KOEL DESIGN STUDIO by NTT Communications

NTTコミュニケーションズのデザインスタジオ「KOEL」公式noteアカウントです。K…

KOEL DESIGN STUDIO by NTT Communications

NTTコミュニケーションズのデザインスタジオ「KOEL」公式noteアカウントです。KOELの活動内容やデザインにまつわるナレッジを発信していきます。 https://bit.ly/koelweb

マガジン

  • KOELの学び

    KOEL Design Studio内での学びを共有した記事をまとめたマガジンです。

  • KOELのデザイン事例

    KOEL Design Studioが手がけたデザイン支援事例をまとめています。

  • イベント・レポート

    NTTコミュニケーションズデザイン部門KOELとアドバイザーを務めるKESIKIとの対談をはじめとしたイベント告知やレポートをまとめています。

  • 多彩な文化のむすびかた

    KOELの未来のあるべき姿を考えるビジョンデザイン・プロジェクト、3年目の今年は「多彩な文化のむすびかた」と題し、兵庫県神戸市長田区を中心にフィールドワークを行いました。プロジェクトの計画からフィールドワークの実施、そこから見えてきた多文化共生の課題と、共存・共生に向けたアプローチについてご紹介します。

  • 豊かな町のはじめかた

    2021年度「みらいのしごと after 50」に続き、株式会社 リ・パブリックさんと一緒に長崎県雲仙市小浜町と秋田県南秋田郡五城目町で「町の豊かさ」をテーマにしたワークショップを共催しました。

最近の記事

  • 固定された記事

デザインスタジオKOELがグッドデザイン賞を受賞しました

こんにちは、KOELの金です。このたびデザインスタジオKOELは、2023年度グッドデザイン賞を受賞させていただきました! 今回のグッドデザイン賞でKOELはモノやプロダクトではなく、「一般向け取り組み・活動」という応募カテゴリーの中で、インハウスデザイン組織としてのKOELのこれまでの取り組みや活動全体をご評価頂くことができました。 NTTコミュニケーションズの社内で、たった4人で草の根的なデザイン浸透活動を始めて早12年…。当時を考えるとまさかこんな日が来るとはまった

    • 地域のフィールドワークから日本の未来を見つめるビジョンデザインとは RESEARCH Conference 2024

      KOELのデザインリサーチャー 山本健吾です。5月18日に開催されたRESEARCH Conference 2024にて、ビジョンデザインをご紹介する講演とブースの出展をしました。今回のnoteでは講演のあらすじをメインでご紹介します。 「RESERCH Conference」とは、より良いサービスづくりの土壌を育むために、デザインリサーチやUXリサーチの実践知を共有し、リサーチの価値や可能性を広く伝えることを目的としたイベントです。 みんなの未来のためのビジョンデザイン

      • 経済産業省デザイン政策室監修「デザイン白書」にKOELが掲載されました

        2024年6月4日、経済産業省デザイン政策室監修・公益財団法人日本デザイン振興会発行の各都道府県や企業、行政などのデザインの取り組みを紹介するレポート「デザイン白書2024(WHITE PAPER ON DESIGN 2024)」が公開されました。 今回「企業×デザイン」のセクションでKOEL Design Studioの活動をご紹介いただきました。 NTTコミュニケーションズのデザイン組織としての活動や、企業を超えた共創・コミュニティ形成、そして公共支援と民間支援双方が

        • なぜ今、セミパブリックが必要か?社会の分離を繋ぐデザインをデザイナーが担う意義

          2023年度グッドデザイン賞を受賞したNTTコミュニケーションズのKOEL Design Studioは、これを記念し、公共とビジネスの中間地帯である「セミパブリック領域でのデザイン」をテーマにしたトークセッション「セミパブリックのグッドデザイン 〜公共とビジネスのあいだの社会課題を解決するデザイン〜」を2月21日(水)に開催しました。 ゲストには、KOEL Design Studio設立にもご助力いただいたKESIKI 石川俊祐さん、ヒロタデザインスタジオ 代表 廣田尚子

        • 固定された記事

        デザインスタジオKOELがグッドデザイン賞を受賞しました

        マガジン

        • KOELの学び
          6本
        • KOELのデザイン事例
          11本
        • イベント・レポート
          18本
        • 多彩な文化のむすびかた
          5本
        • 豊かな町のはじめかた
          5本
        • みらいのしごと after 50
          6本

