日産がアメリカで「車のサブスクリプション」のNissan Switchを開始

ふだんは欧米の最新IT情報などのリンク紹介をすることが多いのですが、今日はこちら、海外でのサブスクリプションの話題。

テキサス州、ヒューストン近郊だけということなのですが、日産が月額課金の車のサブスクリプションサービス、Nissan Switch を開始するという話が流れていました。

値段は初回登録費用として495ドル、それに加えて2つのプランが用意されているということです。

・Select

もっとみる
ヒャッハー!
9

サブスク営業の魅力【次世代の営業スタイル④】

こんにちは。
次世代の営業スタイルの4回目です。前回はお客様の仲間になるという内容でしたが、それを実現する仕組みとして、最近話題のサブスクのモデルが営業にとっても魅力的な点をあげさせていただきます。

サブスクリプションモデルはビジネスモデルとしても最近話題ですが、私は営業としても非常に魅力的なモデルだと思います。以下その魅力について特徴、モチベーション、マネジメントの面で記載していきます。

1

もっとみる
ありがとうございます!
9

地方スタートアップの方が「リモートワーク」に理解があるんじゃないか?と感じた話

note公式さんの「#リモートオフィス」企画に賛同してnoteを更新します!
前提の弊社イジゲンの話をしておきますと、大分県に本社を置きながら、福岡・東京・ベトナムの3拠点に支社を構えています。また、一部の社員はフルリモートで勤務しており、それらを含めると香川やアメリカにまで広がるため、国境や時差などのあらゆる壁が存在するわけですが、それらの壁をメンバー全員で力を合わせて乗り越えながら日々の業務に

もっとみる

音楽のサブスクリプションサービスは、なぜもっと普及しないのか

西田宗千佳さんによる、LINE MUSICへのインタビュー記事(2/18掲載)を読みました。
日本の音楽サブスク現状、ブレイクへの秘策はあるのか。LINE MUSIC高橋COOに聞く

「日本市場では「レコメンド」も「シェア」も求められていない?!」という個所は、まさに、私たちが日頃向き合っている部分でもあり、きっとご苦労されているのだろうと、共感する部分も多かったです。マクロとミクロではないです

もっとみる

【2/12-2/18】最新YouTube Hits - New Japanese Songs 2020

個人的に30歳を迎えたウィーク。2月13日が誕生日なのだが、2月14日のバレンタインデーと合体しがちな人生だった。世間はコロナウイルスの影響でイベント中止が続出。身の回りの人が心配になる日々が続いている。

豆柴の大群 - ろけっとすたーと

クロちゃんプロデュース「ろけっとすたーと」、WACKプロデュース「大丈夫サンライズ」が再生回数を競う企画。異なるコンセプトがぶつかり、やや”マーケティングっ

もっとみる

働くサブスク

話題になっているサブスクリプション。
元々は定期購読を意味する言葉で、最近はモノ以外にも利用されている。

焼肉チェーン店の『牛角』さんが定額制食べ放題を打ち出した。
お得感満載で、予想を上回る売れ行きで中止となった。

一方、トヨタ自動車が始めた『KINTO』。
自動車のサブスクリプションで、新しい車を所有?するカタチ。
こちらは認知等々の問題で苦戦している記事を見たことがある。

中々難しいサ

もっとみる
有難うございます!
5

根っこを見ると世界が広がる。

日々、サロンワークをしていると「僕の場合はこれなんで」

とか

「僕の仕事はこうなんで、これは違うんですよね・・・」

なんて会話になったります。

これは美容業界でも同じで、同じ仕事にどっぷり使っている人が陥りやすい脳の中身かと思います。

僕が、自分自身のことを考えていたときに、一番「強み」というか、他の美容師さんと違うところがあるなと感じたところがあります。

それは、人に恵まれてること。

もっとみる

サブスクリプション型往診動物病院

おはようございます。さて、リセットの月曜日です。先週は上手くいかなかった人も今週は上手くいくかもしれません。

獣医師という職業であることもあり、最新のペットサービスには目を光らせています。今回は、猫のスマートITトイレを発売している(株)ハチたまさんが2月にリリースする往診専門サブスクどうぶつ病院「トレッタねこ病院」についてお話したいと思います。

詳細はホームページをご覧ください

このサービ

もっとみる

「選ぶ楽しみ」を提供できないサブスクリプションサービスは廃れていく!?

音楽教室を運営している以上、「月謝をいただく」とはどういうことか、理解と思考を深めていく必要があります。提供するものの対価として、お金をいただくわけですが、古くからある月謝というスタイルは、当たり前すぎて、でも、本当は当たり前では無いかもしれない。そんなところを起点として、最近のお金にまつわるキーワードについて考察していくと、月謝というものの実像が見えてくるのではないか。そんなことを考えています。

もっとみる

音楽サブスクの夢

”教科書には載ってないサブスクリプションの秘密”というイベントを、”日本の定額制動画配信サービス市場を徹底的に解説します”が話題の柿元さんと"全アーティストのための音楽ストリーミング基礎講座"がバズった松島さんと一緒に開催することになった。

かくいう私も、ずいぶん最近はサブスクな人という認識を持たれているが(それはそれで悪い気はしない)、そもそもは、サブスクが好きというよりは、音楽業界に夢がある

もっとみる
感謝です
6