痙性斜頸

突然うさぎが斜頸になりました

恥ずかしながら今まで「斜頸」という言葉を知りませんでした。
そんな言葉が身近になってしまったのは10月29日。
今回はこむぎ(ホーランドロップ2才5ヶ月の女の子)に起こった事を書いていきたいと思います。

1. 斜頸発症時の様子
朝から様子がおかしいと実家から連絡がありました。
眼球がとめどなく動くことが度々あり(眼振)、顔が左に傾き、片耳だけが立ったまま。
左後ろ足は体の内側に入ってしまい上手く

もっとみる

品川区 荏原町・旗の台●痙性斜頸のお悩みは整体へ

首が凝り固まって痛みもでるようになった
首が動かしづらく、写真を撮ると傾いているのに気付いた
首や肩に違和感が常にあり、いつもストレスを感じる
病院では痙性斜頸だといわれて治療をはじめた
ボツリヌス療法もしているが、他にもできることはないか
なるべく後遺症も残らないように治して楽になりたい

といったことでお悩みなら、こちらのサイトがおすすめです
【品川区旗の台・痙性斜頸】神経伝達をよくする整体院

もっとみる

そっと手をさしのべる

「そっと手をさしのべる」

週末に開成高校の学園祭の将棋部にお邪魔する予定です。

妻の同僚のご子息が通っているということで、昨年から伺っています。

昨年は、私がほとんど外出できなかったので、妻が付き添いました。

開成は将棋部があり、競技実績も高いようです。

ちなみに手元にある資料ですと、開成中学の偏差値は78。
どういう人が入学できるのでしょう(笑)

本書『最高の子育てベスト5

もっとみる

「君はロックを聴かない」

肩の可動域が広いため、関節が緩む状態をルーズショルダーと言います。
野球好きであれば、一度は耳にした言葉でしょう。

斉藤和巳投手や伊藤智仁投手は、ルーズショルダーだったようです。
野球の投手にとっては、いいことではありません。

私の首のジストニアも可動域が制限されます。
首を左に向けるのが困難です。
ボツリヌス菌注射を7回打って、リハビリを行い、ようやく可動域も少しずつ広がってきました。

もっとみる

アー・ユー・ファイティング?

病気になってから、闘病という言葉を用いています。今までいろいろな考えが頭の中を駆け巡りました。「もうダメだ」「なるようにしかならない」「うまく付き合いながら」

しかしながら、病に打ち勝ちたい、という思いも根強く残っています。

意識はしていませんが、父が癌と闘いながら、警察官という職を全うしていたからかもしれません。

病気は勝ち負けではありませんが、ある意味自分との闘いと言えます。

本書は、

もっとみる

武士道とは死ぬことと見つけたり

「武士道とは死ぬことと見つけたり」とは『葉隠』の有名な言葉です。

もちろん、死ぬことをすすめているわけではありません。死を覚悟すれば、心安らかに生きられるということです。

最悪の事態を想定することで、より良く生きられます。

最近のベストセラーに『死ぬこと以外、かすり傷』(箕輪厚介)というのがあります。そういった心構えが『葉隠』の精神でしょうか。

本書『齋藤孝が読むカーネギー道は開ける』(齋

もっとみる

やっと時代が追い付いた!

『売れるには理由がある』(戸部田誠)

売れるものには、売れるべく理由があります。

本書は、売れたお笑い芸人にスポットをあてた一冊です。

お笑い芸人にも、それぞれキャリアがあるわけで、人生の奥深さを感じることができます。

随分前に、出川哲朗さんのことを書いて、読売新聞に載ったことがあります。そのときは、お笑い番組での、出川哲朗さんの役割を批判していたので、それに対する反論を書きました(笑)

もっとみる

タイミングがわからない

何かの辞め時のタイミングがよくわかりません。芥川賞が掲載された『文藝春秋』と『このミステリーがスゴい!』は、毎年、何となく買ってしまいます。

私の治療でも、、ボツリヌス菌注射以外に、一応薬も処方されています。

てんかんやパーキンソン病に用いられる薬てすが、利いているのか判然としません。

医師からは効いていないなら、飲まなくても良いとの指示をされています。

止めていいのか、自分でもよくわかり

もっとみる

人の心を動かす言葉とは?

『脳はなにげに不公平』(池谷裕二)

巷間で流布されてきた「脳細胞は死んでいく」は誤解のようです。あるデータによれば、むしろ新たに1日700個の脳細胞が生まれているといいます。

私の脳の誤作動もリハビリでどうにかなると思える気がしました。

「人の心を動かす言葉とは?」P43

人格そのものに言及した方が効果がある、というのは興味深いですね。

例えば、「犯罪なんてしないで」より「犯罪者にならな

もっとみる

利く治療

『芥川賞ぜんぶ読む』(菊池良)

直近の芥川賞『むらさきのスカートの女』は、久しぶりに面白い作品でした。

諧謔性とそこはかと漂う恐怖のバランスが絶妙です。

小説を趣味として、日常的に読む人は、1%にも満たないと言われています。

昨今は、スマホの普及や、アニメなどの隆盛で、趣味も多様化しているからです。

ミステリーやエンターテインメントの小説ならまだ読まれている方です。純文学となると厳しいも

もっとみる