エンパワーメント

番外編 | レビュー「はくだけの生理用品」 Nagiを使ってみた

「はくだけの生理用品」という選択肢

毎月、生理がやってくる。女性に生まれて、子宮がある限りは、閉経までは毎月やってくる生理。わたし達は、毎月これと付き合っていかなくてはいけない。

毎月かかる生理用品代もバカにならない。男性にはピンと来ないかもしれないけれど、ナプキンであれば1パック400円、タンポンであれば1パック800円程度。さらに、量によってナプキンやタンポンの使いわけもするので、毎月とな

もっとみる
たどり着いて読んでいただけて嬉しいです。
3

公認不倫という選択。

初めまして!
無限に広がるネットワークの中で、
ドーナッツを見つけて下さり有難うございます🍩❤︎

COVID-19 通称 新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、
人々の生活が一変した2020年5月、
「DO7TS ドーナッツ」は人生を模索する男女のためのサイトとして誕生しました。

結婚とは何だろう?

「この人と一生を共に過ごす」「大好き」と思って結婚したのに…
気付けばあの時の気持ちは薄れ、

もっとみる

否定されて喜ぶ人は世界中のどこにもいない。

子供の頃、大人(親や先生)が子供を否定する場面に出くわすと、「なんで大人はわからないんだろう」と思っていた。

幸い、我が親は甚だ呑気な放任、親自身が自己肯定感たっぷりな人で自分の子供に限らず人を否定することなんてなかったし、素敵な先生との出合いにも恵まれた。

もちろん、否定してくる先生もあったけれど、そういう先生の否定は大概、意識的にも無意識的にも、先生の価値観の押し付けや、大人が子供を管理し

もっとみる
ありがとうございます♪
9

未完成で何かと違和感な自分

こんにちはー!apricotocirpaです。

私が初めてブログを始めるにあたって、少し自己紹介をしたいなと思います。

生まれも育ちも日本ですが、9月から海外大4年になります。文化人類学を主に勉強していて、どんな見方からでも物を見れる好奇心旺盛の心のあったかい人間になりたいと日々精進してます。:)

何かと悩むことも多い人生で人一倍悲しみという感情を大事にしている分、色々と気づくことは多いかな

もっとみる

「シェアしたくなるようなプロダクトを目指して」Nagiデザインが生まれるまで 石井リナ×Juri Okita対談

自分の身体をコントロールすることは自分の人生をコントロールすること。

2020年5月28日、インスタライブ上でそう力強く語ったBLAST代表・石井リナが発表した生理用品ブランド「Nagi」は、瞬く間にSNSで話題を呼んだ。

Twitterのタイムラインは一時、女性たちからの悲鳴にも近い歓喜の声で溢れ、発注数も1日で900枚、1週間で2,000枚を超え、現在は予約待ちになっている。

女性たちか

もっとみる
ありがとうございます〜!
24

生産性を高める組織の文化とは?  〜組織市民行動に注目して〜

近年、親会社や地方自治体がプロスポーツチームへの金銭的支援を削減しています。

そこには2つの理由があると言われています。

まず1つ目は、親会社自体が時代の変化もあり、昔よりもスポーツチームへの支援が会社の宣伝にならないと認識し始めている。

2つ目は、ソーシャルメディア等の発展もあり、スポーツを宣伝の道具として使わなくても、顧客と直接コミュニケーションを取ることができる様になってきている。

もっとみる
ありがとうございむぁす!あなたの記事も読んじゃうぞ!
3

アドラー心理学から勇気づけ(エンパワーメント)を学ぶ

初回投稿に引き続き、学びをアウトプットします。
※アドラー心理学に基づいた平本式セミナーの現場変革リーダーシップのDAY9の内容になります。

■サマリ:

- 勇気づけは自己受容/他者信頼/他者貢献感を上げる行為
- 勇気づけは「ヨコから目線」で接する
- 勇気づけのプロセスは下記3ステップで進める
 1.「相手の今ココの気持ちに寄り添う」
 2.「過去苦しかったことを労う」or 「過去良かった

もっとみる
嬉しいです!
14

メッセージ

パワフルな光の波がやってきています。あなたには気づきの波が押し寄せています。その波を怖がらないで下さい。あなたに必要な情報を受け取って下さい。微細な感覚に耳を澄ませてください。

外に答えはありません。内なる場所からやってくる感覚を信頼してください。あなたを導いているものに身を任せて下さい。

きょうを境にあなたは変わります。あなたが本当に生きたかった場所に生きはじめます。雑音から距離を置き、その

もっとみる

好きな本紹介|エンパワーメント 働くミレニアル女子が身につけたい力(大崎麻子)

こんばんは。育休後アドバイザーもやっています、パラレルキャリアを実践しているスズキヨウコです。

さて、今日は好きな本について。
前に読んでそのまま、読書レポートはブログで書いてましたが、もう一度読み直して書き直すことにしました。

繰り返し、いろんな視点でアウトプットすることで学びは深まります。

今日はこちらから。
エンパワーメントとは何なのか知り、自分自身も救われたし、誰かのために自分ができ

もっとみる
わたしもスキです!
9

「バーンアウト、エンパワーメント」、自分で病気に向き合うこと、フロイト的である医療、アドラー的である家庭。

2015年5月眼底網膜症の診断を受け失明を宣告された。食事を変えることで11月には(別な医者で)緊急の手術はいらないと言われた。新しい病院で経過を見ることにした。この時期の食事はとにかく糖質制限を厳しく守り、血糖値を測りA1cHは正常にして身体は糖尿病でも、食事から炭水化物を外すことで血糖値の範囲を「健常者」と同じにしようと考えていた。

そして毎月診察を受けて半年が過ぎた頃、問題が判明した。「黄

もっとみる
ありがとう。DMいただければ、お礼に「幸運な病」献本差し上げます。
4