OWL magazine

「サポーターは旅を通じて世界を繋ぐ」をコンセプトとした、サッカーを中心とするスポーツツーリズムのウェッブ雑誌です。主筆である作家中村慎太郎の他、サッカー界内外の著名人、一般のファン・サポーターなどの記事を掲載。観戦文化に新しいムーブメントを起こすことに全力で取り組んで参ります。

OWL magazine

「サポーターは旅を通じて世界を繋ぐ」をコンセプトとした、サッカーを中心とするスポーツツーリズムのウェッブ雑誌です。主筆である作家中村慎太郎の他、サッカー界内外の著名人、一般のファン・サポーターなどの記事を掲載。観戦文化に新しいムーブメントを起こすことに全力で取り組んで参ります。

    ストア

    • 商品の画像

      〝サッカー旅〟を食べ尽くせ! すたすたぐるぐる 信州編

      -----------------------------------------------------------★特典★当ページよりご注文いただくと、ニシカサイペンギンのオリジナルステッカープレゼント!!-------------------------------------------------------------全国47都道府県へのサッカー旅をつづる『すたすたぐるぐる』シリーズ。第二弾は、信州・長野県!!本シリーズの第一弾である埼玉編は、サッカー本大賞2022優秀作品に選出されました!!町歩き、観光、食べ歩き、登山、サッカー観戦、サポーターの昔話……。信州を大満喫した紀行文集です。スタジアムグルメの話もたくさん出てきますが、グルメガイド本ではないのでご注意ください。信州といえば、長野パルセイロと松本山雅が争う「信州ダービー」が有名で、映画『クラシコ』の題材にもなっています。北信・長野と中信・松本の確執は、古くは明治初期の廃藩置県からはじまり、乱闘や「原因不明の火事」が多発しました。当時ほどではないものの、対立構造は現在まで続いています。その熱量を背景に、両クラブにとって「絶対に負けたくない戦い」が信州ダービーです。本書は、信州のサッカー文化を「旅」というアングルから探っていくことで、信州ダービーの背景を読み解いています。------------------------------------------------------------★登場するクラブ★(登場順)長野パルセイロ、長野パルセイロレディース松本山雅アルティスタ浅間アザリー飯田ボアルース長野------------------------------------------------------------<代表的な著者>中村慎太郎 OWL magazine代表、西葛西出版でも代表。『サポーターをめぐる冒険』(ころから)がサッカー本大賞2015を受賞。企画・編集・執筆を担当。サッカー観戦は宗教じゃないから自由に楽しくすれば良い主義者。宇都宮徹壱写真家・ノンフィクションライター。『フットボールの犬 欧羅巴1999-2009』(東邦出版)が第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ 』(カンゼン)がサッカー本大賞2017を受賞。その他著書多数。古川康平長野パルセイロの元コールリーダー。かつての信州ダービーを戦い抜く。のんちゃん長野生まれの女子大生。おやきやナスキーなど長野への愛を語る。Harako登山とサッカーと変なものを愛する夢見がちな人。GKがとても好き。キャプテンさかまきOWL magazine副編集長。自転車に乗って善光寺から松本城へ。澄山シン松本山雅の古参サポーター。よく松本で飲んでいる。最近は文豪と呼ばれている。薄荷松本に住む天才系クリエイター。高崎選手の影響で最近はキノコばかり食べている。FJまりこ世界は私の庭!旅するフットボールジャンキー。キワタユウ癖の強い長崎サポーター。音楽を愛する人。五十嵐メイフットサルと酔いどれ担当。-------------------------------------<目次>【前書き】●日本全国すたすたぐるぐる宣言●世界へ羽ばたけ、信州のサッカー【1 長野】●長野パルセイロレディースと信州松代ワンダーランド●皆神山と神々もしくは宇宙人●長野パルセイロ、伝説のコールリーダーの未練と後悔●私のふるさと、長野へようこそ●茶臼山のちUスタ~恐竜の山に全力〝橙頂〟~【2 長野から松本へ】●脚で感じる信濃の国~自転車で長野から松本へ~【3 松本】●松本山雅、昔話 サポーターになったおじさん●松本でご飯を食べてお酒を飲む東京の人●小さなおやきと広がる幸せ●東京は信州山形村・松本の「出城」です●続・松本山雅、昔話 信州ダービーの思い出●焼岳のちアルウィン~そこに山雅があるから~【4 信州】●映画『クラシコ』とアルティスタ浅間の現在地●飯田の街は北信越の夢を見るのか●架空のクラブ、白馬FCを求めて●「楽都」松本にて、ギター職人の結晶をめぐる旅●上山田温泉の誘惑とボアルース長野-----------------------------------------------このシリーズを47都道府県続けていけるように頑張ります!是非お読みください!
      ¥1,980
      西葛西出版の本屋さん
    • 商品の画像

