サイト改善

CVR改善の施策を自動提案するシステムDejamへ、GrowthPlanetからサービス名を変更。

CVR改善の施策を自動提案するシステムDejamへ、GrowthPlanetからサービス名を変更。

株式会社LeanGo(本社:東京都品川区、代表取締役:平井 翔吏、以下 弊社)は、自社サービスであるGrowthPlanetのサービス名をDejam(デジャム)へ変更いたしました。 ■サービス名変更の背景 リリース当初「サービスをグロースするためのプラットフォーム」という意味を込めてGrowthPlanetとして運営しておりました。 しかし度重なるアップデートやコンセプトの変更により、当初想定していた提供価値から少しずつズレていく感覚がありました。 そこでサービスを通してあ

「こんなん絶対コンバージョンが増えるじゃないですか。。」CROサクセスプラットフォーム「Dejam(デジャム)」がCVR改善に特化した新機能のβ版を提供開始
+1

「こんなん絶対コンバージョンが増えるじゃないですか。。」CROサクセスプラットフォーム「Dejam(デジャム)」がCVR改善に特化した新機能のβ版を提供開始

弊社は、CROサクセスプラットフォーム「Dejam(デジャム)」でCVR改善を実現する具体的なデザインを自動提案する新機能のβ版を提供開始いたしました。 ■機能開発の背景 コンバージョン数を増やす一般的な手法は「集客を改善する」もしくは「CVRを改善する」ことです。AIにより自動最適化が進む「集客を改善する」ツールに対し、「CVRを改善する」ツールはマーケティング市場にまだまだ少なく、未だに人力で最適化への取り組みをしなければなりません。しかし人材やノウハウ不足により、改善

スキ
2
コンバージョン率を上げる、驚くほど簡単な「見出し」テクニック5つ
+3

コンバージョン率を上げる、驚くほど簡単な「見出し」テクニック5つ

手っ取り早くコンバージョン率を上げたいなら、今すぐ、見出しをチェックしましょう。 「広告の父」ことデイヴィッド・オグルヴィは、「実際のコンテンツよりも見出しのほうが、平均で5倍多い人に読まれている」と述べています。つまり、「見出しでどれだけユーザー顧客の興味を惹くか」が勝負なのです。 この記事では、ランディングページ、Webサイト、アフィリエイトをはじめ、すべてのWebビジネスに当てはまる、「売れる」見出しを作る5つのテクニックをご紹介します。 コンバージョン率を最大化

スキ
1
【悲報】うちのかみさん、私のサイト改善能力に気付く

【悲報】うちのかみさん、私のサイト改善能力に気付く

クライアントとの電話がリモートで聞こえるみたいですね。 売り上げ数値が大きく改善したお礼の電話だったりして、「そんなら私のお店を作るわ!!!!!!!なぜ言わない!!!!!!!!!!」と息巻いています。 あのね、作業ひとつひとつは簡単でも、売り上げが上がっていく流れを作るのは簡単じゃないから。

スキ
6
【悲報】まったくもってバランスが悪いココナラのアクセス数がこちら

【悲報】まったくもってバランスが悪いココナラのアクセス数がこちら

ココナラさんが急にアクセスを上げてくれまして。 じゃあ何が売れたのかというと、そういうこともないという。

スキ
5
検索順位で1位を取るのは意外と簡単という話|自分でできるSEO

検索順位で1位を取るのは意外と簡単という話|自分でできるSEO

こんにちは。コンゼの新田です。SEOの話。月間PV数千くらいの弱小オウンドメディアの運営のお話です。だから、アクセス数が少なくて困ってる方に読んでいただければ幸いです。 忙しい人の3行まとめ ・実は1位取るのって超簡単だけど1位はやっぱりすごい ・検索順位に完全なる1位なんてものはない ・1位を取るのに必要なものは「情報」と「信頼」 弱小オウンドメディアでも1位は取れる現在私の書いた記事がいくつか1位になったりならなかったりしています。ええ、なったりならなかったりです。不

スキ
7
EFOで自社の営業体制改善(後編)|WEBマーケターのひとりごと

EFOで自社の営業体制改善(後編)|WEBマーケターのひとりごと

こんにちは。コンゼの新田です。いよいよ蝉が鳴き始めて夏到来、梅雨も開けるや開けないや、ですね。 さて今日は一昨日の続きを。 意外と書いてたらEFOだけで文字数が増えてしまったので、今回が営業体制改善の話になります。 【前回の内容を3行でまとめると】 ・EFOとは問い合わせフォーム最適化のこと ・フォームの項目が多すぎると申込み獲得率が下がる ・必要最低限の項目にする必要がある この問い合わせフォームが「必要最低限の項目」になっていない、つまり色々項目が増えてしまってい

スキ
1
EFOで自社の営業体制改善(前編)|WEBマーケターのひとりごと

EFOで自社の営業体制改善(前編)|WEBマーケターのひとりごと

メールフォーム。それはWEBマーケティングで最重要と言っても過言ではない要素。お客様との窓口。いわば受付、いわばレジ。そんな大切なフォームを改善するだけで、問い合わせ数UPはもちろん、自社の営業の体制全体が改善されるかもしれない、というお話です。 EFOとはエントリーフォームオプチミゼーション平たく言えば問い合わせフォーム最適化。問い合わせの数を増やす狙いで、問い合わせフォームを改善することを指します。だいたいマーケ用語の「O」で終わるやつは最適化と思っていて間違いない説。

スキ
1
Googleアナリティクスの基本的な使い方と見方が簡単に分かるレポート

Googleアナリティクスの基本的な使い方と見方が簡単に分かるレポート

Googleアナリティクスの見方が分からない方におすすめ。 このレポートの解説動画を見れば簡単にアナリティクスを攻略できます。 ・アナリティクス内で使われている用語・表示されているデータの見方・何を表しているデータなのか・そのデータを元に自分は何をしたらよいのか これらのことがアナリティクス超初心者さんでも理解できる。 解説動画の長さは5分以下のものが多い。短い動画の中でしっかりと分かりやすく解説されているのがとても良いです。 2021年6月3日の時点で解説動画は16

スキ
1
若い人にはわからない【SEOの源流】を見るインターネット老人

若い人にはわからない【SEOの源流】を見るインターネット老人

サイト改善の仕事をしていて、ふと思うこと。 「当時のサイト」はどうだったのか? 前回、2005/2/11のYahoo!JAPANを見て、ドンファンの話に触れたのですが、もっと前のYahoo!JAPANを見てみましょう。 SEOの源流が見られます。 https://web.archive.org/web/19961120065342/http://www03.yahoo.co.jp/ 懐かしいディレクトリ型検索エンジンこれが懐かしいとなると、相当のキャリアを積んでいる方

スキ
4