コーポレートIT

おもてなしか甘やかしか?

IT部門がユーザと関わるべきなのか?

「おもてなし」として、ちょっと調べればわかるようなことをサポートすることは本当にユーザのためになっているのか?限られた体制、リソースの中で全社最適の観点で適切なのか?

関係を見直していく時期になっているように感じている今日このごろ。

情シスのキャリアアップパターンについて考えてみた

いま情シスの仕事をしているみなさん、この先のキャリアアップについてどう考えていますか?
3年後や5年後、どのような仕事をしているでしょう?

私はいま情シス歴9年目(その前はインフラエンジニア)なのですが、情シスのキャリアって難しいですよね。転職サイトや副業マッチングサイトを見ても「情報システム」や「コーポレートIT」というカテゴリが存在しないことが多く、あまり求められていない職種なのかなと不安に

もっとみる
私もスキです
37

【約7000文字】実際に現場で入社関連タスクの業務改善をしたノウハウを大公開!

こんにちは、DXER代表の向井です。4月の新入社員が入社するタイミングを終え、入社受け入れ担当の方々は少しホッとされたのではないでしょうか?

今回は、入社関連のタスク管理を仕組み化するプロセスをnoteにまとめてみました!

こんな方にオススメ
・資金調達を実施して採用強化中のスタートアップで人事・情シスを担当されている方
・組織が大きくなるにつれて他部署との連携が難しくなり各タスクの属人化に課

もっとみる
スキありがとうございます!note書くために頑張れます!
16

RPAとBPRの幸せな関係構築を

RPA(Robotic Process Automation)は様々な誤解と幻想を生みやすいITソリューションだと常々感じています。

経営者の誤解のパターンとしては、Robotという言葉が入っているので、そこから拡大解釈して製造現場や物流現場で動き回るロボットをイメージしてしまう「ロボット間違い」のパターンと、コンピューター上での人の作業を自動化するところは理解しているものの、万能AIが人間の業

もっとみる
最高でーす!
53

体制づくり

要員が不足していることは明らか。といっても人を増やすことはスキルのマッチングなどリスクが高い。

まずは、作業の棚卸と絞り込み、分担調整、サービスレベルの調整から。それだけでも足りないので要員増強に向けて動き出さねば。

地球に優しいSaaS

 こんにちは、Raika Tanakaです。4月22日は、地球環境について考える「アースデイ(Earth Day)」ですね。このブログでは、Google Cloudを例に、IT企業の環境や社会に配慮した取り組みを解説します!

 ちなみに、SaaS(Software as a Service)とは、クラウドで提供されるソフトウェアのことです。ベンダー(プロバイダ)側でソフトウェアを稼働させ、ユーザ

もっとみる
ありがとうございます♥シェアや感想もお待ちしています。
13

コーポレートエンジニアに求められるスキルと年収レンジ

転職する側と採用する側の2つを経験してきており、その経験から現在の情シス / コーポレートエンジニアに求められるスキル、経験と市場での待遇(マネー)を考えてみました。

本来はデータで示したいのですが、公開されているデータ(例えば情シスの人数とか平均年収とか、情シスの年間転職者数など)が見つからなかったため、このような書き方をしてます。よってソースを示せと言われても無理です。逆にください。

そし

もっとみる
うれしい!スキありがとうございますー!!
26

自己紹介

はじめに

遅ればせながらnote始めてみました。
今の仕事に就いて丸2年が経ち、これまでのこと〜これからのことをアウトプットしたいと思い、取り扱っている技術・考え方・施策などを書いていきます。アウトプットすることで思考整理にもなるし、それが少しでも誰かの役に立てば嬉しいですね。

何をやってる人?

現在は都内SIerの情報システム部門でマネージャとして働いています。
正社員やパートナーをあわせ

もっとみる

IT統制

過去を否定するのではなく、その場しのぎにしないように慎重に進めていく必要がありそう。

パートナー戦略

システム部門の体制が限られていると、どうしてもベンダーを頼ってしまう部分は大きくなる。長く付き合える、幅広く相談できるパートナーとなりうるベンダーを探し、関係を作っていくことが重要と考えている。

そういう意味でもアレがほしい、コレがほしいという製品・サービスではなく、その背景にある課題、周辺情報を共有することがまず大事。それに対して的確に掘り下げたり、気づきを与えてくれるかどうかが付き合うべきベ

もっとみる