      〝サッカー旅〟を食べ尽くせ! すたすたぐるぐる 埼玉編

      「サッカー本大賞2022」優秀作品に選ばれました!https://www.footballchannel.jp/2022/04/05/post458882/-----------------------------------------------------------★特典★当ページよりご注文いただくと、ニシカサイペンギンのオリジナルステッカープレゼント!!-------------------------------------------------------------47都道府県へのサッカー旅紀行。第一弾はまさかの埼玉県!壮大な旅が始まろうとしている!<前書き 日本全国すたすたぐるぐる宣言より>「今日はサッカーの日だ。家を出て、スタジアムに行こう。すたすたぐるぐる、歩いて行こう。スタジアムには何だってある。試合がある。スタジアムグルメがある。ビールがある。音楽がある。たくさんのサッカー仲間がいる。」サッカー旅とは餃子のようなもの。サポーターの楽しみすべてを包み込んで、おいしくパッケージしてくれます。試合、スタグル、空港、電車、観光、マスコット……。サッカーの試合はメインディッシュですが、それがすべてではありません。サッカーには詳しくないけど、スタジアムで過ごす時間は大好き。楽しみ方は人それぞれ。それでいいのです!!この本は、サポーター文学であり、スポーツツーリズムの本であり、地域の食文化本です。珍書、奇書の類かもしれませんが、丁寧に作りました。是非手に取ってみてください。<代表的な著者>中村慎太郎(@Shintaro)サッカー旅の本が作りたくて、タクシードライバーをしながら出版社を創業した東大卒のおじさん。株式会社西葛西出版代表取締役社長。OWL magazine代表。『サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった』(ころから)でサッカー本大賞2015を受賞。宇都宮徹壱(@tete_room)写真家・ノンフィクションライター。『フットボールの犬 欧羅巴1999−2009』(東邦出版)で第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ 』(カンゼン)でサッカー本大賞2017を受賞。その他著書多数。<目次>【前書き】●日本全国すたすたぐるぐる宣言●なぜ埼玉県を旅することになったのか【1 大宮】●オレンジ色に染まる街、大宮を食べ尽くせ!!●これからも、大宮とともに【2 大宮から浦和へ】●地図にないものを、探しに行こう。大宮から浦和への道。【3 浦和】●静かなる浦和と三菱重工浦和レッズレディース●REDS GO TO THE WORLD!【4 埼玉県】●『キューポラのある街』川口市に生まれたクラブ●埼玉と新潟を繫ぐ店 吹上の名店「どんまいじゃん」●アルディ・狭山茶・ゾウキリン●かるたをかたる ①彩の国21世紀郷土かるた●埼玉に南部はなく、秩父がある。●かるたをかたる ②さいたま郷土かるた●知られざる川越ダービー COEDO KAWAGOE対さつまいーも川越
      ¥1,760
      西葛西出版の本屋さん
    • 商品の画像

