Go To!実際の行き先は?キャンペーン。

「Go To トラベルキャンペーン!」行われていますが、これ、多くの人が勘違いしています。何でもかんでも、島国は言葉を略しますよね。そうそれは、言いやすいから。

とはいえ、全て上記ではありませんが、Go To!という言葉だけに、①深い意味が②一番大事な英語が、省略されています。

そもそも、Go To!ってなんやねん、ということ(もちろん、多くの方々が内訳を分かりますよ、ですが本質の方が)。

もっとみる
ようやく涼しくなりまね。お体を大切に。
3

その2

そしてホテルについてそうそうだった。
『じゃ、全部脱いで』

急すぎてびっくりしたけど返事は『はい』しか許されてないので

『はい』と返事をした。

『僕を呼ぶときはご主人様だからね。名前を呼ぶ権利が君にはないんだよわかった?』

『はい、』

『ご主人様、だろ?』

『。。。はい、ご主人様。』

『じゃほら、早く全部脱いで』

もっとみる

シャイな先端も愛して

タイトルを見て、皮がむきにくいバナナの話だと思った人もいるかもしれないが、今回は先端が陥没した胸の話である。

私はいわゆる「陥没乳頭」だった。
状態を簡単に説明すると、乳首の先端が凹んでいてマイナスドライバーで回せそうな感じになっていた。
思春期頃から、何か周りと違うといった違和感を抱きはじめ、修学旅行で温泉に入るときなどに血眼になって同志を探そうとしたがなかなか見つからなかった。
統計的には1

もっとみる

毎日Ruined Orgasmをしてしまう身体にしてもらいました❤

毎日Ruined Orgasmをしてしまう身体にしてもらいました❤

どうも皆さんこんにちわ!ドMの味方奇跡の紳士さじです!

さて、ここで早速ですが、皆さんに質問があります。皆さんは「Ruined Orgasm(ルーインドオーガズム)」をご存じでしょうか?私と同じドM紳士の方なら知っている方は多いのではないでしょうか?

このルーインドオーガズムがどういうものか説明しますと、オチンポがもう射精目

もっとみる

君の運命の人は僕じゃない

大学生の頃、20歳年上の作家と付き合っていた。

出会いは突然すぎてあまり覚えてないけれど、映画監督の誕生日パーティーだかそんな所で知り合ったと思う。(私は学生時代、売れない女優兼地下アイドルをしていた)

大柄な体を全身黒づくめの服で包み、深く被ったハットからは色白な肌とギョロっとした目を覗かせていて不気味な印象だった。

しかも会っていきなり説教をされた。私に、というか売れてない女優が今すべ

もっとみる

人妻をセフレにする為に大切な事!①

「人妻とセフレ関係になりたい!!!」
「人妻を飼育したい!!調教したい!!」

でもどうやったら人妻をセフレに出来るのか?
人妻を飼育したり、調教したり出来るのか??
そもそも、どうやって人妻と出会うのか???

と思っていたりしませんか?

今回はそんな方向けにお伝えしたいと思います。

簡単に自己紹介

人妻飼育員の1氏と申します。
過去40人以上の人妻と、中長期的にセフレ関係を楽しんできまし

もっとみる

彼は臭いフェチ

今回は、彼は臭いフェチなんですという菜穂さん(仮名)25歳の体験談ですよ♪

彼は臭いフェチ

営業の仕事をしていると、夏は特に足が蒸れて臭いがきつくなるんです。

パンストの中の下着も蒸れて臭っていると思います。

5歳年上の彼はそんな私の臭いが好きで、シャワーを浴びさせないで足の臭いを嗅いでくるんです。

最初は気持ち悪くて嫌だったんですけど、彼が異常に興奮してチンチンの勃ち具合が凄いから、

もっとみる
スキありがとうございます♪良かったらフォローもよろしくお願いします。
4

絶対に役立つ風俗の話

ソープ……ヘルス……マッサージ……エステ………デリヘル

世に蔓延る様々な「性風俗」

お金を払うことで性的なサービスを受けることができる業態

この風俗のリスクとは

性病?

ぼったくり??

ちがう

地雷嬢にあたること

風俗の一番のリスクは、お金を払ってイイコトをしようというのに、いざ出てきた女の子をみてガッカリ

これ。

風俗嬢も人間なので、ガッカリとか偉そうに言うのは気が引ける

もっとみる

「ごめん、やっぱ文章じゃないと興奮しない」

表題にあるセリフは私が大学生の頃付き合っていた彼氏に言われた一言である。

彼は文学部の生粋の本オタクで、普段自分で自慰行為をする時も全て官能小説オンリー。AVなどの類は全く興味をしめさず見たこともないのだそうだ。

生身の女子が全裸でスタンバってるのに興奮出来ないことに頭を抱えて、いまあるこの状況をぶつぶつと呟きながら必死に文章として組み立てていた。

そもそも本の役割は、現実として目の前に現れ

もっとみる

色っぽい人生

幼い頃からなぜか色気があると言われてきて、学生の頃のあだ名は愛人だった。

今でも年上のおじさまウケはいいものの、同世代からはほとんど相手にされないので、当時の見立てはあながち間違っていないのかもしれない。

現在アラサーに突入した私は色々あって恋愛はお休み中。最後に彼氏がいたのは実に3年前で、セックスをしたのは1年前が最後。

コロナ禍で出会いの場にも行けず、ひとりベッドの中で今までの恋愛(とい

もっとみる