6月のHubble Monthly Reports

みなさん、こんにちは🙋‍♂️
早くも2020年の半分が過ぎ去ってしまいましたね。慌ただしさもあり、あっという間という方も多かったのではないでしょうか??
そんな2020年前半の締め括りの6月は、これまでにも増してたくさんのニュースをお届けできました。

それでは、6月のMonthly Reports、いってみましょう!!🏃‍♂️

在宅ワークをはじめとする様々な働き方が今後も継続していくと、チ

もっとみる
ありがとうございます!!嬉しくて泣きそうです…
2

総務も法務も担当してる私が電子契約サービスクラウドサインを導入する話と、Twitter最強説。

こんにちは!仕事が楽しい社会人7年目ののんです。
今回はバックオフィス全般・・というよりも、わたしが兼務している法務分野の話をば!

今話題の電子契約サービス、あなたの会社は導入してますか?
在宅期間を経て、バックオフィスのメンバーは出社を余儀なくされた人も多いのでは。

そう、その諸悪の根元が、押印業務と郵便です。

その他はなんとかなるんですが、この押印と郵便だけはどうにもならずに、自社でも困

もっとみる
スキありがとうございます🙇‍♀️ byけい
17

普段の業務が捗る!iPaaS自動化レシピ3選をチラ見せします🤙

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。

今回は、Anyflowでよく使われる業務自動化のレシピ(定型化された、自動化が可能な業務プロセスのまとまり)をいくつかご紹介していきます!

1. SlackからKING OF TIMEの勤怠打刻をする

KING OF TIMEは、シェアNo1のクラウド勤怠システムです。
通常、KING OF TIME を使って勤怠の打刻をするためには、Web

もっとみる
いいな!と思ったらシェアもしてください😂
3

「押印についてのQ&A」の解説とこれからの契約実務のあり方を考える

判子押すためだけに出社しないといけなーーーーーーい!!!

という経験をしたことはありますか?
私は下っ端なのでないです。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が民間企業にテレワークを推進する一方で民間企業からは「押印のため出社しなければならない」などとの指摘が出ており、テレワークが徹底できないという事実を受け、政府はかねてから判子文化についての見解を出す意向を示しておりました。

そしてつ

もっとみる
ありがとうございます!!
1

「契約書にハンコ不要」の衝撃 【初の政府見解】

今日、政府から衝撃の見解が出されました!

押印についてのQ&A
令和2年6月19日
内 閣 府
法 務 省
経 済 産 業 省

この発表によれば、

・ 私法上、契約は当事者の意思の合致により、成立するものであり、書面の作成及びその書面への押印は、特段の定めがある場合を除き、必要な要件とはされていない。
・ 特段の定めがある場合を除き、契約に当たり、押印をしなくても、契約の効力に影響は生じな

もっとみる
(^^)/ 今日がいい日でありますように
9

『GMO電子印鑑Agree』と『クラウドサイン』の電子署名が商業・法人登記のオンライン申請で利用可能に

https://paperless-gate.com/news/2501

面倒だと思ってることを効率化しよう!~業務効率化する方法 ~

こんにちは

こめけんです。

前回で業務を効率化するメリットを書きました。今回は業務効率化する方法を発信していきます。

・エクセルで関数を組む
・パソコン上で完結させる
・ショートカットを作成する
・整理整頓する

・エクセルで関数を組む
これは、めちゃくちゃ具体的な方法ですね。
エクセル関数の勉強にもなりますし。フォーマット同士を同じブックに組み込み、エクセル関数を組みます。私がよく使うのは

もっとみる

【クラウドサイン】サイバートラスト社の「iTrust」を採用で、AATL証明書に対応

https://paperless-gate.com/news/2455

【新機能】リモート署名導入によりAATL証明書に対応しました

クラウドサインでは、合意締結したPDFファイルに対して、電子署名と一般財団法人日本データ通信協会が認定する「認定タイムスタンプ」を付与することで、契約が存在していた事実と改ざんされていないことを立証しております。

今回、クラウドサイン利用者のさらなる安心と利便性向上を実現するため、業務提携をしておりますサイバートラスト社の「iTrust 電子署名用証明書」と「iTrust リモート署名サービス」

もっとみる