      〝サッカー旅〟を食べ尽くせ! すたすたぐるぐる 信州編

      -----------------------------------------------------------★特典★当ページよりご注文いただくと、ニシカサイペンギンのオリジナルステッカープレゼント!!-------------------------------------------------------------全国47都道府県へのサッカー旅をつづる『すたすたぐるぐる』シリーズ。第二弾は、信州・長野県!!本シリーズの第一弾である埼玉編は、サッカー本大賞2022優秀作品に選出されました!!町歩き、観光、食べ歩き、登山、サッカー観戦、サポーターの昔話……。信州を大満喫した紀行文集です。スタジアムグルメの話もたくさん出てきますが、グルメガイド本ではないのでご注意ください。信州といえば、長野パルセイロと松本山雅が争う「信州ダービー」が有名で、映画『クラシコ』の題材にもなっています。北信・長野と中信・松本の確執は、古くは明治初期の廃藩置県からはじまり、乱闘や「原因不明の火事」が多発しました。当時ほどではないものの、対立構造は現在まで続いています。その熱量を背景に、両クラブにとって「絶対に負けたくない戦い」が信州ダービーです。本書は、信州のサッカー文化を「旅」というアングルから探っていくことで、信州ダービーの背景を読み解いています。------------------------------------------------------------★登場するクラブ★(登場順)長野パルセイロ、長野パルセイロレディース松本山雅アルティスタ浅間アザリー飯田ボアルース長野------------------------------------------------------------<代表的な著者>中村慎太郎 OWL magazine代表、西葛西出版でも代表。『サポーターをめぐる冒険』(ころから)がサッカー本大賞2015を受賞。企画・編集・執筆を担当。サッカー観戦は宗教じゃないから自由に楽しくすれば良い主義者。宇都宮徹壱写真家・ノンフィクションライター。『フットボールの犬 欧羅巴1999-2009』(東邦出版)が第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ 』(カンゼン)がサッカー本大賞2017を受賞。その他著書多数。古川康平長野パルセイロの元コールリーダー。かつての信州ダービーを戦い抜く。のんちゃん長野生まれの女子大生。おやきやナスキーなど長野への愛を語る。Harako登山とサッカーと変なものを愛する夢見がちな人。GKがとても好き。キャプテンさかまきOWL magazine副編集長。自転車に乗って善光寺から松本城へ。澄山シン松本山雅の古参サポーター。よく松本で飲んでいる。最近は文豪と呼ばれている。薄荷松本に住む天才系クリエイター。高崎選手の影響で最近はキノコばかり食べている。FJまりこ世界は私の庭!旅するフットボールジャンキー。キワタユウ癖の強い長崎サポーター。音楽を愛する人。五十嵐メイフットサルと酔いどれ担当。-------------------------------------<目次>【前書き】●日本全国すたすたぐるぐる宣言●世界へ羽ばたけ、信州のサッカー【1 長野】●長野パルセイロレディースと信州松代ワンダーランド●皆神山と神々もしくは宇宙人●長野パルセイロ、伝説のコールリーダーの未練と後悔●私のふるさと、長野へようこそ●茶臼山のちUスタ~恐竜の山に全力〝橙頂〟~【2 長野から松本へ】●脚で感じる信濃の国~自転車で長野から松本へ~【3 松本】●松本山雅、昔話 サポーターになったおじさん●松本でご飯を食べてお酒を飲む東京の人●小さなおやきと広がる幸せ●東京は信州山形村・松本の「出城」です●続・松本山雅、昔話 信州ダービーの思い出●焼岳のちアルウィン~そこに山雅があるから~【4 信州】●映画『クラシコ』とアルティスタ浅間の現在地●飯田の街は北信越の夢を見るのか●架空のクラブ、白馬FCを求めて●「楽都」松本にて、ギター職人の結晶をめぐる旅●上山田温泉の誘惑とボアルース長野-----------------------------------------------このシリーズを47都道府県続けていけるように頑張ります!是非お読みください!
      ¥1,980
      西葛西出版の本屋さん
    • 商品の画像

