ジストニア

ジストニアでカムバックしたピアノ弾きは何処にも居ない話。

ジストニア・メモ書き
#note https://note.mu/ruricomh/n/n7979e4a1cff7

これを読んだ昔の関係者が
もしかしてもう治ってるんじゃないの・・・・?
とかって錯覚をされてるようなので💀

これを酷くすると

腕が自分の意思では
ほぼ動かせなくなります。

代わりに
イタイイタイ病や
カネミ油症の発作の酷いバージョンのような
現象が毎日起こります。

ものは

もっとみる

ジストニア・メモ書き

ついさっき
気になるプロフィールを見付けたので
ノートにメモ書きします。

件のプロフィール ↓

『つい去年あたり双極ⅡからⅠ型に変更される。不眠が酷いです。ジストニアが5年ぐらい前から発症してて最近は双極よりこっちに困ってます。』

これでなにが気になるかって、

5年も経ちゃぁ
少しは軽減されてるって!!
と言いたい訳であります。

なので

なにでジストニアになりました?

ツイートくださ

もっとみる

過度な練習をする前に

こんにちは♬
ついにファンヒーターを出しました。
いつもなら犬たちがファンヒーターの前に集合するのですが、何故か今朝集合したのは私の布団でした・・・。
布団に敵うものなし!

昨日こんな記事を見かけました。

ジストニアに関する記事です。
ジストニアとは、正式には「フォーカル・ジストニア」という病名で、スポーツ選手や音楽家などで過度な練習を続けたことにより手指がこわばったりすることのようです。

もっとみる

ページ239 職業性ジストニアを知るべきだ

精神的なものじゃない

 先日ツイッターでこういうものを見かけた。

 音楽家の方や技術者の方に多いとされる「局所性or職業性ジストニア」。これがまだ精神的な問題だと思われていることは非常に問題だと思う。
 そもそもの話をしよう。「ジストニア」の定義は「中枢神経系の異常で不随意の筋刺激が連続する異常」だ。「ジスキネジア」や「アカシジア」のように似た言葉が多く医療界でもなじみのある人とそうでない人に

もっとみる

トリセツ〜ヘルプマークはじめました〜

西野カナじゃないよ。

実はですね、中学生の頃から何度かてんかん発作のようなものが起き、20歳になる頃にはボトックスも効かないレベルの痙性斜頚(頚部ジストニア)にもかかってまして。

2週間前くらいから右腕に明らかにてんかん発作じゃない痙攣発作が頻発し、

ついにジストニアのような症状が出始めました。

現時点では動かすことに不自由はないものの、力を抜くとトートバッグ提げるみたいなポーズになるんで

もっとみる
ありがとうございます!シェア、コメントもお待ちしてます!

ジストニア発症、克服の細かな経緯

最初は20歳(大学1年終わり頃)になったばかりのころ。

ある日、それまでなんの問題もなく出来ていた右手部分の半音階の下降フレーズが、いくら練習しようにもうまくできなくなっていた。

最初は「練習不足だろう」と思いとにかくさらいまくる日々。
でもよくなる気配はまったくない。
無理矢理学年末の試験を乗り切る。

そして大学2年の夏休み、暇もたくさんあったため、初心者の如くスケールを、特に嫌な感覚があ

もっとみる

ジストニアに陥った要因を考える

とにかく練習が好きだった10代、20代。
できないパッセージ、出ない音などをクリアしていく過程が、達成感があり充実感があった。
練習すればするほどできることが増えていくのはとにかく楽しくてしかたなかった。

しかしそれと同時に、なぜできなかったか、なぜできたのかを冷静に考えることは皆無だった。
本番で音を間違うことに対してもすごく嫌悪感を持つ時期もあった。
とにかく間違うことなく完璧に吹きたかった

もっとみる

フォーカルジストニアの発症、そして克服。

2年前にFacebookで告白してからずいぶん相談を受けることが増えました。
この問題を抱える人は想像以上に多い。

僕は10年以上悩み、もがき、時に放置し、必死に研究し、そして克服に至りました。
少しでも力になることができればと思い、まずは以前にFacebookに投稿した文章に少し手を加えて記載します。

ーーーーーーーーー

フォーカルジストニア(手指に関する)のことを考えています。

いつの

もっとみる
00:00 | 00:30

ラジオ第13回目の放送です。
今回は「〇〇の秋」についてのお話です。
写真は全く関係ないけど、話を聞いてくれるお友達と飲んだキューバのビールです!