        記事

          【5月〜6月イベント情報 第2弾】「Design Dimension 2024 NIIGATA」「Featured Projects 2024」にKOELメンバーが登壇します

          前回に引き続き、2024年5月から6月にかけて開催されるKOELメンバーが登壇するデザインイベント2本をご紹介します。 Design Dimension 2024 NIIGATA地域におけるデザイン経営力をアップデートする活動を通じて、魅力的な地域、地域を支える企業を生み出すことを目的として開催される「Design Dimension Conference」。5月18日に新潟で「Design Dimension 2024 NIIGATA」が開催されます。 セッションの1つ

          【5月〜6月イベント情報 第2弾】「Design Dimension 2024 NIIGATA」「Featured Projects 2024」にKOELメンバーが登壇します

          KOELで実際に働いて気づいたことを新卒デザイナーに聞いてみました

          KOELは昨年2023年4月に若杉知哉さん・増渕健太さんの新卒デザイナーお二人を仲間としてお迎えしていました。今回はそのお二人に1年間働いてみて感じたことを伺い、KOELでデザイナーとしてのキャリアをスタートすることの面白さをお伝えしたいと思います。 デザインに興味をもったきっかけ——お二人は、様々な仕事がある中で「デザイン」をご自身の仕事として選ばれたかと思います。興味をもったきっかけや、選んだ背景などを伺えますか? 若杉: 正直、いつの間にかデザインが好きになって、気

          KOELで実際に働いて気づいたことを新卒デザイナーに聞いてみました

          【5月〜6月イベント情報 第1弾】「RESEARCH Conference 2024」「Design Matters Tokyo 24」にKOELメンバーが登壇します

          2024年はKOELメンバーが登壇するデザインイベントが多数開催されます。今回は2024年5月から6月にかけて開催されるイベント2本をご紹介します。 RESEARCH Conference 2024より良いサービスづくりの土壌を育むために、デザインリサーチやUXリサーチの実践知を共有し、リサーチの価値や可能性を広く伝えることを目的としたイベント「RESERCH Conference」に、今年はKOELが登壇します。 『未来の暮らしを見つめるリサーチプロジェクト「ビジョンデ

          【5月〜6月イベント情報 第1弾】「RESEARCH Conference 2024」「Design Matters Tokyo 24」にKOELメンバーが登壇します

          ビジネスdプリペイド カードデザインの舞台裏

          こんにちは、KOELの徐です。 KOELのデザイン事例として、今回はドコモビジネスの金融事業にあたる「ビジネスdプリペイド」のカードデザインを支援したプロジェクトについて、ご紹介したいと思います。 ビジネスdプリペイドとは2023年12月にリリースされた「ビジネスdプリペイド」は、NTTコミュニケーションズが提供する法人向けのプリペイドカードサービスです。必要な金額を事前にチャージして、従業員に配布したカードから会社の経費の支払いができる仕組みになっています。 プリペイ

          ビジネスdプリペイド カードデザインの舞台裏

          「データ×デザイン」で挑む、データ利活用のためのi.school共創プログラム

          こんにちは、KOEL 田中友美子です。 去年の今頃から、KOELでは漠然とお題に上がっていた「データ×デザイン」で何かやりたいという気持ちが強まっていました。私自身も過去にこの領域に何度か向き合っているものの、デザインの知見だけでは「データで何ができるのか」の部分にいまひとつ踏み込めなかったり、お題を見つけて実際にデータを活用しようとしたら目的のデータ自体が取得できていない、質が低くて分析に至らないなど、いろんな現実にぶち当たってきました。 なんとかしてデータ分析の強みと

          「データ×デザイン」で挑む、データ利活用のためのi.school共創プログラム

          イベント「セミパブリックのグッドデザイン 〜公共とビジネスのあいだの社会課題を解決するデザイン〜」開催のお知らせ

          NTTコミュニケーションズのKOEL Design Studioがこのたび2023年度グッドデザイン賞を受賞しましたことを記念し、受賞のポイントともなった「公共性とビジネスの両立が求められるセミパブリック領域での新しい社会インフラ実現」から、公共とビジネスの中間地帯である「セミパブリック領域でのデザイン」をテーマにしたトークセッションを2月21日(水)開催します。 ゲストとしてKOEL Design Studio設立にもご助力いただいたKESIKI 石川俊祐さん、ヒロタデザ