      〝サッカー旅〟を食べ尽くせ! すたすたぐるぐる 埼玉編

      「サッカー本大賞2022」優秀作品に選ばれました!https://www.footballchannel.jp/2022/04/05/post458882/-----------------------------------------------------------★特典★当ページよりご注文いただくと、ニシカサイペンギンのオリジナルステッカープレゼント!!-------------------------------------------------------------47都道府県へのサッカー旅紀行。第一弾はまさかの埼玉県!壮大な旅が始まろうとしている!<前書き 日本全国すたすたぐるぐる宣言より>「今日はサッカーの日だ。家を出て、スタジアムに行こう。すたすたぐるぐる、歩いて行こう。スタジアムには何だってある。試合がある。スタジアムグルメがある。ビールがある。音楽がある。たくさんのサッカー仲間がいる。」サッカー旅とは餃子のようなもの。サポーターの楽しみすべてを包み込んで、おいしくパッケージしてくれます。試合、スタグル、空港、電車、観光、マスコット……。サッカーの試合はメインディッシュですが、それがすべてではありません。サッカーには詳しくないけど、スタジアムで過ごす時間は大好き。楽しみ方は人それぞれ。それでいいのです!!この本は、サポーター文学であり、スポーツツーリズムの本であり、地域の食文化本です。珍書、奇書の類かもしれませんが、丁寧に作りました。是非手に取ってみてください。<代表的な著者>中村慎太郎(@Shintaro)サッカー旅の本が作りたくて、タクシードライバーをしながら出版社を創業した東大卒のおじさん。株式会社西葛西出版代表取締役社長。OWL magazine代表。『サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった』(ころから)でサッカー本大賞2015を受賞。宇都宮徹壱(@tete_room)写真家・ノンフィクションライター。『フットボールの犬 欧羅巴1999−2009』(東邦出版)で第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ 』(カンゼン)でサッカー本大賞2017を受賞。その他著書多数。<目次>【前書き】●日本全国すたすたぐるぐる宣言●なぜ埼玉県を旅することになったのか【1 大宮】●オレンジ色に染まる街、大宮を食べ尽くせ!!●これからも、大宮とともに【2 大宮から浦和へ】●地図にないものを、探しに行こう。大宮から浦和への道。【3 浦和】●静かなる浦和と三菱重工浦和レッズレディース●REDS GO TO THE WORLD!【4 埼玉県】●『キューポラのある街』川口市に生まれたクラブ●埼玉と新潟を繫ぐ店 吹上の名店「どんまいじゃん」●アルディ・狭山茶・ゾウキリン●かるたをかたる ①彩の国21世紀郷土かるた●埼玉に南部はなく、秩父がある。●かるたをかたる ②さいたま郷土かるた●知られざる川越ダービー COEDO KAWAGOE対さつまいーも川越
      ¥1,760
      西葛西出版の本屋さん

    最近の記事

    OWL magazineの更新停止と今後について

    OWL magazine代表の中村です。 読者の皆様へ、お知らせがございます。 旅とサッカーを紡ぐウェブ雑誌として2019年2月に創刊したOWL magazineは、noteの有料月額マガジンとして毎月15記事程度を更新してきました。約1年間、毎日更新をしていたこともあります。 規模は小さいですが、炎上騒ぎを起こすこともなく平和に運営することができました。また、ほとんど利益は出せませんでしたが、ライターへの原稿料を何とか支払える程度には売上をあげることができました。 お

      • チェアリング×サッカー旅のススメ!

        この文章は恋する主婦サポーター、さとうかずみさん(twitter)に寄稿していただきました。実は椅子に座らなくても体力が尽きることがない無敵のかずみさんの文章をぜひお読みください。 この記事はOWL's Forestのメンバーによる寄稿ということで無料公開させていただいております。 旅に行けない。 サッカー遠征旅に行けない。 コロナめ…。 第7波!? 思わずエヴァンゲリオンの第七の使徒を検索してしまったよね……。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』エヴァンゲリオン新劇

