自由に生きるために

iphoneの生みの親、アップルのスティーブジョブズ氏は、1度追放され再びアップルに戻ってきた際、製品カタログに目を通して、数が多すぎると言って製品の約70%をカットしたそうです。

アップルで働く人も、それを購入する人も、選択肢が絞られていることでストレスなく選択ができていると言えます。

現代人は江戸時代の人の1年分の情報を1日で受け取っているとも言われているそうです。

情報が増えるというこ

もっとみる
スキありがとうございます!
15

素敵な人であるために。

素敵な人であるためには…

ぼくのスタイルの中に不確実性を楽しむというものがある。
これは人が失敗をしたときや相手にとっての普通が自分の普通ではないときなど、今までの価値観との差異を感じる瞬間を不確実性だと考えている。ぼくはその不確実性を楽しむことで、怒るという感情を未知を経験する方向に変えてきた。
もし、人の未知を無知と捉えようものなら、ぼくには大切な余白が足りてないと思い、できる限り休息とった

もっとみる

筋肉づくりのための食事

筋肉が体重に占める割合は一般的に体重の40%とされており、筋肉は身体の最も多くを占める臓器である。筋肉は、その約80%が水分であり、残りのほとんどがタンパク質である。さらに、筋肉はキログラム重量あたり3~4gの遊離アミノ酸が、タンパク質合成と分解において重要な役割を果たしていると考えられている。したがって、筋肉は身体におけるタンパク質・アミノ酸の貯蔵庫の役割を果たしている。
 筋肉を維持するための

もっとみる
好きなことが見つからない君へ。
3

価値観が幸せを決める

自分にとっての幸せは何だろう?

SNSが浸透してからというもの、身近な人に限らず日本中の、そして世界中の人々のライフスタイルが簡単に見れるようになった。

起業して社長になった人
車を手に入れた人
結婚をした人
子どもができた人
スポーツを楽しむ人
マイホームを手に入れた人
、、、、

日常的なことから、仕事面など様々です。

そして、先程のような情報を目にすることで、

結婚をすれば幸せになれ

もっとみる
スキありがとうございます!
22

外観は「デザイン」じゃなくて「スタイル」

前回、私が研究テーマとして「デザイン」に着目した理由について、その背景を書いた。今回はデザインという語義と、現代のデザイン概念が形成されてきた経緯について、整理してみたい。

デザインというのは誰でも知っている言葉であるが、おそらく使う人によって解釈が異なっている。行政の施策でも、色や形のデザインを戦略的に利用しようとしていた時期から、デザイン力そのものを海外に発信しようとする時期を経て、「デザイ

もっとみる
スキありがとうございます!
1

過去の自分が今の自分を作り、今の自分が未来の自分を作る

今の人生は、これまでの判断の積み重ねであるように未来の人生はこれからの判断の積み重ねで、出来ていくものだと思います。

人生の中で起こる様々な出来事。

良いこともあれば、悪いこともあると思います。

出来事が起こる度に、判断を求められます。

人は、出来事が起こった時、原因を考えます。
そして、どの視点から見るかで原因の行き先が変わり、同じ出来事でも判断は大きく異なったものになると思います。

もっとみる
スキありがとうございます!
27

自分軸を持つことの大切さ

人生では、様々な場面で判断、選択を求められます。

それは、進学、就職、結婚など、人生の中で転機となるような大きなことから、日常生活の中で服は何を着るか、食事はどうするかということまで様々です。

そんな時、自分軸がないと周りの人に振り回されたり、自分らしい判断ができなかったりということになってしまいます。

あるエピソードがあります。

ある歳の離れた兄弟がいました。
兄と弟一緒に一頭のロバを引

もっとみる
スキありがとうございます!
32

優先順位☆

おお!ウェブサイトのことを決定したら、ビジネスカードを完成できた!

これからツインレイにビジネスカードの写メ送って感想を訊く☆それができたら、ビジネスカードの注文待ちにしながら、オンラインショップの方を立ち上げる☆うわぁ、緊張する(≧▽≦)

あ、その前にメルアドも作成しないとな・・・

Thanks a lot!
1

急に大きくなろうとするのは、全ての人に平等に、
後から何らかの形でリスクになりがち。

あくまでも焦らず少しずつ。
体裁にこだわらないこと。
みんな’’スタイル’’を気にしすぎるからバランスが崩れてくるのだ。

スタイルがよすぎて心配なさるかもしれませんが~可愛いだけじゃダメかしら?

BS朝日で再放送中の「可愛いだけじゃダメかしら?」。第8話は就活の回だった。面接に落ちまくるヒロイン・ゆうこ(榎本加奈子)だが、最後の1社で開き直り、ありのままの自分をアピール。そこで、こんな名台詞が聞ける。

「スタイルがよすぎて心配なさるかもしれませんが、体はとっても丈夫です」

 おそらく、脚本家が考えたのだろう。エノカナの痩せ姫体型を活かしたひと工夫といえる。まさに、当時の彼女でしか成立し

もっとみる
ありがとうございます!
1