          イベント「セミパブリックのグッドデザイン 〜公共とビジネスのあいだの社会課題を解決するデザイン〜」開催のお知らせ

          神戸市長田区から見えてきた「多文化共生のレベル」とは——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(5)

          こんにちは、KOELの田中友美子です。 前話では、フィールドワークで訪れた兵庫県神戸市長田区で、長田で暮らす外国人の方々、外国人と関わりのある方々に伺ったお話から、「多彩な文化のむすびかた」につながる6つの気づきがあったことをお伝えさせていただきました。 その中の「1. 共存・共生にはステップがある」という気づきについては、特に心に残るものがありました。長田の文脈を離れて考えてみても、共存・共生のレベル感や、それを乗り越えていくステップには、異なるものが交わる時や多彩な文化

          神戸市長田区から見えてきた「多文化共生のレベル」とは——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(5)

          多文化共生の現場を訪れて生まれた6つの気づき——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(4)

          こんにちは、KOELのデザインリサーチャー 山本健吾です。 前回お伝えしたように、私たちは「多文化共生」を考えるフィールドワークとして兵庫県神戸市長田区で色々な方々にお会いしてお話を伺ったり、いくつかのキーとなる場所を訪れました。 長田で暮らす海外からの移民や外国にルーツを持つ人、暮らしの中でその方たちと関わりを持っている方々、もしくはその方たちの生活を支援している方々。様々な立場から見えていることや感じていることを言葉にしていただきました。その中には、「多彩な文化のむすび

          多文化共生の現場を訪れて生まれた6つの気づき——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(4)

          フィールドワークで出会った長田の方たちと訪れた場所——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(3)

          こんにちは、KOELのUIデザイナー 徐 聖喬です。 前回では、今回ビジョンデザインプロジェクトのテーマ「多彩な文化のむすびかた」とフィールドワークの事前準備についてお話しさせていただきました。 この記事では兵庫県神戸市長田区で出会った方々のお話と、長田の多文化共生を支える拠点施設や場所についてご紹介したいと思います。 2023年5月と7月の二度にわたり、私たちは今回のテーマについて考えるヒントを得るため、神戸市長田区でフィールドワークを行いました。合計4日間の日程の中で

          フィールドワークで出会った長田の方たちと訪れた場所——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(3)

          フィールドワーク先が決まるまで・決まった後にやるべきこと——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(2)

          こんにちは、KOELの稲生です。 前回の記事では、KOELのビジョンデザインの3年間の取り組みを振り返りつつ、今年のテーマ「多彩な文化のむすびかた」とプロジェクトの大まかな流れについてご紹介しました。 今回から4回に渡って、フィールドワークの準備や内容、フィールドワークで発見したことなどをお届けします。この記事では、前回の記事の最後でお話しした「多文化共生」というテーマだからこそ感じた難しさの部分を乗り越えるために「フィールドワークの準備で行ったこと」についてお届けします。

          フィールドワーク先が決まるまで・決まった後にやるべきこと——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(2)

          少子高齢化社会の未来にある「多文化共生」とは?——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(1)

          KOELの未来のあるべき姿を考えるビジョンデザイン・プロジェクト、3年目の今年は「多彩な文化のむすびかた」と題し、兵庫県神戸市長田区を中心にフィールドワークを行いました。今回から5回に分けて、プロジェクトの計画からフィールドワークの実施、そこから見えてきた多文化共生の課題と、共存・共生に向けたアプローチについてご紹介します。 KOELのビジョンデザインとはKOELでは、少し先の未来をみるためのデザインの取り組みとして、ビジョンデザインを実施しています。KOELではビジョンデ

          少子高齢化社会の未来にある「多文化共生」とは?——共創プロジェクト「多彩な文化のむすびかた」(1)

          デザインと組織運営──社員1万人にデザインの価値を実感してもらうために

          KOELの代表である土岐が、先日開催された『クオリティフォーラム2023』にお招きいただき「デザインをどのように企業の中に浸透させてきたのか」について講演を行いました。 クオリティフォーラムとは、一般財団法人 日本科学技術連盟が毎年開催している「品質経営に資する」ことを目的としたイベントです。品質経営とは、製品それ自体のみならず企業活動の全てにおいて品質を追求することで、顧客価値を創造し、進化させていくことを目指す経営の考え方です。 今回土岐は「デザイン思考と顧客価値創造

          デザインと組織運営──社員1万人にデザインの価値を実感してもらうために