スポーツ文化

【Issue.1】CURVA MACHIDA公式note "When Sunday Comes"キックオフ!

【Words from the Leader:CURVA MACHIDA代表より】

FC町田ゼルビアサポーターの皆さま、こんにちは!CURVA MACHIDA代表の双木 友輝です。

このたびCURVA MACHIDAの公式note "When Sunday Comes"を新しく始めることになりました。
応援のことはもちろんですが、アウェイ遠征でのできごとなど、スタジアムの外のことも書いていけた

もっとみる

【Fトーク#2】 女性フィットネスマーケットの現状と未来を語る「フィットネスがライフスタイルの一部に」 ゲスト:影山桐子氏

今回のゲストは、世界55ヶ国以上で大人気のフィットネス&ライフスタイルメディア「ウィメンズヘルス(日本版)」で編集長を務める影山桐子さん。株式会社F(エフ)の久保田万美が、影山さんと女性のフィットネスマーケットの現状と未来について語りあいます。(*こちらの対談は2019年11月にFのオフィシャルサイトにて公開された記事になります)

女性のフィットネスマーケットを知り尽くす2人のトークをお楽しみく

もっとみる
ありがとうございます!
6

【Fトーク #4】 スポーツビジネスのあるべき姿について考える「勝敗に関係なくマーケットが成り立つ状態が必要」 ゲスト:佐藤夏生氏

昨年からスタートした「Fトーク」。 Fメンバーがこの人と語り合いたいと思う方にお声がけしてスタートした対談企画です。 過去のトークも順次アップしていきますね。

さて、今回のFトークゲストは、博報堂でエグゼクティブクリエイティブディレクターを務め、現在は様々な分野でクリエイティブワークを手がける、「EVERY DAY IS THE DAY」のクリエイティブディレクター / CEOの佐藤夏生さん。株

もっとみる
ありがとうございます!
25

甲子園の中止決定について

甲子園が昨日、正式に中止となった。

それを受けて、早速多くの想いや、言葉がネットを通じて発信されている。再認識されるのは、"甲子園"というブランドの高さ。

批判論も含めて、甲子園の与える影響力は非常に大きい。
その点今回の中止のインパクトは非常に大きい。

今日はそれを受けて、思いつきではあるが、今後夢の舞台がなくなった球児(そのほかのスポーツ選手も含め)達への配慮を考えていきたい。

まず初

もっとみる

スポーツをマーケティングする

今日は将来的に自分自身がしたいことを投稿していく。

結論から言うと、題名の通り
『スポーツをマーケティングしていく』ということ。
そして、その先にある
『スポーツを文化にしていくこと』である。

元々は、野球一本で育ち、
高校野球の現役時代から、
『指導者として、甲子園で優勝をする!』
という夢を持ち、スポーツ系の学部へ進学した。

その中で、スポーツを
教育・健康・マネジメント(ビジネス)・科

もっとみる

アマチュアスポーツにおけるスポーツ人口の考え方

今日はアマチュアスポーツに関して、私の考えを書いていきたい。

先日、高校野球の在り方について、記事を書いたがが、
その記事内のスポーツ人口に関する話題と関連してくるだろう。

分かりやすく"野球"の中で書いていきたい。

野球は現在、『野球離れ』や『競技人口の減少』が問題視されている。
その理由は、色んな要素があるかと思うが、個人的には
 ・スポーツの多様化 ※多種目の魅力増
 ・野球人気の減少

もっとみる

Jリーグへの幻想

スポーツクラブ(フットボールクラブ)は何のために存在するのでしょう?

 「スポーツクラブ(フットボールクラブ)がスポーツ(フットボール)を通じて、豊かな社会を形成するため」に他なりません。フットボールクラブの目的は、勝ち続けることでも、Jリーグに加盟するためでも有りません。

 私が居住している東京都町田市を例にとると、「FC町田ゼルビア」は、「町田市民」にフットボールを通じて、豊かな社会を形成

もっとみる

地域の公園の重要性

どうしたら日本全国の地域にスポーツ文化が根付いていくのか。

どうしたら、地方がスポーツを通して活性化していくのか。

このことを考えていた時に、ふと私の小中学生のころを思い出しました。

スポーツが大好きだった私は毎日のように野球やサッカーをしていました。

しかし一つだけ大問題が...

それは球技(サッカーや野球)ができる公園が、非常に限られていたこと

皆さんも家の近くの公園などでこのよう

もっとみる
やったー!
5

スポーツの価値判断

こんにちは。

今日はとても寒いです。
雨も降っています。

父が東京に出張に来ているみたいですが、
夜練のため今回は会うことができませんでした。

年末また会うのが楽しみです。

さて、今日は昨日の三限の振り返りです。

授業の半分くらいは

日本vsポーランド
のコラムを書いた人

の話でした。

今日はこれをメインに書いていこうと思います。
学芸の特定の授業を受けていない人にとっては

もっとみる
ありがとうございます!拡散していただけたら心の底から嬉しいです!!
1