配色の先生は自然の中にいる

配色の本などもこれまで紹介してきましたが、配色に関して言えば、理論や科学的な視点はやや少なめ。色彩心理とは少し違いますね。

配色の先生は自然界にたくさんいらっしゃいます。

そう、人類が絶やすことなく継承し続けてきたし自然の色、植物たちの配色に対しては、何の違和感もなく、受け入れることが出来ますよね。だから、見るだけで配色の勉強になります。そこここでお手本を見せてくれる先生です。

今は便利なア

もっとみる
ありがとうございます(^^♪
5

#226【茶色最強説】

ブラウンは女の子の最強の味方です。

わたしは茶色が好き。

迷った時はブラウンを選ぶ。

ブラウンは最近ですと
2018年の秋冬から流行りだし
今では定番化しているのではと
記憶しています。

ブラウンという色味は
日本人の肌に馴染みやすい。
優しく女性らしい印象になる。
汚れが目立ちにくく生地の傷みや
毛羽立ちも気になりにくい。

などといったメリットがあります。

デメリットは
お肌の色味に

もっとみる
わたしも応援しています!!一緒にがんばりましょう!
27

08:配色のコツ【トーンイントーン】

配色のルールのひとつにトーンイントーンがあります。

同じグループのトーン(明度×彩度)で配色を施すとまとまるというルールですが、建築の現場でもファッションでも使いやすいルールです。

実際に保育所や幼稚園でのカラースキームを行う時によく使います。

ベースの色はまとめて、アクセントに同じトーンの色をたくさん使って楽しい印象を演出するようにしています。

住宅展示場のコーディネートでも

ファッシ

もっとみる

住宅の中の色

建築では床や壁など大きな面積だけでなく、建具、巾木、軒天、軒、破風、雨樋、階段、キッチンや洗面などの水回り・・・など、たくさんの部材を使うので、”色を整える”ことは大切なことです。

色を整えるとは、空間全体の7~8割を同じ色相(色味)にするまとまりやすいですよっていう意味です。

例えば無垢の床板にも色があり樹種によって様々で、樹種によってスタートの色が違い、ウォールナットなら赤、チェリーなら橙

もっとみる

私について

インテリアやウェブ・グラフィック、ファッションなどで、カラーコーディネーターとして2005年に色の仕事を始めて15年が経ちました。

最初はファッションからスタートし、企業や官公庁でのカラー講師など経験しながら、念願だった建築の世界へ。

現在は設計事務所や工務店、お施主様からのご依頼で、幼稚園や住宅、店舗の内装・外装のカラーコーディネートを行っています。また、住宅展示場(なかもず・万博)のモデル

もっとみる

社会心理学①自分と他者のこころ

こんばんは。fanfanです。
アトリエXURIOUS(ジュリアス)を営んでいます。

私が心の問題に目を向けるようになったのは、
イメージコンサルタントとして活動しながら、クライアントの皆様がパーソナルカラー診断を受けに来る際に、「変わりたい!」という想いの根底に「人生を変えたい!」という想いを強く感じたからです。

おしゃれはもちろん健康に効果がありますが、やはり本当の意味で人生を向上させよう

もっとみる
元気100倍になりました\(^^)/
4

パーソナルカラー診断コースを受講いただきました♪

こんにちは。fanfanです。
アトリエXURIOUSを営んでおります。

本日はパーソナルカラー診断のセッションでした。

当アトリエには20〜70代のさまざまな方々にお越し頂いております。

本日は20代のお客様でした。

モード&ブラック系ファッションがお好きな方で
とてもカッコ良かったのですが、

ベストカラーは明るいBright Springタイプ。
明るい清色がぴったりの方でした。

もっとみる
素敵なことが沢山起こりますように♬
2

パーソナルカラーと、カラーコーディネートと、運気が上がる色は、全く別物。

パーソナルカラー:自分の『肉体』が持っている色味、形状に対してマッチする色のグループ
カラーコーディネート:色と色との組み合わせのパターン
運気が上がる色:星座?血液型?その他占い?等から導き出されるもの

内装のカラーコーディネートについて

江戸川不動産情報館コンノヒデキより

本日のテーマは「内装のカラーコーディネート」についてです。

部屋の内装の色や組み合わせによって、見た目の印象だけでなく、気持ちが明るくなったり、暗くなったり、暖かく感じたり、寒く感じたりと、気分や体感温度にも影響を及ぼすことがわかっています。

お手数ですが続きはリンク先へ
#江戸川不動産情報館 #不動産 #不動産エージェント #江戸川区の不動産エージェン

もっとみる

エンジニアが考えるカラーコーディネート三カ条

 カラーコーディネートの方法として、いろんな理論や実例が紹介されています。エンジニアなんで、シンプルにロジック化したいと思い、色彩学の知識、自分の経験などを踏まえ、初心者が本当に押さえておかなければいけない理論としてまとめました。(あくまで個人の見解です)

カラーコーディネート三カ条

 いろんな理論をまとめると、以下の3つに集約できると思ってます。もちろんおしゃれな上級者になれば、これに従う必

もっとみる
うれしいです!