        • みんなで遊ぼうOWL山。会社を大きくして山を買いたいおじさんの話。

          皆様こんにちは。 実務の方は編集長のさいおさんにお願いしているのですが、いつまでたってもOWL magazine代表の中村です。いつ代表じゃなくなるのかというのを考えると、ぼくより書ける人が出てきたら、ですかね。五十嵐メイが家出してしまったので、しばらくは代表おじさんとして活動することになりそうです。 さて、今回はOWL magazineで山を買いたいという話をしようと思います。「山を買う」という言葉は実に魅力的ですがリスクもあって、先日も山を購入した有名Youtuber

          • たまにはメイン席も良いかも!ギオンスで席種を変えて見えた景色

            命名:環七ダービー 東京23FCvs南葛SCの怖すぎる因縁と輝かしい未来

             江戸川区と葛飾区について、皆さんどのくらいご存じだろうか。葛飾区については『こち亀』があるからある程度イメージが湧くかもしれない。しかし、それ以上となるとどうだろうか。江戸川区については葛西臨海公園と地下鉄博物館の名前を挙げる人はいるものの、それ以上知っている人は元居住者くらいのものだ。  江戸川区には東京23FCがあり、葛飾区には南葛SCがある。  この2つのクラブは関東1部リーグに所属しているため直接対決が行われる。隣町同士の試合なので、これをダービーと呼ぶ人もいる

            旅とサッカーのマガジンが静岡県を本にするとこうなる【無料公開】

             OWL magazine代表に居座っている中村です。世の中に不安がうずまく状況に突如なってしまいました。  思えばぼくが「夢」や「エンタメ」など楽しいことをしようと思ったのは、311の大震災があったときのことでした。世間を暗いムードが覆う中で、当時聞いていたPodcastチャンネル『東京ポッド許可局』が、番組を無料公開しました。  被災している皆さんが少しだけでも苦しみを忘れられたら……という趣旨でした。不謹慎だという人もいましたが、救われたという被災者の声もありました

            OWL magazineの今後について考えていることと、物書きとして挑戦する姿勢!!

             OWL magazine代表の中村慎太郎です。  OWL magazine代表という肩書きでずっとやってきましたが、最近は名乗る機会も減ってきました。西葛西出版の人というニュアンスが強まってきているからです。「OWL magazine代表」という肩書きだけで2年半戦ってきたなぁと思うと感慨深いです。  というわけで、OWL magazineの今後について書いていこうと思います。 ・Youtubeでやるべきこと ・ゲームチェンジャーとなる人材発掘 ・編集長さいおの超電磁

            旅の思い出としてのタオルマフラー。

            この文章は恋する主婦サポーター、さとうかずみさん(twitter)に寄稿していただきました。西葛西出版のタオルマフラー制作委員長に任命されたかずみさんの文章をぜひお読みください。 この記事はOWL's Forestのメンバーによる寄稿ということで無料公開させていただいております。  子供の頃、親戚の家に遊びに行った。従兄弟の兄ちゃんたちが、旅先の地名の入った提灯やらペナントやら部屋中に飾っていた。そんな記憶がある。    天井に貼ったペナントとアイドルのビキニ姿のポスタ

            サンガスタジアムが伝えてくれた、大切なこと

            更新した……。更新したかも。 私の好きなスタジアムランキング。 AC長野パルセイロと川崎フロンターレを応援している私、のんちゃんにとって、ここに来るまでは長野Uスタジアムがぶっちぎり優勝だった。 2020年の川崎フロンターレくらい、ぶっちぎりだった。 わたし、好きかも。 サンガスタジアム by KYOCERAが大好きかも!!   記念すべき今シーズン、10スタジアム目のサンガスタジアムは衝撃的でした。   亀岡駅に着いた瞬間、目の前に出現するサンガスタジアム。

            【信州ダービー】魂のぶつかり合い

            信州ダービー。 それは魂と魂のぶつかり合い。 5月15日。 AC長野パルセイロvs松本山雅FC 長野出身の私にとって、地元長野県の2チームが戦う最高のダービー。 1万3244人。 いつもは約3000人を動員しているここ、長野Uスタジアムに、1万人を超えるファン・サポーターが集まりました。 J3でこれほどの集客をしている試合を見た事があるでしょうか。 同じ週末に行われたJ1、J2リーグを含めた全ての試合の中でも、1万3244人という数字は、埼スタ、豊田、神戸、等々

