自分もアート

もっとみる
サンキューです!
19

いつもとはちょっと違うお仕事

こんばんは。うまうまです。

入社してからずっとなのですが
大学のリクルーターをやっています

OBとして訪問し 推薦取得や自由応募の
斡旋やアドバイスをします

通常の仕事は部品調達なのですが就活シーズンには採用グループに駆り出されます
自分が担当してからは毎年推薦も自由でも
入社を決めており最近自信をつけてます

今年は 日頃コロナの影響で生産ラインが〜
と言ってピリピリしている中の活動は

もっとみる
Thanks!  モチベアップ!
2

「PB=低品質」を変えたセブンプレミアムのブランド戦略

「青春オンラインより」

2007年の発売以来、累計販売額は10兆円となり、名実ともに国内ナンバーワンのPB(=プライベートブランド)として成長した「セブンプレミアム」。PBのパッケージに、ある文言を入れることで売上げがはね上がった西友。いまやPBに「安かろう、悪かろう」のイメージはありません。消費者の刷り込みを一変させた企業戦略を、ブランドコンサルタントの乙幡満男さんに教えてもらいます。

「セ

もっとみる
今日は絶対いいことあると思います!
12