            すたすたぐるぐると共に新章突入!新しい勇者と旅の仲間たち【OWL magazine flight;03】

            「俺はもう駄目だ。成功しようと気力をみなぎらせていた時代も確かにあった。しかし、もう年老いてしまった。まわりをみてバランスよく振る舞うことはできるようになったが、以前ほどの勢いはない……」 「そんなことはないと思いますけど」…… 「いや、そうなのだ。自分のことだからよくわかる。俺は十分に成功してしまった。まだまだ先はあるが、これからは違う振る舞いをしなければいけない。勇者はもう引退だ」 「でも、そうしたら誰が……」 「それが君を呼んだ理由だ、須羽リセル。君にはぼくの後

            五十嵐メイと卒業と私

            みんな、ごめんね。 私はもうこれ以上一緒にいけません。 そんな顔をしないで。 こんなに素晴らしい旅をしてきたのだから。 最後は笑ってさよならをしましょう。 旅を続けていればまたどこかで会えますよ! ーーーーーーーーーーーーーー OWL magazine代表の中村慎太郎です。 先日、OWL magazineで育ててきた五十嵐メイが旅立ちました。 彼女は着実に成長しているけど、著者として、あるいは編集者としてずっとやっていくためには、まだまだステップアップする必

            上野駅のトイレには勝ち点が落ちている?おもいやり×おもてなし×ORIGAMI

            この文章は恋する主婦サポーター、さとうかずみさん(twitter)に寄稿していただきました。退任したえとみほさんの代わりに「栃木SCの社長」となって支えていく覚悟を決めたのですが、行き着く先は非公式マスコットこと、かずみさんの文章をぜひお読みください。 この記事はOWL's Forestのメンバーによる寄稿ということで無料公開させていただいております。 上野駅。 皆さんにとっては、 旅の始まりであろうか。 目的地であろうか。乗換地であろうか。 はたまた日常の一部であ

            突然生まれたサッカーのある暮らし。レノファ山口とひろっぴーさんの幸せな関係

            今回のOWL magazineは、『すたすたぐるぐる埼玉編』で「あなたのサッカー旅記事作りますプラン」を購入してくださったひろっぴーさんとレノファ山口の物語をお送りします。 レノファ山口がJリーグに参入したのは2015年のこと。山口県出身のひろっぴーさんは、J2に昇格したタイミングくらいからレノファの応援をはじめました。それまでプロスポーツクラブがなかった山口県。 山口県初のプロスポーツクラブであるレノファ山口が、ひろっぴーさんの週末を鮮やかに彩ってくれるようになりました。

            いくぜっ!怪燈少女!女子大生が日本中を駆けめぐる!

            え!? 地元長野パルセイロが川崎フロンターレと対戦!? 私の好きな2チームが天皇杯で激突するの!? みなさんはじめまして! この度、晴れてOWL magazineのメンバーとして、記事を寄稿させていただくことになりました。 のんちゃんです。 ▽twitter ▽instagram ▽note 高校生の頃から読んでいるOWL magazineに関われる幸せを噛み締め、精一杯頑張りたいと思います! 私は、毎週末スタジアムにいる20歳の女子大生です。 特技はDAZNに抜

            名古屋グランパスエイトと出会った、ゆうたろうさんの30年間を振り返る

            今回のOWL magazineは、『すたすたぐるぐる埼玉編』であなたのサッカー旅記事作りますプランを購入してくださったゆうたろうさんと名古屋グランパスの物語をお送りします。 ゆうたろうさんはJリーグ開幕当初から名古屋グランパス一筋。筋金入りのグラサポです。記事中で、闘病生活中も生きる活力を与えてくれた名古屋グランパスと歩んだ30年間を振り返ります。 J's GOAL、公衆電話など、当時を知らないサポーターは頭にハテナが浮かぶような単語が並びます。読み進めると思わず「ええ!